ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

S.H.Figuarts ビートチェイサー2000 レビュー

f:id:hiroban-ch:20200201142232j:plain

「いにしえの、闇より、目覚めし、者は、

正義か、悪か。」

新番組特報を見た時のワクワクした気持ちは

今も鮮明に覚えています。

f:id:hiroban-ch:20200201211034j:plain

2000年1月30日

仮面ライダークウガの放送が

スタートした日です。

今年2020年1月30日をもちまして

「仮面ライダークウガ」は

放送20年を迎えました。

f:id:hiroban-ch:20200201211159j:plain

当時私は29歳と、既におっさんに

なりかけていた歳でしたが、完全に

昭和ライダーで育って来た自分にとって

「仮面ライダー」と言う名前は

特別で格別で輝かしい称号でしたので、

「仮面ライダー復活」は鳥肌が立つ程

しびれる出来事でした。

f:id:hiroban-ch:20200201212745j:plain

放送が始まった仮面ライダークウガは

私が想像していた以上に魅力的で

リアルでハードで緻密なストーリーに

どんどん引き込まれて行きました。

f:id:hiroban-ch:20200201212942j:plain

それまでの特撮ヒーロー番組と言うのは

対象年齢はあくまで子供で、

大人が観るには少々観るに耐えない

内容の作品が殆どでしたが

仮面ライダークウガは大人も子供も、

いやむしろ大人がどんどん引き込まれて

行く程、ストーリーがしっかりしていて

脚本が緻密でクウガはカッコ良くて、

間違い無く、「仮面ライダークウガ」は

以降の特撮ヒーロー番組の存在価値を

数段格上げしたのは

間違い無い事実だと思います。

f:id:hiroban-ch:20200201213046j:plain

それが証拠に、昔の特撮ヒーローの主題歌を

人気BIGアーティストがこぞって歌う

なんて事、とても考えられなかった事です。

今や、仮面ライダーの主題歌を歌える事に

名誉を感じるアーティストが殆どです。

f:id:hiroban-ch:20200202135604j:plain本編でもテレビで大人気の俳優や

人気タレントが仮面ライダーに変身する

なんて、過去の特撮作品では

とてもありえない事でした。

f:id:hiroban-ch:20200201213243j:plain

視聴者側の意識も昔は特撮番組はせいぜい

小学校までで、中学生にもなって

仮面ライダーや特撮番組を見てるとチョット

恥ずかしい事とされ馬鹿にされがちで

見下され感がありましたが、今や大人が

堂々と観てると言える時代になりました。

f:id:hiroban-ch:20200201213335j:plain

この昔からの特撮番組の負の常識や

格の低さを根本的に覆し、特撮番組と言う

ジャンルを何段も押し上げ市民権を確立

させたきっかけを作った最初の作品が

「仮面ライダークウガ」だと思います。

f:id:hiroban-ch:20200201213427j:plain

そんな訳で今年2020年1月30日で

クウガが20周年を迎えましたので

このタイミングでクウガアイテムを

紹介するのはクウガファンの自分としては

当然の事でしたので、未レビューアイテム

から選別すると順番的にもインパクト的にも

コレだろう!って事で、今回のアーツは

「ビートチェイサー2000」を

レビューしたいと思います。

f:id:hiroban-ch:20200201213522j:plain

 ビートチェイサー2000 [BTCS]は

第33話から登場した

トライチェイサー2000[TRCS]に変わって

クウガの愛車となるNEWマシンです。

元々TRCSはクウガの為に開発された

マシンでは無かった物を一条刑事が

五代の為に独断で渡したマシンでした。

f:id:hiroban-ch:20200201232642j:plain

敵グロンギがどんどん強くなっていき

TRCSの性能ではクウガの能力に

ついてこれなくなって来た上、

元々ゴウラムとの合体融合を前提に

開発されていなかったTRCSでは

ゴウラムとの度重なる合体融合に

耐えられなくなってきており

金属疲労が限界を迎えていました。

f:id:hiroban-ch:20200201232748j:plain

警察内でもその事は自覚していた為、

ゴウラムとの合体融合にも計算上500回以上

の合体にも耐えうるクウガの為の

NEWマシンの開発を進めていました。

f:id:hiroban-ch:20200201232919j:plain

しかし、第30話でのグロンギ戦で初めて

赤い金の力[ライジングマイティ]になり

ゴ・ガメゴ・レを倒した際、

周辺に甚大な爆発火災の被害が出てしまい、

この事で警察上層部としては

クウガに協力してはならない、

BTCSも渡してはならないと通達を出します。

f:id:hiroban-ch:20200201233038j:plain

そんな折、第32話にて敵ゴ・バダー・バは

専用バイクを使い

殺人ゲームを繰り返していました。

クウガは機能停止寸前のTRCSに乗り

ゴ・バダー・バとバイク戦を展開すますが

TRCSは完全に壊れてしまいます。

f:id:hiroban-ch:20200201233136j:plain

敵を倒すにはBTCSが絶対に必要な状況に

迫られる中、ゴ・バダー・バは

殺人ゲームを再開させていました。

現場の杉田刑事達と五代は現場で

やれる事をやろうとしますが、

敵のバイクの高速移動に歯が立ちません。

f:id:hiroban-ch:20200201235512j:plain

そんな中、一条刑事はBTCSをクウガに

引き渡せるように必死に警察上層部を

説得し、遂にBTCSをクウガに

引き渡す事に成功します。

f:id:hiroban-ch:20200201233501j:plain

BTCSに乗り、ゴ・バダー・バを

倒しに行くクウガ。

圧倒的な性能差で敵バイクをぶち抜くBTCS。

BTCSから降り、臨戦態勢で構えるクウガ。

後からやってきた敵を

ライジングマイティキックを

カウンターで浴びせ、敵を倒します。

f:id:hiroban-ch:20200201234552j:plain

この第32話「障害」と第33話「連携」は

BTCSがクウガの手に渡るまでのエピソードが

描かれていますが、タイトル通りクウガと

現場の警察との初の連携プレイが見所です。

f:id:hiroban-ch:20200202000745j:plain

特に杉田刑事と五代の初対面、そして

五代に対する杉田刑事の感謝の言葉。

杉田刑事は第4話でグロンギに

殺されかけた所を

クウガに助けてもらっていたのです。

f:id:hiroban-ch:20200202000837j:plain

そして五代がクウガに変身する所を

目の前で見て驚く杉田刑事、この辺りが

個人的なツボです。

とにかく杉田刑事、いい味出してます。

f:id:hiroban-ch:20200202000933j:plain

第33話以降は警察と五代が連携を

強めていく事になり、これまで警察内部で

第4号と呼んでいたクウガの事を

「五代くん」「五代さん」とみんなが

呼ぶようになります。

f:id:hiroban-ch:20200202001437j:plain

クウガを見ていて思う事は

五代を中心に関わる人との会話が

気持ちいい程清々しいんですよね。

クウガの敵、味方の構図は単純明快、

非情に判りやすいです。

f:id:hiroban-ch:20200202002747j:plain

グロンギは敵、人間は味方と、味方側の

人間達の間にしがらみがありません。

五代に関わる人間は

全て五代の協力者や理解者です。

f:id:hiroban-ch:20200202002824j:plain

なのでドラマを観ていて非情にわかり易く

頭に入って来易い。

それでいてシナリオが緻密で凝っているので

繰り返し見返すと毎回新たな発見が

有ったりするんですよね。

f:id:hiroban-ch:20200202002931j:plain

この記事を書いているうちに、

また仮面ライダークウガを第1話から

観たくなってしまいました。

クウガを1エピソードごと観終わった後は

心が洗われたような

非常にさわやかな気持ちになります。

クウガを何回も観たくなる理由が

そこに有ると思いますね。

f:id:hiroban-ch:20200202003718j:plain

それではそろそろ、アーツ版BTCSを

見て行きましょうか。

S.H.フィギュアーツ版

「ビートチェイサー2000」

プレミアムバンダイ予約限定商品で

発売が2016年1月、

販売価格が税込み5060円でした。

f:id:hiroban-ch:20200202005938j:plain

前作のTRCSがタミヤのバイク模型並みの

精密さと全塗装の手の込んだ出来でしたが

今回のBTCSも全く負けず劣らずの出来です。

f:id:hiroban-ch:20200202004059j:plain

私はバイクの事は全く無知ですが、

エンジン内部の精密さ、

タイヤのスポークの細さ、

カウル、ボディの再現性、

まるでライダーマシンの真骨彫

と言ってもいい位の出来です。

f:id:hiroban-ch:20200202004532j:plain

また真骨彫クウガとの相性も抜群で

運転姿勢をとらせるのが比較的容易で

おしりもシートに浮く事無く

完全に座らせられます。

f:id:hiroban-ch:20200202004810j:plain

 以前レビューした新サイクロン号の時は

真骨彫1号2号との相性があまり良くなく

自然な運転姿勢になかなかならずに

苦労しましたがクウガ側の可動範囲が

広いおかげでクウガの劇中で見せた

アクロバティックなバイクアクションポーズ

を容易にとらせる事が出来ます。

f:id:hiroban-ch:20200202005348j:plain

物は最高のビートチェイサーとクウガですが

現在このセットを手に入れようとすると 

なかなかお高い買い物になります。

BTCSは結構なプレミア価格になっており

未開封品だと定価の2倍以上は

覚悟が必要です。

f:id:hiroban-ch:20200202010525j:plain

クウガの方も五代版のマイティフォームは

かなりお高くなっていたと思うので

妥協してディケイド版の小野寺クウガを

GETするのも手だと思います。

f:id:hiroban-ch:20200202010828j:plain

と言う事で今回はS.H.フィギュアーツ版

「ビートチェイサー2000」を

レビューさせて頂きました。

と同時に「仮面ライダークウガ」が

20周年を迎えたと言う事でお祝いの

意味も込めて記事を書かせて頂きました。

f:id:hiroban-ch:20200202011147j:plain

本当に20年と言うのが

アッと言う間だと感じます。

クウガが始まった年に生まれた赤ちゃんが

今年成人するってのは当然ですが、

自分にとってはほんの数年前の

事のようです。

f:id:hiroban-ch:20200202011513j:plain

今年、クウガが20周年と言う事は

当然、来年アギトが20周年、

再来年は龍騎が20周年となっていく訳で

現在、手薄になっているアギト、龍騎、

555、ブレイドの真骨彫化を

どんどん進めて行って欲しいですね。

f:id:hiroban-ch:20200202011940j:plain

それから去年の魂ネイションで

参考出品されたドラゴン、ペガサス、

タイタン、グローイングの

各フォームも是非製品化して頂きたい!

f:id:hiroban-ch:20200202012322j:plain

f:id:hiroban-ch:20200202012611j:plain

と言う訳で「仮面ライダークウガ」

放送20周年おめでとう御座います。

私も仮面ライダークウガファンの一人として

これからも微力ながら

仮面ライダークウガを自分なりに

盛り上げていけたらと思っています。

 

www.hiroban-ch.com