ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

S.H.Figuarts 真骨彫製法 仮面ライダーディケイド レビュー

f:id:hiroban-ch:20191231232317j:plain

「世界の破壊者ディケイド、

幾つもの世界を巡りその瞳は何を見る。」

今回ご紹介する仮面ライダーアーツは

真骨彫製法 仮面ライダーディケイドです。

f:id:hiroban-ch:20191114232330j:plain

f:id:hiroban-ch:20191114232424j:plain

 発売は2016年2月27日で税抜き6000円で

一般店頭販売されました。

しかしこのディケイド、

転売価格が2万円以上に

なっている場合も有ります。

最近発売になった

ネオディケイドバージョンは

比較的、安値取り引きされているんですが

こちらのオリジナル版はお高いですね~。

f:id:hiroban-ch:20191114234455j:plain

f:id:hiroban-ch:20191114234543j:plain

さて今回も写真枚数が沢山有りますので

サクサク行きますよ~。

個人的なこの作品に関する意見は

後回しにしてまずはいつもの流れのように

仮面ライダーディケイド」を

語っていきましょう。

このブログを見て頂いている方でしたら

私のディケイドに対する評価が低い事は

ご存知だとは思いますが(笑)

f:id:hiroban-ch:20191114234807j:plain

f:id:hiroban-ch:20191114234836j:plain

仮面ライダーディケイド」は

2009年1月25日から8月30日まで

全31話が放送されました。

これまで平成ライダーはおろか、それ以前の

カブタック、ロボタック、ロボコン

さらにそれ以前のビーファイター

さらにその以前の

メタルヒーローシリーズから長らく続いた

4クール1年放送が、このディケイドで

3クールにも満たない31話で終わった事は

ディケイドが不評だったからでは無くて

スポンサーの意向で放送当初から

決定していました。

f:id:hiroban-ch:20191115225813j:plain

f:id:hiroban-ch:20191115225902j:plain

例年年明けに仮面ライダースーパー戦隊

同時期に放送が終了して、

同時期に新番組が始まっていた為

玩具の売れ方に偏りが生じてしまっており

売れ方を分散させたい思惑が

スポンサーにあり、

ディケイドの放送話数を調整する事で

スーパー戦隊と終了時期を分散させました。

計画は成功したようで、ディケイド以降の

仮面ライダーの玩具の売れ行きが

伸びたと聞きます。

f:id:hiroban-ch:20191115230404j:plain

f:id:hiroban-ch:20191115230508j:plain
平成仮面ライダー10作記念作品として

企画されたディケイドは、

お祭りライダー的作品として

過去の平成9ライダーが全て登場する事と

主人公ディケイドが全ての平成ライダー

変身出来る事が本作の大きな特徴です。

f:id:hiroban-ch:20191115223601j:plain

f:id:hiroban-ch:20191115223637j:plain

しかし、登場する過去の平成ライダー達は

それぞれの本放送で活躍していた時間軸の

世界では無く、あくまでディケイドの

作品の中での世界で存在するライダー達で、

いわゆるパラレルワールドの世界です。

クウガからファンとして観てきた1人と

しては、オダギリジョーが、水嶋ヒロが、

佐藤健が登場するのか?!と

当時期待していたのですが、

その期待ははかなく散りました。

f:id:hiroban-ch:20191115223803j:plain

f:id:hiroban-ch:20191115223928j:plain

 しかし当時のオリジナルキャストが

出ない事でパラレルワールド

過去ライダーの世界に

割り切って入り込めたとも言えます。

平成ライダーのエピソードは

2話1ストーリーで進んで行く為、

9人の平成ライダーの話が終了した時点で

話数としてはまだ19話・・・

この後、話はどうなってしまうのかと

当時私は嫌な予感がしていましたが

まさしく予感的中しました。

f:id:hiroban-ch:20191115232046j:plain

f:id:hiroban-ch:20191115232113j:plain

元々ディケイドは9つのライダーの世界を

旅すると言うストーリーで

始まったにも関わらず

残り10話少々の中で展開されたのが、

まずシンケンジャー

出てきてしまいました・・・
「もう、駄目だ~」と感じましたね(笑)

次にBLACK、RX、アマゾンと

話数を埋めるかのごとく

チョロっとだけ昭和ライダーを登場させ

苦情殺到となったエンディングへと

繋がります。

f:id:hiroban-ch:20191116000223j:plain

f:id:hiroban-ch:20191116000316j:plain

よく講師が生徒に教えるアドバイスとして

「まず目標を立てろ」と言います。

成功者がセミナーを開いたりした際も

参加者にまず

「3年後こうなって成功している

と言うビジョンを持ちましょう」

その為には

2年後にこうなっていなければならない。

2年後そうなっているには

1年後はこうなっていなければならない。

1年後こうなっているには

半年後こうなっておく必要が有る。

ならば今は何をしなければいけないかが

見えてくる。

と言う教え方を良くします。

f:id:hiroban-ch:20191116001302j:plain

f:id:hiroban-ch:20191116001343j:plain

私が絶大に評価している

仮面ライダークウガがまさに

その教えの通りの製作手法を採っていると

言えます。

最終目的に第0号の謎と0号VSクウガ

明確なゴールを設定し、それに向かって

逆算した緻密なストーリーが

作られていったと感じるのです。

なので1話1話に無駄が無く、

1話から最終話が完全に

繋がって作られている。

f:id:hiroban-ch:20191116002116j:plain

f:id:hiroban-ch:20191116002159j:plain

最近の作品で言うとビルドは非常に緻密で

逆算方式なストーリー作りが

されているのでは?と感じさせます。

所がこのディケイドは、

行き当たりばったりのストーリー展開なのが

見え見えで話数を埋める為のエピソード、

ただウケればいいと言う安直な構成が

視聴していて眼を覆いたくなる程

レベル低いです。

(あくまで個人的な感想ですが。)

f:id:hiroban-ch:20191116002859j:plain

f:id:hiroban-ch:20191116002940j:plain

お祭りライダーなんだから何でも

有りで良いと言う意見もあるでしょう。

それもその通りですが、

お祭りならお祭りで楽しめれば

欠点も帳消しになるのでしょうが、

私は特に20話以降の後半のグダグダな展開が

全く楽しめなかったのです。

挙句の果てが最終回です。

f:id:hiroban-ch:20191116004135j:plain

f:id:hiroban-ch:20191116004245j:plain

物語の途中も途中、ライダー大戦の最中

ディエンドがディケイドに銃を向け

ズキューンと1発銃声がして夏海が

「ディケイド!」と叫んで最終回終了~。

え、?!、あまりに突然の最終回終了に

本当に今日が最終回なのか?と当時

新聞やら何やら確認した記憶があります。

「なんちゅう最終回やこれ!」と

怒りさえ覚えました。

f:id:hiroban-ch:20191116005910j:plain

f:id:hiroban-ch:20191116010059j:plain

苦情殺到となった最終回はBPO

放送倫理・番組向上機構

に批判が寄せられ審議を受けたそうです。

テレビ朝日は最終回終了後に続きを

映画でと匂わせるような告知を行ったのは

適切では無かったと回答したと言います。

f:id:hiroban-ch:20191116011607j:plain

f:id:hiroban-ch:20191116011633j:plain

プロデューサーである白倉氏と言う人物。

平成仮面ライダーをここまで大きくさせた

功労者である一方、私としては

ディケイドと言う作品を残念な作品に

仕立てた張本人でもあると思っています。

ディケイドと言う作品を好きな人も

沢山おられるのであくまで

個人の意見ですが。

f:id:hiroban-ch:20191116012025j:plain

f:id:hiroban-ch:20191116012049j:plain

仮面ライダー響鬼と言う作品。
第29話までは凄く好きな作品でした。

当時プロデューサーだったのがクウガ

担当した高寺氏。

私は高寺作品が好きなのかも知れません。

時間がゆっくり過ぎて行き、

人と人との触れ合う描写が繊細で

鬼の戦いに神秘性がある独特の響鬼の世界。

f:id:hiroban-ch:20191116013032j:plain

f:id:hiroban-ch:20191116013056j:plain

所が響鬼は突然30話から高寺Pが降板、

変わって白倉氏がPとなりました。

30話以降、響鬼は変わってしまいました。

展開が急に早くなり繊細な描写が無くなり、

鬼は単なるライダーと化し都会でも

普通に戦うようになりました。

私は響鬼の後半が嫌いになりました。

響鬼と言う作品自体も好きか嫌いか

分からなくなりました。

f:id:hiroban-ch:20191116013858j:plain

f:id:hiroban-ch:20191116013923j:plain

白倉P作品は早い展開、

奇想天外なストーリーが

好評を得ていますが、ディケイドと響鬼

非常に残念だったな~と

個人的には感じます。

f:id:hiroban-ch:20191116015008j:plain

f:id:hiroban-ch:20191116015036j:plain

さて気を取り直して

真骨彫版のディケイドを

レビューしていきましょう。

カブトから始まった真骨彫製法は、

響鬼クウガ、アギトと来てこの

ディケイドが5作目になります。

f:id:hiroban-ch:20191116015531j:plain

f:id:hiroban-ch:20191116015705j:plain

真骨彫製法の第1弾として

発売されたカブトは

当時としては画期的な出来でしたが

全体的に急激に完成度が上がってきた

近頃のフィギュアーツの中では特に

絶賛する所も無くなりましたが、

次に出た響鬼からかなり完成度を

高めてきたと感じます。

今回のディケイドは2019年の最新キバや

オーズと比較しても特に遜色も無い位、

欠点を見つけられない出来栄えです。

f:id:hiroban-ch:20191116020349j:plain

f:id:hiroban-ch:20191116020423j:plain

ディケイドは特に足全体がアーマーで

覆われている為、

シルエット的には結構太いですが、

真骨彫も本物と同じく太く作られていて

通常アーツにありがちなスタイル優先に

スマートにディフォルメする事無く

本物感を優先した作りがされています。

f:id:hiroban-ch:20191116020818j:plain

f:id:hiroban-ch:20191116020841j:plain

そして真骨彫版ディケイドには

通常のマスクと激情態の頭部も

付属しているので一粒で二度美味しい

非常に嬉しい仕様となっています。

f:id:hiroban-ch:20191116021123j:plain

f:id:hiroban-ch:20191116021145j:plain

さらに付属しているライダーカードが

また凄く、15枚付属している

1枚1枚が米粒より少し大きい程度の中に

しっかりと各ライダーのプリントが

超高精細に描かれています。

物凄い技術ですよね。

f:id:hiroban-ch:20191116021725j:plain

f:id:hiroban-ch:20191116021758j:plain

この真骨彫版ディケイド、

欠点と言える欠点を探しても

全く思い浮かびません。

このディケイド、真骨彫としては

比較的初期の製品ですが、

既に完成系に達しており

劇中そのままと言い切っていいと思います。

f:id:hiroban-ch:20191116023125j:plain

f:id:hiroban-ch:20191116023205j:plain

今回、

貴重な仮面ライダーアーツレビューとしては

花形と言える主役ライダーの基本フォームの

ディケイドを紹介したのですが、

何故今ディケイドを

ご紹介したのか、理由があります。

f:id:hiroban-ch:20191116023618j:plain

f:id:hiroban-ch:20191116023651j:plain

真骨彫製法の仮面ライダークウガ

ディケイドバージョンを

手に入れたんですよね。

今回のディケイドレビューにもチラチラ登場

させていますが、この小野寺クウガ

過去にレビューした五代クウガよりも

カッコ良く見えるんですよね。

なので近いうちにこの小野寺クウガ

レビューしたかったので、どうしても

先にディケイドをレビューしておく

必要が有ったと言う訳ですね~。

f:id:hiroban-ch:20191116024032j:plain

f:id:hiroban-ch:20191116024223j:plain

と言う事で今回は

真骨彫製法 仮面ライダーディケイド

レビューをさせて頂きました。

このブログは本音志向で記事を書く事を

信念としていますので今回も少々

賛否ある内容になったかも知れませんが

これからも信念を貫く所存でございますので

今後ともよろしくお願い致します。

現在午前4時15分・・・あ〜しんど