ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

S.H.Figuarts 仮面ライダーオーマジオウ レビュー

f:id:hiroban-ch:20200113174046j:plain

今回ご紹介するアイテムは

S.H.フィギュアーツ

仮面ライダージオウよりオーマジオウです。

プレミアムバンダイ予約限定商品で

発送が2019年9月24日と言う事で

2019年10月現在ではバリバリの新商品です。

f:id:hiroban-ch:20191012165902j:plain

 税込み6480円です。

最近アーツの値段がどんどん上がってきてて

6000円台だと安く感じてしまいます。

先日予約解禁された

タンクタンクフォームなんて

送料入れたら9240円なんですよ~。

真骨彫でも無いのに・・・

えげつなく高すぎると思います。

f:id:hiroban-ch:20191012182131j:plain

所で皆さん、今回のオーマジオウの写真を

ご覧になられていつもと違うと

感じておられるんじゃないでしょうか?

そうなんです、違うんです。

f:id:hiroban-ch:20191012182354j:plain

いつも撮影したRAWデータを現像ソフトで

色味や露出調整をかけてから

JPEGに書き出していますが

今回のオーマジオウは普段行っている

調整値を大きく変えています。

f:id:hiroban-ch:20191012202625j:plain

上の写真は通常の仮面ライダー系アーツ

の時に私が調整する値で書き出すと

こんな感じです。

f:id:hiroban-ch:20191012202859j:plain

上の写真がテレビ映像でのオーマジオウの

イメージで調整した物です。

f:id:hiroban-ch:20191012203043j:plain

さらに上の写真が2068年の未来で

オーマジオウが暴れまくっている

戦場でのイメージ。

違いが判りますでしょうか?

f:id:hiroban-ch:20191012183333j:plain

 アーツの製品版は彩度が高く、

かなりカラフルな状態なので劇中での

イメージとはかなり違うんですよね。

いや、劇中のスーツも彩度が高い

綺麗なスーツなんでしょうけど

未来の戦場の激しさを表現する為に映像側で

加工をしているので、

これまでの写真のように彩度を上げて

アーツを撮影すると自分の中の

オーマジオウと全然イメージと違う

物が撮れてしまうんですよね。

f:id:hiroban-ch:20191012204316j:plain

ですので今回は普段よりも写真の彩度を

大きく下げました。

彩度を大きく下げたパターンと

さらに2068年の戦場っぽくしたパターンと

2パターンの色合いの異なる写真が

混在しております。

写真に黄色が強く出てるのが

戦場風の写真ですね。

f:id:hiroban-ch:20191012205436j:plain

自分的には結構劇中の雰囲気に

近づけたかな~と

思っているのですが如何でしょうか?

それではオーマジオウについて

少し語っておきましょう。

f:id:hiroban-ch:20191012205005j:plain

オーマジオウとは何者か?

仮面ライダージオウ

ご覧になられた方でしたら

「いろはのい」ですよね。

主人公 常磐ソウゴの50年後の姿です。

f:id:hiroban-ch:20191012210240j:plain

いやしかし、最終回でソウゴは

オーマジオウになったので

正確には仮面ライダージオウの最終形態の姿

と言う方が正しいかも知れませんね。

f:id:hiroban-ch:20191012211010j:plain

そんな最終形態のオーマジオウがいきなり

第1話から登場した時は

度肝を抜かれました。

「なんじゃコイツは!」って。

またオーマジオウの声を担当されたのが

我らが「霞のジョー」小山力也さん!

f:id:hiroban-ch:20191012211639j:plain

まさか大昔に仮面ライダーBLACK RX

あの霞のジョーの俳優さんが現在ここまで

偉大な声優さんになられるとは

思いもよらなかったですね。

f:id:hiroban-ch:20191012211946j:plain

個人的には「はじめの一歩」の鷹村が

結構ハマり役で好きですけど、やっぱり

一躍有名にしたのが「24」の

ジャックバウアーでしょうかね。

f:id:hiroban-ch:20191012212348j:plain

にしてもこれまで演じられたキャラクターが

あまりにも多彩でこなされてきた仕事が

多すぎて1つのキャラだけでは

語れない凄い人です。

いや~、あの霞のジョーがね~(笑)

f:id:hiroban-ch:20191012212632j:plain

今回のジオウでも2068年の未来に

悪の魔王として君臨するオーマジオウの

イメージにピッタリな渋い演技でした。

f:id:hiroban-ch:20191012212916j:plain

仮面ライダージオウのプロデューサーである

白倉伸一郎氏の明かした設定としては

全ライダーの能力が備わっていると言う

設定らしく、当然2019~2067年に

各年登場するライダーの能力も

持つ事になるのだそうです。

f:id:hiroban-ch:20191012213619j:plain

え~、そんなん有りなんですか?

全く作ったモン勝ちな滅茶苦茶な

設定ですね。

ジオウが終わってゼロワンが始まりましたが

この先の未来いくら凄いライダーを企画して

新ライダーとして作ってもオーマジオウには

勝てないって事ですよね(笑)

f:id:hiroban-ch:20191012214144j:plain

「そんな馬鹿な~!!!。」

そんな設定を作ってしまたらこの先50年

新ライダーの立つ瀬がない

じゃないですか~!!!

f:id:hiroban-ch:20191012214820j:plain

それから仮面ライダージオウ

釈然としない納得いかない点があります。

仮面ライダークウガのキャストが誰一人

登場していないですよね。

f:id:hiroban-ch:20191012215212j:plain

クウガオダギリジョー氏の登場は

絶望的だと思ってはいましたが、

せめて葛山信吾さんか

みのり役の葵若菜さんとかは

無理だったんですか!?

f:id:hiroban-ch:20191012215655j:plain

村田和美さんは引退されているので

無理でしょうけど、やはりクウガ

作品中仮面ライダークウガ一人しか

登場しないのでオダギリさんが

登場しなければ話が

膨らまないからでしょうかね。

f:id:hiroban-ch:20191012220118j:plain

個人的に仮面ライダージオウの何が一番

楽しみにしていたかと言うとクウガ

キャストの人の登場だったんですよ。

全くもって非常に残念です。

f:id:hiroban-ch:20191012220337j:plain

ただ仮面ライダージオウを1年間作品を観た

感想としてはま~良かったのではないかと

言うのが個人的な感想です。

少なくてもディケイドの時のような

グダグダで中途半端な作品にはならなくて

良かったと思います。

本当ディケイドは許せないんっすよね。

f:id:hiroban-ch:20191012220814j:plain

さて気持ちを切り替えてアーツの話を

しましょうか!

ご覧頂いている通り、

彫刻と言うかディテールの嵐

のような複雑で細かいデザインを良くま~

全高15センチ程のライダーアーツの

小さい中で再現出来てるな~と

関心させられます。

f:id:hiroban-ch:20191012221636j:plain

ご覧頂いている写真の中で上のような

マクロレンズで撮影した顔面ドアップの

写真が数点ありますが顔だけだと

高さ2センチ程しか無いんですよ。

そんな小さい中にディテールがギッシリ。

f:id:hiroban-ch:20191012222008j:plain

いや本当にこの密度感は凄いです。

背中には大きな時計の針のような

「アポカリプス・オブ・キングダム」

(と言うそうです)

と言う巨大な背負い物も

精密に作られています。

f:id:hiroban-ch:20191012222625j:plain

カラーリングも金色が多く使われているので

飾っていて凄く豪華に見えます。

可動に関しては見た目以上に良く動きます。

f:id:hiroban-ch:20191012222941j:plain

足に関してはアーツ版ジオウに準じた

可動が可能です。

但し、腕に関しては装飾品やアーマーが

邪魔をして

脇を広げる事がほとんど出来ません。

その辺はデザイン上仕方ありませんね。

f:id:hiroban-ch:20191012223344j:plain

非常に精密な造型で満足度の高い

アーツ版のオーマジオウですが、もう少し

たくましいシルエットだったら

なお劇中イメージに近いのにな~と思う所が

少し残念なポイントです。

f:id:hiroban-ch:20191012223642j:plain

これは素体となったアーツ版ジオウ自体が

劇中イメージよりかなり細いシルエットで

発売されてしまった為、仕方が無い点では

ありますけど。

f:id:hiroban-ch:20191012224434j:plain

さてそんな訳でご紹介してきました

オーマジオウですが

忘れてはいけない事があります。

前回レビューのマシンキバーで

お約束していた

玉座に座らせると言う奴です。

f:id:hiroban-ch:20191012224122j:plain

やっちゃいました(笑)

う~ん、どうでしょうかね・・・

微妙ですか?

さすがにオーマジオウに座らせるには

少しイスが負けている感じがします・・・。

f:id:hiroban-ch:20191012225242j:plain
と言う訳で如何だったでしょうか

今回のオーマジオウのレビューは。

今日、近所のジョーシンに行ったら

ウォズのアーツが沢山沢山

売れ残っていました。

う~ん、非常に良いアーツなんですけどね。

f:id:hiroban-ch:20191012224854j:plain

出来不出来に関係なく

やはり3号ライダーは人気が無いのかな。

予約しそびれたゼロワンの予約を

しに行ったんですが予約枠が

いっぱいのようで出来ませんでした(泣)

あ~あ、完全にあぶれてしまった・・・。

f:id:hiroban-ch:20191012224523j:plain
さて次回レビューの件ですが、

まだ決まってはいませんが、

候補に考えているのがHとMの二人か、

太陽を背に真っ赤な青春を燃やして

戦った彼にするか、

色々頭をもたげております。

ラビラビはまだベルトが届かないしな~。

ま~楽しみにしておいて下さいませ。

 

それでは!!!