ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

S.H.Figuarts マシンキバー オプションパーツセット レビュー

f:id:hiroban-ch:20191229004530j:plain

今回ご紹介するアイテムは

S.H.フィギュアーツ マシンキバー

オプションパーツセットです。

プレミアムバンダイ予約限定商品で、

発売は2019年9月24日、

価格は税込み8100円です。

f:id:hiroban-ch:20191003231011j:plain

f:id:hiroban-ch:20191003231040j:plain

私の自宅に商品が配達されたのが

9月25日だったのですが、その前週の

9月18日にラビットラビットと

オーマジオウが送られて来る筈だったのが

私のミスでマシンキバーと3点セットで

おまとめ発送を設定してしまった為に

ラビラビとオーマジオウを1週遅れで

受け取る事になり、マシンキバーと

3商品が25日に送られて来ました。

f:id:hiroban-ch:20191003231436j:plain

f:id:hiroban-ch:20191003231517j:plain

さて、3点の中からどれを最初に

レビューしようかと考えたのですが、

マシンキバーを最初にレビューしようと

消去法で決めました。

個人的にはオーマジオウを最初に

レビューしたかったのですが、

オーマジオウをレビューしようとすると

マシンキバーに付属している玉座

是非とも座らせたい。

f:id:hiroban-ch:20191003231643j:plain

f:id:hiroban-ch:20191003231722j:plain

となるとオーマジオウよりマシンキバーを

先にレビューした方が自然です。

ラビラビはと言うと、実は送られて来た

ラビラビにはベルトに何かしらのエラーが

有るとの事で、発送される前にバンダイから

メールが届いていたのです。

正しいベルトを10月下旬頃に発送しますと

書いてあったので、

どうせレビューするなら完全な状態で

レビューしたいので、ラビラビは一旦

保留する事になり、マシンキバーを

最初にレビューする事にしました。

f:id:hiroban-ch:20191003231929j:plain

f:id:hiroban-ch:20191003232000j:plain

さてマシンキバーですが、

ヒロバンチャンネルの記念すべき最初に

レビューしたのが真骨彫キバでしたので、

マシンキバーの撮影、レビューするにあたり

特別な想いがあります。

5月に立ち上げて、まだまだ弱小ブログ

ではありますが記念的な想いで

今回のレビュー写真を撮り、

更新記事を書きたいと思います。

f:id:hiroban-ch:20191004214654j:plain

f:id:hiroban-ch:20191003232124j:plain

お陰様で今回撮影したマシンキバーですが

個人的に気に入った写真が沢山撮れたので

今回掲載させて頂く写真は通常レビューの

2倍から3倍の約60枚程に登ると思います。

f:id:hiroban-ch:20191003232329j:plain

f:id:hiroban-ch:20191003232404j:plain

真骨彫キバのレビューの時は

キバに関する雑談話を全くしなかったので、

少し雑談もしたいと思うのですが、

当時キバの放送は一通り全話視聴は

していたのですが、あまり真剣に

観ていませんでした。

f:id:hiroban-ch:20191003232527j:plain

f:id:hiroban-ch:20191003232554j:plain

しかし今回のレビュー写真の撮影中、

ずっとキバの録画を流しながら

撮影していたらなかなか面白いな~と

今さらながら感じてこの1週間程、

夢中になりながら観てしまいました。

f:id:hiroban-ch:20191003232715j:plain

f:id:hiroban-ch:20191003232748j:plain

仮面ライダーキバ

2008年1月27日〜2009年1月18日の

全48話が放送されました。

前作の仮面ライダー電王が大変盛り上がり

大成功だった事から後番組のキバは

難しいバトンを受け取ったかもしれません。

f:id:hiroban-ch:20191004215107j:plain

f:id:hiroban-ch:20191004215217j:plain

前作電王が楽しいイマジンの存在等から

エンタメ要素の強い子供受けする

にぎやかな作品 だったのに対して、

キバは逆にかなりのシリアステイストで

恋愛要素も強かった事から大人受けする

要素が強かった反面、子供には

付いて来にくい作品だったと思います。

f:id:hiroban-ch:20191005011303j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005011343j:plain

物語の構成が主人公である紅渡が生きている

現代2008年の世界と父である紅音也が

生きている1986年の世界がとにかく頻繁に

入り乱れて話が進むので、そもそも

物語の構成を理解していないと

訳が分からず30分が過ぎてしまい、

「面白く無い。」となってしまいます。

f:id:hiroban-ch:20191005011956j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005012027j:plain

 今のシーンは2008年なのか1986年なのか

とにかくコロコロ切り替わるので

正直、当時私も付いていけずに

「面白く無い」と感じた派でした。

但し、構成を理解して改めて作品を見直すと

「よく出来てるな~。」と関心しました。

そして恐らく全仮面ライダー作品の中で

最も恋愛要素が強いのも、

このキバではないでしょうか?

f:id:hiroban-ch:20191005012829j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005012859j:plain

主人公 紅渡と鈴木深央の悲しい恋、

父 紅音也と真夜の恋、

名護啓介と麻生恵の恋(最後に結婚)と

主要人物の恋愛が

物語に大きく関わってるので

これは子供向け作品では無いな~と

改めてキバを見直して感じました。

f:id:hiroban-ch:20191005014021j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005014059j:plain

個人的には芳賀優里亜さんが555以来

5年ぶりの登場だったのがツボでしたね。

555の時とは打って変わって渡との

切ない悲しい恋を演じられていて

年甲斐も無く胸キュンしてしまいました(汗)

f:id:hiroban-ch:20191005014930j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005015034j:plain

芳賀さんと言えば、555で競演された

主演の半田健人さんと

現在非常に良い仲だそうで、

この話題はまた555関連のレビューも

予定していますので

その時にまた触れたいと思います。

f:id:hiroban-ch:20191005015721j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005015757j:plain

あと主演された瀬戸康史さんに触れると

今でこそドラマやCMで大活躍されている

瀬戸さんですが、仮面ライダー出演後に

売れた俳優さんて一気にブレイクする

印象がありますよね。

オダギリジョーさん、水嶋ヒロさん、

佐藤健さん、菅田将暉さん、竹内涼真さん、

福士蒼汰さん、皆さん仮面ライダー主演後に

大ブレイクされていますが瀬戸さんの場合は

一気にブレイクと言うよりは少しづつ

でも着実に売れてらっしゃる

印象があります。

f:id:hiroban-ch:20191005021528j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005021602j:plain

最近で言うと

「ルパンの娘」も大ヒットじゃないですか。

息長く売れて頂きたい俳優さんです。

と言う訳で最近になって改めて

仮面ライダーキバ」を観直すと

なかなか面白い作品だったんだな~と

評価し直しました。

そうそう、若いカズミン(武田航平さん)も

見れますしね。

f:id:hiroban-ch:20191005022510j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005022549j:plain

さてそれでは、

そろそろ本日の主役アイテム、

「マシンキバー オプションパーツセット」の

レビューをしていきましょうか。

何せ、真骨彫キバが究極と言っていい程の

真骨彫の中でもトップクラスの出来ですので

生半可なアイテムだとキバと不釣合いに

なってしまいますし、私自身も許しません。

f:id:hiroban-ch:20191005023115j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005023145j:plain

ですのでここはひとつ、真骨彫キバに

相応しいアイテムなのかどうか厳しく

素直な気持ちでレビューしたいと思います。

f:id:hiroban-ch:20191005023852j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005023935j:plain

商品の中に入っている物は当然

マシンキバー本体、

それからオープニングでも有名な玉座

そしてヴァイオリンのブラッディローズと

弓がセットになっています。

f:id:hiroban-ch:20191005023800j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005024015j:plain

まずはマシンキバーから見て行きましょう。

アメリカンバイクスタイルが印象的ですが

アーツの完成度としては

申し分ないと思います。

キバとの相性も完璧で

スケール感もバッチリです。

f:id:hiroban-ch:20191005024627j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005024822j:plain

変身前の紅渡のおとなしい雰囲気からは

とても想像出来ないワイルドで

ダイナミックな搭乗スタイルは

ドラマのシーンそのままです。

前回のバイクレビューであるカブトの

カブトエクステンダーの時はメーターが

オミットされていましたが、

このマシンキバーはしっかりと

メーターが造型されています。

f:id:hiroban-ch:20191005025511j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005025541j:plain

また前回のカブトエクステンダーでは

カブトを搭乗させてもお尻が結構

浮いていましたがこのマシンキバーは

キバを搭乗させてもしっかりと

お尻がシートにドシっと付くので

不自然な感じが全くありません。

f:id:hiroban-ch:20191005030004j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005030043j:plain

ボディは全塗装なので安っぽくも無く

ハンドル、ミラー類、メーター周りは

アメリカンバイクっぽくメッキパーツなので

ゴージャス感もあります。

エンジン周りも手抜き感が無く

しっかり詰まってて

スカスカ感が無いですね。

f:id:hiroban-ch:20191005030753j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005030825j:plain

燃料タンクカバーとナンバープレートには

ライダーズクレストも綺麗に

プリントされています。

ここまではベタ褒めしましたが

あえて不満点を挙げるとすると、

エンジン周りの塗装が

綺麗過ぎる気がします。

f:id:hiroban-ch:20191005031223j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005031304j:plain

もう少し汚れていた方が

リアルな感じがするので

若干ウェザリング処理をしてもらうとか

墨入れ処理をして頂くと、

さらに良かったと思います。

あえて注文を付けるとすればその程度です。

f:id:hiroban-ch:20191005031830j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005031905j:plain

さて次は玉座とブラッディローズを

見て行きましょうか。

この玉座とブラッディローズを

セットにしてくれた事は

何より嬉しい限りです。

バンダイさん、

さすが良く判ってらっしゃる!

f:id:hiroban-ch:20191005032526j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005032615j:plain

玉座もブラッディローズも超精密に

造型塗装されていて、

もはや芸術品レベルです。

玉座はグラデーション塗装が施され

ブラッディローズは玄の1本1本が

しっかり造型塗装されています。

f:id:hiroban-ch:20191005033637j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005033408j:plain

真骨彫キバに持たせ、演奏ポーズをさせると

見事にサマになります。

改めて真骨彫キバの完成度の高さを

感じさせられます。

玉座に座らせると、まさしく

OPのシーンそのままって感じです。

本当は玉座の周りに薔薇の花びらの

ミニチュアがあれば敷きつめたかった所

なんですけどね。

玉座とブラッディローズの出来も

最高でございました。

f:id:hiroban-ch:20191005033834j:plain

f:id:hiroban-ch:20191005033857j:plain

もし真骨彫キバをGETされている方で

マシンキバーOPセットを

購入されていない方がおられたら、

ヤフオクやメルカリ等からでも

是非GETされる事をおススメします。

非常に素晴らしい真骨彫キバの魅力が

さらに何倍にも倍増しますよ。

f:id:hiroban-ch:20191005034206j:plain

レビューも終わりが近づいて参りました。

今回は写真枚数も一気に60枚を越える

膨大な量を掲載したので、それに見合う

レビューを書くのも大変でございました。

ヒロバンチャンネル初レビューである

真骨彫キバを今回改めてレビューする

機会を与えてくれた今回の

マシンキバーOPセットでしたが

キバも素晴らしいですし

今回のアーツも最高でした。

f:id:hiroban-ch:20191005034937j:plain

さて次回も連続で新作ライダーアーツ

行きましょうか!

この記事の前半でもお話した通り、

ラビラビは正しいベルトが届くまで

レビューお預けなので

次はやっぱりオーマジオウでしょうかね。

是非ご期待くださいませ。

あ~この記事書いてる今の時間・・・

午前4時です。

それではまた!!!