ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

S.H.Figuarts ドラゴンボール 孫悟空 -少年期- レビュー

f:id:hiroban-ch:20190817172647j:plain

今回ご紹介するのは

ドラゴンボールアーツから

孫悟空 -少年期- です。

2018年1月19日発売。

一般販売アイテムで

価格は税込み5940円です。

f:id:hiroban-ch:20190817173313j:plain

ドラゴンボールアーツをレビューするのは

今回で2回目になりますね。

2回目の今回はドラゴンボールの元祖

とも言うべき、少年時代の悟空アーツです。

f:id:hiroban-ch:20190817231505j:plain

ドラゴンボールと言えば、

やはりZ編以降の話の方が有名ですし、

展開もZ編の方が面白いと思う人が

多いと思います。

f:id:hiroban-ch:20190817231813j:plain

実際、ハイビジョン用にリメイクされた

ドラゴンボール改も、Z編からのリメイク

ですので、制作サイド側も少年期の悟空が

活躍した初期ドラゴンボールはある意味

見切ってる部分があると思います。

f:id:hiroban-ch:20190817231712j:plain

とはいえ、アニメ放送は1986年2月26日から

1989年4月19日までの153話が放送されて

丸々3年続いた

十分人気アニメだったんですよね。

前番組のドクタースランプアラレちゃんの

後番組として2作続いて鳥山明先生原作の

アニメと言う事で話題性十分でしたし、

既に少年ジャンプの原作も大人気でしたから

人気になるのも当然と言えば当然です。

f:id:hiroban-ch:20190818001538j:plain

アニメ開始当初はドラゴンボールを探す

冒険物アニメとしてスタートしましたが

定期的に行われる天下一武道会は

格闘アニメとして展開するので

冒険+格闘のハイブリッド展開のような

感じだった印象ですね。

f:id:hiroban-ch:20190818002151j:plain

3年153話の中で

超長いエピソードだったのが

レッドリボン軍編だったと思いますね。

ウィキペディアで確認したら約10ヶ月も

続いていたようですね。

f:id:hiroban-ch:20190818004215j:plain

Z編以降の悟空の戦闘力の上がり方が

反則的な修行によって

とんでもない上がり方をするので

旧ドラゴンボールの3年間て、

一体何だったんだと感じなくもないです。

Z編とはあまりにもスケール感が違いすぎて

やはりZ編とは別物と考えるのが

いいのでしょうかね。

f:id:hiroban-ch:20190818005058j:plain

私はCS放送に加入しているので

たまに放送される旧ドラゴンボールを

見る事があるのですが、

Z編以前のドラゴンボールも

面白いです。

f:id:hiroban-ch:20190818005422j:plain

Z編の修行はやはり反則ですよね。

元々3年かけた放送で500程度だった戦闘力が

Z編になった途端に

10倍重力の修行でいきなり8000以上になり

100倍重力の修行で20万以上になり、

その後スーパーサイヤ人になり、

訳わからなくなり

セル編、ブウ編ではさらに反則の連続・・・

f:id:hiroban-ch:20190818011509j:plain

ブウ編が終わった時点での

悟空達の戦闘力って一体どの位の

数値になっているんでしょうね~。

セル編以降はスカウターの存在が

無くなったので、一切数字で

語られなくなったので

凄く気になるんですよね。

f:id:hiroban-ch:20190818010004j:plain

ちょっとZ編の贅沢な展開から比べたら

昔のドラゴンボールの展開が地味で

スケール感が小さすぎるので、

可愛そうになってきます。

f:id:hiroban-ch:20190818132111j:plain

あと初期の悟空はキャラデザイン的に

結構太く描かれているんですよね。

たまに再放送を見ると太い悟空に

違和感があります。

今回ご紹介してるアーツ版よりも

かなり太いです。

まだ当時は鳥山先生自身も、

悟空に対するデザインイメージが

確立していなかったのでしょうかね。

個人的に少年期の悟空は

テレビオリジナルの

ドラゴンボールGTの感じが好きですね。

f:id:hiroban-ch:20190818011150j:plain

さてそろそろ今回ご紹介するアーツ版の

悟空-少年期-の

レビューをしていきたいと思います。

これ税込み5940円なのですが、

仮面ライダーアーツを

普段購入してる感覚からすると

物凄く安く感じます。

f:id:hiroban-ch:20190818011916j:plain

何故かと言いますと、

付属品がテンコ盛りなんですよ。

悟空本体に、顔交換パーツが3種類、

手首パーツ片手7、両手で14パーツ、

シッポ2パーツ、如意棒の長と短、

如意棒を収める鞘、

そして極めつけが筋斗雲が付いています。

しかも筋斗雲用のディスプレイと

悟空と筋斗雲を

固定するアームも付いています。

今回の撮影ではアームは使っていませんが。

f:id:hiroban-ch:20190818012614j:plain

あとドラゴンボールが1個

四星球が付属しています。

これだけSETになって5940円は

かなりお安いと思いますね。

f:id:hiroban-ch:20190818012944j:plain

そして可動フィギュアの出来としては

言う事無しです。

3種類の表情パーツもどれを付けても

特に違和感無くしっかり悟空に見えますし

顔が大きいので少年期とは言え

フィギュアとしてそこそこ

ボリュームがあります。

f:id:hiroban-ch:20190818013329j:plain

そして関節がとにかく良く動きます。

以前の青年の悟空のレビューでも

触れていますが

ドラゴンボールアーツは

仮面ライダーアーツに比べて

樹脂の素材が若干軟質素材になっていて

服や肌や髪の基本部分は成型色のままの為、

ポーズ付けに神経を使う事が無いのです。

f:id:hiroban-ch:20190818013807j:plain

塗装のハガレの心配が無いので

グリグリポーズ変更が出来ます。

素材も通常の樹脂よりも柔軟性があるので

多少無理なポーズ付けをしても

パーツが折れる心配もほぼ無いと思います。

f:id:hiroban-ch:20190818014046j:plain

そして写真撮影してて感じた部分ですが、

物凄く写真栄えしますね。

撮影するまではこんなに写真写りの良い

フィギュアだとは気付きませんでしたが

撮影してて、とっても楽しく感じました。

f:id:hiroban-ch:20190818014345j:plain

前回の青年の悟空の撮影の時は

こんな気持ちにはならなかったです。

表情が豊かだからなのか、

完成度が高かったからなのか、

とにかく写真写りのいいフィギュアです。

f:id:hiroban-ch:20190818014656j:plain

と言う訳で、今回の悟空-少年期-は

大変魅力的でお買い得な

超オススメフィギュアだと思います。

但し、問題は2019年8月現在

販売している店舗を見つけるのが

非常に困難かもしれないと言う事が

一番の問題かも知れません。

f:id:hiroban-ch:20190817231554j:plain

もし運良く店頭で見かけられたら

購入されてみては如何でしょうか。

ちなみにamazonだと今現在6480円程で

マーケットプレイスから購入出来ます。

と言う訳で今回はS.H.フィギュアーツの

孫悟空 -少年期- をレビューさせて頂きました。

 

普段拘束時間の長い仕事をしておりまして

撮影をしたり記事を書いたりする更新時間が

とれない分、今回のお盆休みは大半の時間を

ブログ作業の時間に費やしました。

お盆休みの作業としては

この悟空の記事までですね。

こんな細々とやっている

ブログではありますが

今後ともよろしくお願い致します。