ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

リアルロボットレボリューション 1/48 SPTレイズナー レビュー

f:id:hiroban-ch:20201115225327j:plain

皆様、今回もようこそお越し下さいました。

今回の更新はいつもの感じとは少し違って

ガチのプラモデルレビューを

お送りしたいと思っております。

プラモデルレビューと言うと

フィギュアライズの仮面ライダーを

レビューした事は有りますが、今回は

もっとガチで深堀りした内容です。

フル塗装を施しガッツリ改造した

キットレビューとなります。

f:id:hiroban-ch:20201115230850j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122032845j:plain

とは言ってもご紹介するキットは

制作したのが2006年とかなり古く

ガンプラのようなメジャーなキットでも

無いのでご興味を持って頂ける方は

かなり限定的にはなるかと思いますが、

そこはご容赦下さいませ。

今回レビューするキットはバンダイ

リアルロボットレボリューション[R3]

の第1弾として2006年9月17日より

販売が開始された1/48レイズナーです。

f:id:hiroban-ch:20201121222859j:plain

f:id:hiroban-ch:20201121222915j:plain

このR3のレイズナーのキットをご存知の方が

どの程度おられるのでしょうか?

2006年当時、結構話題にはなったと

思うんですが正直あまり売れた印象は無くて

ラインナップも第1弾として販売された

このレイズナーの後にエルガイムMKⅡが出て

第3弾がレイズナーの改修版である

NEWレイズナー、そして第4弾として

ウォーカーギャリアが登場しましたが

シリーズは第4弾で力尽きたようで、

それ以降の新製品は発表されていません。

私は[蒼き流星SPTレイズナー]と言う作品が

大好きだった事、本編放送当時に

発売されていたプラモデルの出来が

散々たる物だったので2006年当時の

最新技術で蘇ったレイズナーのプラモを

買わない筈がないって訳で

発売後すぐにキットを購入致しました。

f:id:hiroban-ch:20201115232435j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122032944j:plain

発売されたキットの出来は

なるほど放送当時のキットとは比べ物に

ならない程進化はしており

マスターグレードガンダムシリーズの技術を

適度に(ふんだんにでは無く)投入し、

素組みでも「これで良いやん。」と

思える程の出来にはなっておりました。

しかしながら私の微妙な言い回しからも

察しが付くと思いますが、決して

皆が満足出来る高い完成度を誇った

「最高のキット!」ではありませんでした。

f:id:hiroban-ch:20201116210203j:plain

買って来たキットを眺めながら

「求めていたレイズナーはコレじゃ無い!」

顔は明らかに[コレじゃ無い感満載]で

私的には受け入れられない顔だったので、

顔は改造しようと思ってはいましたが

他はどうイジれば格好良くなるのか

色々と検討しておりました。

そんな時、発売されたホビージャパン誌に

R3レイズナーを大改造した作例が

掲載されておりました。

f:id:hiroban-ch:20201116210519j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122141126j:plain

そこにはまさしく私が求めていた最高の

レイズナーが誌面を飾っていました。

制作されたのが専属ライターの木村直貴氏。

天才木村氏の神がかり的な技術と改造センス

はR3レイズナーでもふんだんに発揮され

私は木村氏のレイズナーに一目惚れして、

自分もこんな感じに完成させたいと今回の

作例でも大いに参考にさせて頂きました。

f:id:hiroban-ch:20201116210742j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122141250j:plain

さてそんな訳で2006年10月頃にレイズナーの

キット制作を始めた訳ですが、当時私は

ブログもツイッターも何もやっては

いなかったですが、製作記録を情報発信

したくて、製作過程の記録写真を細かく

撮影しては複数の友人にメールで

製作日記を送ったりしていました。

なので当時からこう言った情報発信が

好きだったんでしょうね〜。

f:id:hiroban-ch:20201116210936j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122141032j:plain

この度、その当時の写真達も無事残って

ましたので、その制作記録の写真を

見て頂き、R3レイズナーの問題点、

改修ポイントなんかを解説しながら

レビューしていこうと思います。

完成から14年の時を経て、ブログを通じて

ようやく世間様にお披露目出来ます。

製作写真は2006年当時のコンデジ写真で、

しかも大半がメールサイズ画質の為、

見難い点はあると思いますが

お許しください。

f:id:hiroban-ch:20201121223049j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122141904j:plain

当時は比較の為にレイズナーをもう1体

買って素組みで仕上げた物が

有ったんですが、何処を探しても

見当たらなかったので比較写真の撮り直しは

今回は残念ながら諦めました。

改造前、改造後の比較写真は2006年当時の

写真しかお見せ出来ない事も重ねて

お許しくださいませ。

それでは参りましょう。

f:id:hiroban-ch:20201121175050j:plain

Rial Robot Revlution

(リアルロボットレボリューション)R3

SPTレイズナーですが上にも書いた通り、

最高なキットでは無いですが

言い変えれば、要点さえ修正してやれば

グンとカッコ良さが一気に増す要素を秘めた

基本は押さえたキットであるとも言えます。

f:id:hiroban-ch:20201121225348j:plain

キットの全高は私の改造したレイズナーを

計った所21センチ超えで先日レビューした

HI-METAL R版と比較すると一目瞭然の

大きさの違いで結構ボリュームがあります。

f:id:hiroban-ch:20201121181713j:plain

↑の写真はパッケージや取説に載っている

宣材写真ですが基本的には良く出来ている

キットではありますがR3レイズナーの

問題点として可動範囲の狭さがあります。

そして見た目の問題点として

クセの強い顔が個人的には気になります。

f:id:hiroban-ch:20201121235647j:plain

f:id:hiroban-ch:20201121235755j:plain

このR3レイズナーで私が大きく

手を加えた点と言うと主に4箇所。

あとは細かい所が多数と言った点です。

4箇所の内、可動に関する改造が2箇所。

見た目に関する箇所が2箇所です。

●顔面の大幅修正。

●胸部分の形状修正。

●肩関節が前後に可動しないので

ボールジョイントに変更。

●太ももにロール軸可動を追加。

それでは1箇所づつ見て行きましょう。

まずは顔の修正から。

f:id:hiroban-ch:20201122001104j:plain

私の中のレイズナーの顔って、

頭部の大きさに対して顔面は小さくって

イメージが有るのですが、キットの顔面は

頭部に対して大きすぎる印象でした。

顔も腫れぼったいオタフク顔と言うか

少々クセの強い顔で好きになれなかった為に

大改修を施しました。

f:id:hiroban-ch:20201122001614j:plain

とにかくこの気になる顔を↑

f:id:hiroban-ch:20201122001712j:plain

ズタズタにしました。

f:id:hiroban-ch:20201122001907j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122004315j:plain

必要な箇所はプラ板等で成型して組み直し。

f:id:hiroban-ch:20201122002105j:plain

こんな顔面になりました。↑↓

f:id:hiroban-ch:20201122002159j:plain

アゴパーツもプラ版で作り直しています。↑↓

f:id:hiroban-ch:20201122002404j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122002707j:plain

後頭部キャノピーヒンジ部の形状修正。

キャノピー開閉部にプラ版追加し

前後長さ増し。↑

f:id:hiroban-ch:20201122002925j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122002948j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122003009j:plain

結果、顔はこうなりました。↑

改造前、改造後、写真によって左右

バラバラなのはお許し下さいませ。

レイズナーの顔って個人個人の持っている

イメージが微妙に違う所が有って、

「コレがレイズナー顔だ!」と

断言出来ない所があるのですが、

私なりのレイズナー顔に近づけた感じです。

方向としては頭部に対しての顔面の比率を

小さく小顔にする事、クセの強いキット顔を

ガンダムチックな顔へと変更しました。

レイズナーも大河原先生のデザインですし。

f:id:hiroban-ch:20201122003542j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122015809j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122013151j:plain

次は胸部分の形状修正をご紹介しましょう。

f:id:hiroban-ch:20201122004935j:plain

 胸部はキットのままだと極端に前すぼみな

感じでボリューム不足を感じたので

胸を広げる形状修正を行います。↑

f:id:hiroban-ch:20201122005350j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122005418j:plain

これが結構な大手術でして、胸パーツを

一度切断してプラ版を数枚かまして↑

f:id:hiroban-ch:20201122005915j:plain

形を整えながら切り離したパーツを

組み直します。↑↓

f:id:hiroban-ch:20201122010419j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122010434j:plain

胸部が広がりました。↑

f:id:hiroban-ch:20201122010652j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122010708j:plain

後部襟部分をプラ版で高さ修正。↑

f:id:hiroban-ch:20201122010852j:plain

内部フレームの腰部分をプラ版追加にて

2ミリ長さ延長。↑

f:id:hiroban-ch:20201122011040j:plain

延長部分の間延び感を無くす為に

ディテールアップパーツを追加。↑

f:id:hiroban-ch:20201122011818j:plain

さらに腰アーマーをプラ版にて厚み延長。↑

f:id:hiroban-ch:20201122012038j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122012055j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122012211j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122012230j:plain

またまた改造前と改造後が写真によって

左右バラバラで申し訳ございません。↑

f:id:hiroban-ch:20201122012838j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122012914j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122013340j:plain

次に肩関節の可動範囲拡大の改造を

ご紹介致します。

f:id:hiroban-ch:20201122013542j:plain

キットのままでは肩関節は↑の写真のように

腕を差し込むだけなので前後軸が全く動かず

極端に言えばただクルクル回るだけです。

なのでフレキシブルに動くように

ボールジョイントを仕込みます。

f:id:hiroban-ch:20201122013912j:plain

このようになりました。↑↓

f:id:hiroban-ch:20201122014048j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122014510j:plain

改造前の左腕とボールジョイントを仕込んだ

右腕との可動範囲の違いをご覧ください。↑

f:id:hiroban-ch:20201122020033j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122020048j:plain

改造前と改造後の腕の可動範囲の違いは

一目瞭然です。↑

f:id:hiroban-ch:20201122020504j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122020836j:plain

↑改造前だと肩の可動範囲が狭い為に

レーザードライフルの構えポーズに

迫力が出ませんが・・・

f:id:hiroban-ch:20201122021017j:plain

↑改造後はこの迫力です!

f:id:hiroban-ch:20201122014839j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122015050j:plain

↑さらに肩アーマーは厚みを追加し

よけいなディテールアップ部分を削除。

腕の長さも1ミリ延長。

f:id:hiroban-ch:20201122015628j:plain

↑ナックルショットの形状を

シンプルな形状に修正。

パイプ部分をスプリングに変更。

f:id:hiroban-ch:20201122015514j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122015855j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122021312j:plain

そして最後の大きな改修ポイント。

太ももにロール軸可動を追加します。

f:id:hiroban-ch:20201122021544j:plain

↑キットのままだと足の付け根が一応

ボールジョイントにはなってますが・・・

f:id:hiroban-ch:20201122021912j:plain

可動領域が狭い為、目一杯足をハの字に

広げてもこの程度が精一杯。

これでは直立立ちの迫力が出ないので。↑

f:id:hiroban-ch:20201122022222j:plain

↑の赤いラインでぶった切ります。

f:id:hiroban-ch:20201122022305j:plain

↑これにロール軸を仕込みます。

f:id:hiroban-ch:20201122022453j:plain

↑ポリキャップを埋め込んでロール軸を

仕込みました。

f:id:hiroban-ch:20201122022641j:plain

↑太ももの形状も若干太らせ、

形状修正をします。

f:id:hiroban-ch:20201122022903j:plain

↑ひざアーマーの長さを延長。

f:id:hiroban-ch:20201122023031j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122023222j:plain

↑足首は可動範囲を拡大させる為に

一部分をカット。

f:id:hiroban-ch:20201122023715j:plain

ただの素立ちでもカッコ良く立たせる事が

出来るようになりました。

f:id:hiroban-ch:20201122024000j:plain


さて最後にバックパックの改修を

お見せしましょう。

f:id:hiroban-ch:20201122024211j:plain

↑改修前と改修後は一目瞭然だと思います。

f:id:hiroban-ch:20201122024322j:plain

↑バックパック下段の部分を

数ミリ太らせています。

何ミリだったかは忘れました(笑)

f:id:hiroban-ch:20201122024449j:plain

テールスラスターの可動を広げたかったので

バーニアの可動範囲を削って広げました。↑

それによってテールスラスターの可動範囲が

f:id:hiroban-ch:20201122024651j:plain

↑こんなに広がりました。

ただ少し削っただけですが、

この効果は大きいです。

f:id:hiroban-ch:20201122024842j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122030334j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122025024j:plain

大体これで改造した箇所の紹介は

終わりましたね。

f:id:hiroban-ch:20201122025229j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122025238j:plain

あとはサフ吹きして仕上げた感じですね。

f:id:hiroban-ch:20201122025408j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122025436j:plain

塗装に関してはあまりMAX塗りとかは

意識せず、比較的オーソドックスな塗り方を

していますが正直、当時の事をあまり

覚えていないんです、スミマセン。

f:id:hiroban-ch:20201122025741j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122030030j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122030101j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122141709j:plain

エイジもま~ま~細かく

塗れているんじゃないでしょうか。

当時はまだ若かったので裸眼で

塗っていましたが、今は絶対に無理ですよ、

ハズキルーペ!ハズキルーペ!!!

f:id:hiroban-ch:20201122030223j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122030528j:plain

と言う事で如何だったでしょうか、

リアルロボットレボリューションの

SPTレイズナーのキット改造レビューは。

いや本当はね、以前レビューした

HI-METAL Rのレイズナーのレビューの時に

おまけで数カットだけ

登場させようと思っていたんです。

f:id:hiroban-ch:20201122030943j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122031034j:plain

そして超久しぶりに押入れから

引っ張り出したレイズナーはホコリは結構

かぶっていましたが思っていた以上に状態が

良かった点や過去の製作写真も

残っていた為、これはおまけ程度で

済ますにはあまりにも勿体無いって事で

今回、昔のプラモ、昔の作例では

ありましたがレビューさせて頂きました。

f:id:hiroban-ch:20201122031734j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122031839j:plain

今回のレイズナーは2006年末に製作した

作品ですが、それから実に約15年、

本格的に組んだプラモは全く無いんです。

ヒロバンチャンネルのレビューの為に

フィギュアライズ仮面ライダーや

フリーザポッド位じゃないでしょうか・・・

いやマジで。

f:id:hiroban-ch:20201122032428j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122032459j:plain

しかし今回のレイズナーのレビューで

ちょっと眠っていたプラモ魂みたいな物が

少しウズき出しました。

タイミング良く最近、充電式エアブラシ

って言うのを買ってみたんですよ。

こんな良い物が有るなんて最近まで

知りませんでした。

f:id:hiroban-ch:20201122034437j:plain

昔は馬鹿デカいコンプレッサーに

ハンドピース繋いで塗装するのが当たり前

でしたが、今時はコンプレッサーが

片手に握れてガンと一体になっていて

これだけで完結して

エアブラシが吹けるなんて・・・

しかも全部セットで1万円しないんですから

驚きですし、常識が崩れました。

遥か昔、私がエアブラシを初めて使ったのが

中2か中3位だったかな。

ハンドピースは何とか買えましたが

コンプレッサーは高嶺の花でとても高くて

買えなかったので買っていたのはいつも

使い捨てのエアー缶でしたね。

それほど大量に吹ける訳でも無いし、

エアーが無くなってくると

出力がどんどん下がって使い難かったな~。

そのくせ1本1800円とか当時

してましたから勿体なくて、頑張って

WAVEの10万円もする高級コンプレッサーを

意を決して購入し、レイズナーも

それを使って塗った作品ですが、

そのコンプレッサーもその後

故障してしまいました。

プラモから遠ざかったのも

それが原因の一つでもありますね。

そう思ったら今はこんな手軽にエアブラシが

使えるんですからプラモ道具も恵まれた

環境になったと思いますよ昔と比べたら。

f:id:hiroban-ch:20201122035526j:plain

f:id:hiroban-ch:20201122035625j:plain

おっと最後は雑談になってしまいましたね。

またプラモデルのガッツリレビューが

出来るように何か本気で作りたいな~と

思って来た今日この頃であります。

それではまた!!!