ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

S.H.Figuarts 真骨彫製法 仮面ライダーウィザード フレイムスタイル レビュー

f:id:hiroban-ch:20200112210639j:plain

「さあ、ショータイムだ。」

今回ご紹介するアイテムは

S.H.フィギュアーツ真骨彫製法

仮面ライダーウィザード

フレイムスタイルです。

f:id:hiroban-ch:20200111180835j:plain

f:id:hiroban-ch:20200111180906j:plain

 発売が2018年11月23日、

価格は税込み8030円です。

一般店頭販売商品ですがよほど

タイミングが良くないと店頭で見かける事は

ほぼ無いでしょう。

仮面ライダーアーツの中でも

非情に人気の高い商品です。

f:id:hiroban-ch:20200111232303j:plain

f:id:hiroban-ch:20200111232351j:plain

今回、真骨彫ウィザードをご紹介する

に当たりどうしても導入したかった

エフェクトパーツが有りました。

その名も

「S.H.Figuarts仮面ライダーウィザード

エフェクトセット01」です。

とにかく今回の目玉エフェクトは

何と言ってもコイツです!

どうぞ!!!

f:id:hiroban-ch:20200111232929j:plain

f:id:hiroban-ch:20200111233040j:plain

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

どうっすかコレ(笑)

このビッグエフェクトを使ってどうしても

大迫力なシーンを

再現させたかったんですよね。

アーツレビューはいつものように

後半にするとして今回も前半は

ウィザードを少し語っていきましょうか。

f:id:hiroban-ch:20200111234345j:plain

f:id:hiroban-ch:20200111234509j:plain

仮面ライダーウィザード」は

2012年9月2日から2013年9月29日まで

平成仮面ライダーシリーズの第14弾として

全53話が放送されました。

f:id:hiroban-ch:20200112021248j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112021324j:plain

と言っても本編放送は51話までで、

52話と53話は過去の平成ライダー

総登場するスペシャルでした。

結果として仮面ライダーウィザードは

平成仮面ライダー中、

最高話数の仮面ライダー作品となりました。

f:id:hiroban-ch:20200112165340j:plain

f:id:hiroban-ch:20200111235140j:plain

作品のテーマは

「魔法使いの仮面ライダー」で主人公

ウィザードのデザインモチーフは宝石です。

デザインの特徴としては顔と胸アーマーに

宝石をイメージしたクリスタルをあしらい、

腰のマントが目を引きます。

f:id:hiroban-ch:20200112002412j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112002445j:plain

胸の6連アーマーは昭和仮面ライダー

イメージをうまく取り入れています。

そしてウィザードリングと言う指輪を駆使し

敵をやっつけるのが最大の特徴です。

過去ライダーのWやオーズ、フォーゼ等、

派手な印象が強かったカラーリングに比べて

黒、赤、銀とシンプルでまとまり感のある

カラー構成です。

f:id:hiroban-ch:20200112001319j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112001401j:plain戦闘スタイルは華麗に流れるように

舞いながら敵をやっつける。

腰のマントをなびかせながらファントムを

やっつける姿が印象的でした。

f:id:hiroban-ch:20200112003641j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112003728j:plain主人公ウィザードに変身するのは

操真晴人と言う22歳の青年で物語半年前の

日食の日にファントムを生み出す儀式に

巻き込まれた事で白い魔法使いから

魔法使いになる資格を得た。

口癖は「俺がお前の最後の希望だ。」

好きな食べ物はドーナツ。

f:id:hiroban-ch:20200112004956j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112005035j:plain

平成仮面ライダーの主人公は

少々癖の強い性格だったり、偏った性格の

持ち主が多い印象がありますが、

操真晴人の性格は真面目で普通です。

悲しい過去も抱えている為にどこか悲しさを

感じさせる静かな性格なので作品全体の

イメージもどこか悲しい印象です。

f:id:hiroban-ch:20200112010519j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112010547j:plain

前作のフォーゼが学園ハチャメチャドラマで

仮面ライダー部の部員を始め、出演者が

みんな元気一杯だった為に相当な落差です。

ウィザードの真面目な作品イメージは

何処かキバを連想させるな~と

個人的には感じます。

f:id:hiroban-ch:20200112011209j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112011246j:plain

悲しい作品イメージを決定付けたのが

ヒロインであるコヨミの存在が

大きいですね。

平成ライダーのヒロインは作品の根幹に

関わる謎を秘めていたり、悲しい過去を

抱えているケースが多いですが、

コヨミは平成ライダーの中でも

最高クラスの悲劇のヒロインだと思います。

f:id:hiroban-ch:20200112013622j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112013700j:plain

 やはり何となくキバと

印象が被るんですよね。

そう思いませんか皆さん。

キバは前作電王がハチャメチャで

にぎやかな作品だった事から一転

シリアスな作品になりました。

ウィザードも前作フォーゼがにぎやかな

作品だった事から一転

シリアスな作品になりました。

作品の境遇も似ています。

f:id:hiroban-ch:20200112164551j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112022214j:plain

そして主人公とヒロインの関係。

キバの時は紅渡とファンガイアの

クイーンである鈴木深央の

実らない恋と深央の死。

ウィザードでは晴人とコヨミの悲しい別れ。

晴人とコヨミは恋愛関係と言うのとは

少し違っていましたがヒロインとの悲しい

別れはやはりキバと被ってしまいます。

f:id:hiroban-ch:20200112023505j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112023541j:plain

シリアスな作品だった事から地味な印象が

残るウィザードだったかも知れませんが

私はウィザード好きでした。

ハチャメチャ作品は疲れるんですよね、

私も歳ですから(笑)

f:id:hiroban-ch:20200112024131j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112024249j:plain

さてそれではそろそろ真骨彫製法の

仮面ライダーウィザードを

見て行きましょう。

真骨彫ウィザードの出来、

皆さんはどう感じますか?

私はアクションフィギュアとしては

究極のウィザードだと感じています。

f:id:hiroban-ch:20200112025216j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112025259j:plain

 ウィザードのアーツは過去に

通常アーツ版が発売されていました。

ただま~その出来の悪い事。

どんな物だったかと言うとこんな感じです。

f:id:hiroban-ch:20200112030439j:plain

う~ん、これはアートとはとても

言えないレベルです。

玩具ですね完全に。

コレが発売されたのが2013年2月ですが、

年代的にはそれほど古くも無いんですが、

ここ数年のフィギュアーツの進化は

凄まじいです。

f:id:hiroban-ch:20200112030631j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112030927j:plain

真骨彫製法はフィギュアーツの

上位ブランドとしてリアリティを

追求し続けて来ましたが、その中でも

今回のウィザードは最高レベルです。

ウィザードが発売されて以降の

真骨彫ライダーの出来はそれまでの

十分凄かった真骨彫にさらに拍車をかけて

凄まじい出来になったと思います。

ウィザード、キバ、オーズの出来は

本当に凄いですよね。

f:id:hiroban-ch:20200112131311j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112131443j:plain次に発売される電王も期待が膨らみますが、

写真を見た限りだと若干、太ももが

太いようなので、そこだけ気にはなります。

ウィザードの特徴である顔とボディの

宝石の造型も見事に実物スーツと

見間違う程、断面が正確に

カットされているので光の当たり方で

断面の輝きと色合いが変わり

非常に綺麗です。

f:id:hiroban-ch:20200112131618j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112131655j:plain次の特徴である腰のマントですが、

真骨彫版では布を使って再現されており、

マントの外周には細い針金が仕込まれて

いるので、アクションポーズに合わせて

自由にマントのなびきを固定出来ます。

プロポーションはとことんリアルで、

胸板の厚み具合、手足の太さ長さ具合、

まさしく高岩ウィザードです。

私的には文句の付け所が有りません。

本当に最高の出来の真骨彫ウィザードです。

f:id:hiroban-ch:20200112131940j:plainそして今回の撮影の為に用意した

エフェクトセット01ですが、これは昔の

アーツ版用に発売された物ですが、

真骨彫版にも、ま〜何とか使えるだろうと

思って購入しましたが撮影で使用する

だけなら何とか誤魔化せます。

f:id:hiroban-ch:20200112131845j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112131750j:plain魔法陣はそのまま使えますし、

あの巨大な手は魔法陣に手を入れるまでの

ひじ下辺りまでの交換腕が付属していますが

当然、旧アーツ用の腕パーツですので

真骨彫版には使えません。

f:id:hiroban-ch:20200112131217j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112132103j:plain結局ビッグエフェクトの写真を撮る際には

ウィザードの手首だけ外して魔法陣に

くっつけて、魔法陣とビッグエフェクトを

くっつける感じでそれらしく見えるので

それで撮影しました。

f:id:hiroban-ch:20200112132303j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112132331j:plainエフェクトセット01は当然古い商品ですから

店頭で買えるような物では無く

私は今回ヤフオクで手に入れました。

たまに格安で出品されている事もあるので

気になった方は小マメにチェックしてみて

ください。

f:id:hiroban-ch:20200112133624j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112135904j:plain今回は真骨彫製法 仮面ライダーウィザード

フレイムスタイルを

ご紹介させて頂きました。

ようやくこれで去年の11月に発売された

仮面ライダービーストをご紹介出来る

段取りが整いました。

1号ライダーのウィザードを紹介せずに先に

2号ライダーのビーストを紹介をするのは

自分的には無しですからね。

f:id:hiroban-ch:20200112140115j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112140149j:plain但し真骨彫ビーストをご紹介するのは

少しだけ間を空けようかとも考えています。

仮面ライダーウィザード」って

登場ライダーが少ない作品で

私の所有するウィザード関連アーツも

真骨頂ウィザードとビーストしか無いので、

ウィザードネタを残しておきたい

思いもあるので。

f:id:hiroban-ch:20200112133709j:plain

f:id:hiroban-ch:20200112140619j:plain言い忘れていましたが、新年に合わせて

サイトデザインをリニューアル致しました。

見て頂きやすくカテゴリー別も作って

人気記事ランキングを設けました。

是非ご活用ください。

現在人気記事一位はフィギュアライズの

仮面ライダーWですが、何故人気なのか

私には全く判りません(笑)

プラモは買いやすいから

見て頂きやすいのでしょうか?

何が人気記事なのか私自身も参考になり

楽しませて頂いています。

それではまた次回お楽しみに!!!