ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

S.H.Figuarts 宇宙刑事シャリバン レビュー

f:id:hiroban-ch:20200113010847j:plain男・強さ・優しさ・力・勇気・輝き

怒り・涙・ほほえみ・自由・未来・きらめき

本日ご紹介するアイテムは

S.H.フィギュアーツ

宇宙刑事シャリバンです。

f:id:hiroban-ch:20191016001041j:plainプレミアムバンダイ予約限定販売で

発売が2013年10月です。

価格は税込み4950円でした。

f:id:hiroban-ch:20191018004703j:plainまずは宇宙刑事シャリバンを

熱く語らせてください。

宇宙刑事シャリバンは

前作、宇宙刑事ギャバンの後番組として

1983年3月4日~1984年2月24日

全51話が放送されました。

f:id:hiroban-ch:20191016221347j:plain当時私は中学1年生で、毎週ギャバンを

楽しみに観ていました。

特撮好きな私は中1ながら

テレビランドやテレビマガジンを

こっそり購入してはわくわくしながら

購読しておりました。

f:id:hiroban-ch:20191016221545j:plainそんな中、時期としてギャバンの放送が

終盤にさしかかっていた頃

新宇宙刑事としてシャリバンがドド〜んと

紹介されました。

宇宙刑事がシリーズとして続く事に歓喜し、

全身メタリックレッドの超アップ用スーツに

身を包んだシャリバンの写真を見た時の

衝撃は今も忘れられません。

f:id:hiroban-ch:20191016001719j:plainギャバンを見慣れていた私にとって

シャリバンの姿はあまりにも新鮮で

眩しくカッコ良く、衝撃的でした。

ギャバンのコンバットスーツとしての

デザインイメージを継承しつつも

より完成度を高め、洗練させながら

全身カラーをメタリックレッドに新調した

シャリバンのスーツはギャバンのスーツから

明らかに造形技術が進化していました。

f:id:hiroban-ch:20191016221820j:plain特撮雑誌に初登場で紹介されたシャリバンは

ポストカードのようになっていて、

常にシャリバンの写真を見ていたかった私は

そのポストカードを肌身離さず持っていて

学校にも持ち込んで授業中もこっそり

見ていました。

f:id:hiroban-ch:20191016221949j:plainカッコ良かったのはコンバットスーツ

だけではありません。

シャリバンを演じられた

伊賀電役の渡洋史さん。

シャリバンのイメージにまさにピッタリで

熱血感溢れるヒーローを見事に

演じられました。

f:id:hiroban-ch:20191018004907j:plain大葉健二さん同様、渡さんも

JACのアクション俳優さんですから

スタントマン無しで激しいアクションを

こなされていました。

f:id:hiroban-ch:20191016222154j:plainギャバンの大葉健二さんや

シャリバンの渡洋史さん等の

昭和ヒーローを演じられていた役者さんと

平成ライダーや最近の戦隊ヒーローの

役者さんとでは何か演技に対する重みが

違うように感じてしまいます。

昔は悪をやっつけるヒーローとしての

たくましさがありました。

f:id:hiroban-ch:20191016222329j:plain今のヒーローを演じる俳優さんは

ヒーローのたくましさ、熱血漢、

頼れるお兄さんと言ったヒーローの典型像が

全体的に抜け落ちすぎてる印象があります。

これは主役の俳優さんの若年化、

特撮ヒーローが新人俳優の登竜門と言う

最近の風潮ゆえ、演技に不慣れな

役者さんがどうしても多くなる。

f:id:hiroban-ch:20191017214257j:plainヒーローの設定上の性格の多様化等、

俳優さんだけの問題でも無く、

制作側の意図、時代の風潮等も有ると

思いますが、こうも頼りないヒーロー、

冷めたヒーロー、ひねくれたヒーロー、

俺様ヒーローが増えてしまうと、

昭和ヒーローを見て育って来た私のような

オヤジ世代の人間からすると、

少々興ざめしてしまいます。

f:id:hiroban-ch:20191016222537j:plain役者さんも一生懸命演じてはいるけど、

監督の言う通り演じさせられている

と言うか、どこか魂が抜け落ちていて、

視聴してるこちら側に

何も訴えかけて来ない。

f:id:hiroban-ch:20191016222720j:plain全ての作品に言える事では無いですが、

全体的な傾向や印象としては

有ると思います。

(例外的な平成ライダーの役者さんとして

ドライブの竹内涼真さんや、

Wの桐山蓮さん、オーズの渡部秀さん等

良かった役者さんもおられますが。)

f:id:hiroban-ch:20191016222830j:plainシャリバンの話題に戻しますが、

話としてはギャバンの完全な続編で、

ギャバンの物語終盤にシャリバンになる前の

伊賀電が森林パトロール隊員として

登場します。

f:id:hiroban-ch:20191018005038j:plainたまたまマクーのバッファローダブラーと

遭遇した伊賀電は果敢にも立ち向かって

いきますが、当然歯が立たずに

重症を負わされます。

ギャバンはこの勇敢な若者をこのまま

死なせたくは無いと医療技術の進んだ

銀河連邦警察の有るバード星へ、

伊賀電を送ります。

f:id:hiroban-ch:20191016223045j:plainそしてギャバンの最終回。

ギャバンが大苦戦して絶対絶命の瞬間、

どこからともなく真っ赤な光の玉が

飛んで来てギャバンを危機から救います。

真っ赤な光の玉は姿を変えて真紅の

コンバットスーツに身を包んだ1人の

若者を捉えます。

彼はこう叫びます。

「宇宙刑事シャリバン!!!」

f:id:hiroban-ch:20191016223141j:plainギャバンは唖然としながら彼を見上げ、

「おおお、シャリバン!?」

伊賀電は宇宙刑事となって

地球に戻って来たのです。

このギャバン最終回でのシャリバンの

初登場シーンは相当強烈なインパクトが

有りました。

f:id:hiroban-ch:20191016223315j:plainそして地球地区担当宇宙刑事には

ギャバンに変わってシャリバンが着任、

ギャバンは太陽系地区全体を統括する

銀河パトロール隊の隊長に昇格して、

シャリバンのサポート役としてシャリバン

本編にもちょくちょく登場します。

(但し蒸着するのは最終回だけですが)

f:id:hiroban-ch:20191018005255j:plainギャバンがマクーを滅ぼした後、

シャリバンの敵として

君臨するのが宇宙犯罪組織マドー。

首領の魔王サイコが滅茶苦茶強い奴で

最終回でギャバンとシャリバンが

2人がかりで立ち向かっても

全く歯が立ちませんでしたね。

最後はイガクリスタルの力を借りて

倒せましたが。

f:id:hiroban-ch:20191016231003j:plain宇宙刑事シャリバンの重要な根幹エピソード

としては伊賀電がイガ星人の末裔であると

言う出生の謎とイガクリスタルの秘密

でしたが、個人的には前回ギャバンでの

根幹エピソードであった父ボイサーの

消息の謎と比べて解りにくく、

根幹エピソードとしては個人的には

イマイチでしたね。

f:id:hiroban-ch:20191018005427j:plainあと宇宙刑事シャリバンに関して

絶対に話さなければいけない事としては

エンディングテーマ「強さは愛だ!」

ですよね〜。

こんな名曲はチョット無いですよ。

間違い無く、

特撮史に残る名曲中の名曲です。

f:id:hiroban-ch:20191016223816j:plain曲調はアップテンポのミディアムバラードで

メロディーがとにかくカッコいい!!!

そして歌詞が鳥肌が立つ程心に来ます。

「倒れたら立ち上がり、

前よりも強くなれ」 (1番)

「悲しみにほほ笑んで、

喜びにうなずいて」(2番)

このサビの部分が最高で、

さらにサビのバックで響くギターサウンドも

カッコ良すぎます!

f:id:hiroban-ch:20191018005508j:plain串田アキラさんの力強い歌声も、この

「強さは愛だ!」ではどこか哀愁を

感じさせる不思議な魅力が有ります。

そして、この超カッコいいエンディングに

合わせて映像が渋すぎる!

f:id:hiroban-ch:20191018005555j:plain真っ赤で巨大な夕陽をバックに

シャリバンの逆光シルエットが徐々に

カメラに向かって歩いてくる。

正攻法な見せ方ではありますが、

シャリバンの場合は映像の作り方が上手く

曲のメロディーにもピッタリと

はまっていた為、

最高にカッコいいエンディングとして

語り継がれて来たのでしょう。

f:id:hiroban-ch:20191018234810j:plain 昭和ヒーローのカッコいい

エンディングとして

「強さは愛だ!」と双璧をなすのが

 仮面ライダーBLACKのエンディング

「Long Long Ago,20ch Century」です。

(個人的な意見ですけど。)

f:id:hiroban-ch:20191017223945j:plain話が脱線するので仮面ライダーBLACKの話は

また機会が有りましたらお話しましょう。

BLACKの真骨彫でも出ない限り、話す機会は

当分無さそうですけど。

f:id:hiroban-ch:20191017224259j:plainそれではそろそろ本日の主役アイテム、

フィギュアーツ版 宇宙刑事シャリバン を

レビューしていきましょう。

今年9月にギャバンのアーツを

レビューさせて頂きましたが、

基本的な素体部分はギャバンと

共通になっています。

f:id:hiroban-ch:20191018005757j:plainギャバンの発売が2013年4月で

シャリバンが2013年10月と半年の開きが

ありますがギャバンからのアーツとしての

進化は特に感じません。

フィギュアーツが劇的に完成度が

上がり出したのが2014年と

言われているので、それ以前に発売された

今回のシャリバンも2019年の最新アーツと

比べたら色々と不出来な所が目に付きます。

f:id:hiroban-ch:20191017231801j:plain関節ごとの各パーツの見た目の繋がりが

悪くフィギュアとしてのシルエットが

美しく無いです。

次に各部可動するジョイント部分が

最新アーツに比べて少しお粗末で

足を広げると股関節の

ボールジョイントが剥き出しだったり

胴体は細く平べったいし、

悪い箇所を言い出したらキリがありません。

f:id:hiroban-ch:20191017231905j:plain肩のジャバラ状のパーツも、

実際のスーツではギャバンとシャリバン

とでは形状が全然違いますが

アーツ版の肩パーツはギャバンの流用です。

そういったこだわり度合いの無さは

ガッカリさせられますね・・・。

f:id:hiroban-ch:20191017232103j:plainとは言えですよ、不出来な箇所だらけの

シャリバンですが

「いやいや、全然カッコいいじゃん」

「赤いメッキが凄く綺麗」と、

もし思っていただけたなら

そう言った意見も正しい評価だと思います。

f:id:hiroban-ch:20191017232613j:plainギャバンのレビューでも触れていますが、

確かに不出来な点は沢山あるのですが、

それでもフィギュアーツとしての最低限の

クオリティは確保しているし、何より

超アップ用スーツをイメージした

全身メッキ処理は不出来な点を

覆い隠してくれる程、

見ていて美しいんですよね。

f:id:hiroban-ch:20191017233041j:plain今回は撮影した写真を見て 正直自分でも

想定以上に綺麗に撮れたと感じたので

驚いています。

ギャバンの時は自分の中では全く納得出来る

写真では無かったですが、

今回のシャリバンは我ながら満足です。

顔はギャバンのアーツより

今回のシャリバンの方が

幾分似てる感じがします。

f:id:hiroban-ch:20191017233738j:plainそんな訳でこれだけ綺麗な

シャリバンですので

劇中のレーザーブレード発光から

シャリバンクラッシュするシーンを

再現してみました。

連続で写真をお見せしますので

どうぞご覧ください。

f:id:hiroban-ch:20191017234116j:plain「レーザー!」

f:id:hiroban-ch:20191017234202j:plain「ブレイド!!!」

f:id:hiroban-ch:20191017234236j:plain

f:id:hiroban-ch:20191017234307j:plain「シャリバン!」

f:id:hiroban-ch:20191017234344j:plain「クラーッシュ!!!!!」

如何ですか、それっぽく見えましたか?

f:id:hiroban-ch:20191017234909j:plain決して良い出来とはお世辞にも言えない

フィギュアーツ版シャリバンですが、

全身メッキ処理の美しさのおかげなのか、

元デザインの良さなのかどうなのか、

カッコ良く撮影出来たと思います。

f:id:hiroban-ch:20191018000224j:plainこの不出来なシャリバンでこのカッコ良さ

ですから、現在の最新技術で

真骨彫版シャリバンが出てくれたら

どれほどカッコいい物が出来るんだろうと

想像するだけでワクワクします!!!

f:id:hiroban-ch:20191018000537j:plainですのでバンダイさん、

是非ご検討ください。

真骨彫版の宇宙刑事ギャバン、シャリバン、シャイダーの発売を!

ついでにジャスピオン、スピルバン、

メタルダー辺りも是非お願い致します!

f:id:hiroban-ch:20191018000817j:plainと言う事で今回はS.H.フィギュアーツ版

宇宙刑事シャリバンをレビュー致しました。

今回も気合いを入れて熱い記事を

書かせて頂きました。

残るは青いキンキラキン一人ですね~。

いつ登場してくれるのでしょうかね。

恐らく、そう遠く無いうちに

登場してくれる事と思います。

楽しみにしててくださいませ。

次回レビューは恐らくHとMになるかな?

笑う準備をしてお待ちくださいませ。

それでは!!!

 

www.hiroban-ch.com