ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

S.H.Figuarts スパイダーマン[東映TVシリーズ] レビュー

f:id:hiroban-ch:20200904005626j:plain

「私を夜の闇に包め!」

f:id:hiroban-ch:20200904010150j:plain

f:id:hiroban-ch:20200904010949j:plain

・・・・・ん?

あっ!失礼致しました!

作品を間違えてしまいました。

今回はスパイダーマンでしたよね。

皆様ようこそお越しくださいました。

今回ご紹介するアイテムは

S.H.フィギュアーツ スパイダーマン

東映TVシリーズ版です。

f:id:hiroban-ch:20200904225722j:plain

f:id:hiroban-ch:20200904225832j:plain

久しぶりの昭和ヒーローのアーツレビュー

と言う事で、いつも以上にワクワクしながら

記事を書いております。

何やら最近、東映版スパイダーマンが

チョットしたブームになっているとか

いないとか。

f:id:hiroban-ch:20200904225944j:plain

f:id:hiroban-ch:20200904230048j:plain

しかし現にプレバンから2020年8月に

今回ご紹介しているスパイダーマンと

スーパーミニプラのレオパルドンが発売、

2020年9月には過去に発売された超合金魂の

レオパルドンがスパイダーブレスを新たに

付属してリニューアル販売されます。

他にも缶バッジセット、Tシャツ、パーカー、

キーホルダーセット、トートバックと

東映スパイダーマンのグッズがこの時期に

一気に発売されます。

これはただ事では無いですよね〜。

f:id:hiroban-ch:20200904230224j:plain

f:id:hiroban-ch:20200904230337j:plain

明らかに東映スパイダーマンをアピール

しようとする動きがあるようです。

一部噂では2022年に公開予定の

スパイダーバースの続編に

東映スパイダーマンとレオパルドンが登場

するのではないかとの確信的な噂があるので

事前売れ込みをかけていると思えます。

f:id:hiroban-ch:20200904230443j:plain

f:id:hiroban-ch:20200904230657j:plain

理由はどうであれ、リアルタイム直撃世代の

立場からすれば、放送から42年も経過した

2020年の現代に改めて東映スパイダーマンが

脚光を浴びると言う事はファンの一人

としては非常に喜ばしい事です。

f:id:hiroban-ch:20200904230810j:plain

f:id:hiroban-ch:20200904230913j:plain

実際Youtubeやレビューブログサイト等でも

早くもスパイダーマンのアーツやミニプラの

レオパルドンのレビューをされている方々が

結構いらして、確かに何か盛り上がって

来てる事は実感しています。

f:id:hiroban-ch:20200904231056j:plain

f:id:hiroban-ch:20200904231214j:plain

しかし、レビューされてるユーチューバーの

人達は皆さんお若い方が多く、

作品を観た事が無い、あるいは

東映版スパイダーマンの存在すら

知らなかった方もおられて、そう言った

若い方々にも東映スパイダーマンは

画期的な作品だったんだと

認知してもらえている事はファンとして

非常に嬉しい事であります。

f:id:hiroban-ch:20200904231322j:plain

f:id:hiroban-ch:20200904231426j:plain

私もしがないプレバンアイテムの

レビュー系ブロガーの1人ですが、

少年期に東映スパイダーマンを観て育った

直撃世代として、放送を観ていない若い

ユーチューバーさんやブロガーさん達の

レビューには、今回だけは絶対に

負けられないと言う気持ちで、密かな闘争心

を抱きながら、このスパイダーマンの

レビュー作業を行っています。

(あくまで気持ちですから、

負けてたらゴメンナサイ)

f:id:hiroban-ch:20200904231534j:plain

f:id:hiroban-ch:20200904231807j:plain

東映版スパイダーマンは

1978年(昭和53年)5月17日から

1979年(昭和54年)3月14日まで全41話が

放送されました。

キャラクターの権利を持っていた

マーベルコミックス社との契約でお互いが

保有しているキャラクターを好きに

使用しても構わないと言う契約で東映は

スパイダーマンを使用出来る権利を得ます。

ちなみに翌年製作されたバトルフィーバーJ

もこの契約が適応され、バトルフィーバーJ

も東映とマーベルとの提携作品となります。

f:id:hiroban-ch:20200904232027j:plain

f:id:hiroban-ch:20200904232134j:plain

そもそもスパイダーマンとは1962年に

原作者スタン・リー氏によって

生まれたコミックキャラクターです。

その後1967年には本国アメリカで初の

アニメ化がなされ初の実写映像化が

されたのが1977年、アメリカのTVシリーズ

として作られたのが最初でした。

そのわずか半年後に

東映版スパイダーマンが放送されます。

f:id:hiroban-ch:20200904233055j:plain

f:id:hiroban-ch:20200904233236j:plain

ストーリーはピーター・パーカーが

放射線を浴びたクモに刺されてクモの能力を

得ると言う原作のストーリーとは全く

無視した東映独自のいかにも日本特撮らしい

独創的なストーリーが作られました。

f:id:hiroban-ch:20200905002512j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905002647j:plain

主人公はオートレーサーの山城拓也。

拓也はオートレースの練習中に不思議な

テレパシーを感じ取ります。

「兄弟よ、我が兄弟よ、来たれ」

その直後、謎の巨大な飛行物体(マーベラー)

が飛来して地上に激突します。

拓也の父、山城博士は考古学者で

謎の飛行物体の調査に向かいます。

山城博士は近頃、暗躍する組織の存在に

気付いていましたがまさしくその悪の組織

「鉄十字団」に殺されてしまいます。

f:id:hiroban-ch:20200905002814j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905034729j:plain

拓也も謎のテレパシーに導かれ

山へ向かいますが、そこで偶然鉄十字団に

殺される父の死を目撃します。

拓也は父を殺した鉄十字団と格闘しますが

瀕死の重傷を負います。

しかし拓也が洞窟内で眼を覚ますと

怪我は完治しており

そばには一人の男が・・・

彼こそが拓也にテレパシーを送っていた

張本人スパイダー星人のガリアでした。

f:id:hiroban-ch:20200905003002j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905034834j:plain

彼は400年前故郷のスパイダー星を

鉄十字団に滅ぼされ鉄十字団の

モンスター教授が次に目を付けた地球まで

追いかけてきて戦いを挑んだのですが

罠に嵌り、毒蜘蛛の洞窟に

400年もの間、閉じ込められていました。

彼は400年もの間、鉄十字団と戦う事の

出来る同志を

テレパシーで送り続けていたのです。

f:id:hiroban-ch:20200905003201j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905034602j:plain

瀕死の重傷だった拓也をガリアは

スパイダーブレスレットを拓也にはめて、

スパイダーエキスを注入しスパイダーマンの

能力を拓也に与え、拓也は蘇りました。

そして拓也はガリアから鉄十字団への

復讐を託されました。

拓也自身も父を殺された鉄十字団への復讐に

燃え、鉄十字団との戦いを誓うのでした。

f:id:hiroban-ch:20200905003316j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905003406j:plain

と言ったストーリーでした。

東映スパイダーマンが後の特撮界に残した

功績として良く語られるのが主人公が

巨大ロボットに乗り込んで戦うと言う

現在の戦隊ヒーローのベースを

作り上げたのがまさにこのスパイダーマンの

成功があったからでこそと言われています。

その辺りの事はスーパーミニプラの

レオパルドンをレビューする時に改めて

語るとして、そしてもう1つの功績、日本の

スパイダーマンが原作者スタン・リーからも

「世界中でスパイダーマンが作られたが、日本だけは別格だ」

と言わしめた最大の理由は華麗で

スピーディーでキレキレの

スパイダーアクションに有ったと思います。

f:id:hiroban-ch:20200905005533j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905005656j:plain

スパイダーマンのスーツアクターを担当

したのが当時ジャパンアクションクラブ

に所属していた古賀弘文氏。

CGやワイヤーアクションなんて当時は

一般的では無かった為、全てが体1つの

肉体で表現しなければいけなかった時代。

古賀氏のスパイダーマンはアクロバティック

でアクションポーズも切れ味鋭く

スパイダーマンを見事に演じていました。

f:id:hiroban-ch:20200905005754j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905005858j:plain

古賀氏のスパイダーアクションで毎回

カッコ良かったと印象的だったのが

スパイダーマンの名乗り台詞の時の

ポージングでした。

オリジナリティあふれる地を這うような

大股開きのキレキレのポージングは

本当にカッコ良かった。

そして東映スパイダーマンで結構有名なのが

毎回名乗りセリフが変わるんですよね~。

毎回名乗りセリフが変わるヒーローなんて

後にも先にもスパイダーマンだけだと

思いますがその名乗りセリフが凝っていて、

かなりユニークなセリフもあるので

何パターンか再現してみましょうか。

出来るだけカッコ良かった古賀アクションに

近づけて色々ポージングさせてみたので

早速行ってみましょう!

f:id:hiroban-ch:20200905010801j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905010901j:plain

「地獄からの使者」

「スパイダーマン!」

f:id:hiroban-ch:20200905011022j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905011048j:plain

「復讐に命をかける男」

「スパイダーマン!」

f:id:hiroban-ch:20200905011310j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905011333j:plain

「犬笛にむせび泣く男」

「スパイダーマン!」

f:id:hiroban-ch:20200905011554j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905011530j:plain

「少年の勇気に希望を見た男」

「スパイダーマン!」

f:id:hiroban-ch:20200905011832j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905011903j:plain

「少年探偵団の友情を信じる男」

「スパイダーマン!」

f:id:hiroban-ch:20200905012034j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905012054j:plain

「カメラのレンズは真実を見る瞳、曇り無き瞳を信じる男」

「スパイダーマン!」

f:id:hiroban-ch:20200905012332j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905012401j:plain

「爆弾魔を退治しに来た男」

「スパイダーマン!」

f:id:hiroban-ch:20200905012552j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905012620j:plain

「家無き子供の為に涙を流す男」

「スパイダーマン!」

f:id:hiroban-ch:20200905012809j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905012831j:plain

「悪のカラクリを粉砕する男」

「スパイダーマン!」

f:id:hiroban-ch:20200905013010j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905013030j:plain

「亡き兄に復讐を誓う兄弟に心打たれる男」

「スパイダーマン!」

f:id:hiroban-ch:20200905013304j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905013329j:plain

「100メートル先に落ちた針の音をも聴き取る男」

「スパイダーマン!」

f:id:hiroban-ch:20200905013614j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905013548j:plain

「冷血動物、マシーン・ベム殺し」

「スパイダーマン!」

f:id:hiroban-ch:20200905013846j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905013758j:plain

「母と子の愛の絆を守る男」

「スパイダーマン!」

f:id:hiroban-ch:20200905014055j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905014123j:plain

「モンスター退治の専門家」

「スパイダーマン!」

f:id:hiroban-ch:20200905014322j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905014347j:plain

「親の心、子の心、大切な心を守る」

「スパイダーマン!」

f:id:hiroban-ch:20200905014603j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905014626j:plain

「格闘技、世界チャンピオン」

「スパイダーマン!」

f:id:hiroban-ch:20200905014747j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905014809j:plain

そして最後に

「鉄十字キラー」

「スパイダーマン!」

f:id:hiroban-ch:20200905015228j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905015504j:plain

如何でしたでしょうか。

全ての名乗り台詞をご紹介は

出来ませんでしたが

ユニークなのも有ったでしょ。

個人的には

「冷血動物、マシーン・ベム殺し」

が笑いました。

そして主人公、山城拓也を演じられた

香川浩介氏の声がカッコ良かったから

名乗り台詞が凄く決まってる!

そこに古賀アクションがさらに決まるので

登場名乗りシーンは本家マーベルも唸らせ

られたのではないでしょうかね。

f:id:hiroban-ch:20200905020235j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905020423j:plain

1978年当時、私は8歳で最初雑誌で

スパイダーマンを見た時には

「全身タイツの変な姿やな~」と言う印象を

テレビマガジン等のスチール写真等を見て

思った事を覚えいます。

当時幼かった私はスパイダーマンの姿を

見るのは東映版が初めてだったので第一印象

は変な姿のヒーローと言う印象でした。

しかし、いざ放送がスタートして動く

スパイダーマンを見ると

思いが一変しました。

f:id:hiroban-ch:20200905035103j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905035241j:plain

スパイダーマンの何とも華麗で

ダイナミックなアクションに

どんどん魅了され、あれだけ変だと

思っていたスパイダーマンの見た目が

どんどんカッコ良く見えてきました。

そんな東映版スパイダーマンをカッコ良く

思っていた頃、アメリカ版のTVシリーズ

だったか、それの劇場版だったか

とにかくアメリカ版の放送がやっていて

見た時の衝撃は

今でも忘れられません。(悪い意味で)

ちょっと外観を見て頂きましょうか・・・

覚悟はよろしいでしょうか?

f:id:hiroban-ch:20200905021252j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905021306j:plain

!!!

何じゃこの顔!、この違和感ありありの眼。

どう言うセンスなんでしょうか、コレ。

正直、気持ち悪いレベルですよ。

体型もボデッとしてるし。

スパイダーアクションも東映版の

古賀アクションとは比べるべくも無い

素人アクションだったと思います。

スパイダーマン独特の壁上り等の特撮は

ちょっと覚えていませんが日本人で

良かったと子供心に思いましたよ(笑)

f:id:hiroban-ch:20200905022037j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905022125j:plain

東映版スパイダーマンも1978年の古い作品

ですからスーツの洗練さは2002年

公開されたハリウッド版スパイダーマン

以降の作品とは比較になりませんが

東映版独特の細いツリ眼は

個人的にはかなり好きです。

f:id:hiroban-ch:20200905022636j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905022716j:plain

ではそろそろアーツレビュー行きましょう。

S.H.フィギュアーツ

スパイダーマン[東映TVシリーズ]

発売日は2020年8月8日、

価格は税込み7150円で

一般店頭販売商品です。

レビュー写真のスパイダーマンは

薄く墨入れをしております。

f:id:hiroban-ch:20200905023226j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905023310j:plain

このアーツを語るポイントは主に2点。

1つは可動。

もう1つはこだわりです。

可動に関してはとにかく良く動く。

デザイン的に可動範囲を妨げる物がほぼ無い

アーツの素体のような物ですから

可動域が広いのは当然です。

ま~でもそれにしても良く動きます。

f:id:hiroban-ch:20200905023834j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905023903j:plain

東映版スパイダーマン独特の大開脚

決めポーズも難なく決まります。

そしてもう1つのポイント[こだわり]が凄い。

まず、頭部が3種類付属しているのですが

違いが非常に感じられにくい。

違いを見ていただきましょう。

まずはコレ↓ Aとしましょう。

f:id:hiroban-ch:20200905024516j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905024546j:plain

次はコレ↓ Bとしましょう。

f:id:hiroban-ch:20200905024811j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905024841j:plain

最後はコレ↓ Cとしましょう。

f:id:hiroban-ch:20200905024705j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905024733j:plain

どうですか、Cだけは他のABと比較して

違いが判りやすいと思いますが

AとBの違いが判りますか?

Aは左右の眼の位置が揃っているんですが、

Bは左右の眼の先端がズレているんですよね。

これは東映スパイダーマンの比較的有名な

所なんですがそれをしっかり

再現してくれているのはやはり嬉しい。

と言う事で個人的にこれぞ東映版だ!と

思えるのはBですかね。

Cに関しては、こんな顔実際に有ったかな?

て位覚えの無い顔です。

f:id:hiroban-ch:20200905025652j:plain

さて次、足のこだわりが凄い!

アップ用やスチール撮影時には当然上の

写真のような感じですが、いざ撮影が始まり

激しいアクションをする時は・・・

f:id:hiroban-ch:20200905025625j:plain

何と学校で履いていた上履きを履いて

撮影していたんですよね~、

赤く塗っただけの上履きを。

これをしっかりと再現してくれているのは

やはり嬉しい。

f:id:hiroban-ch:20200905030156j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905030235j:plain

スパイダーブレスレットの作りこみが凄い。

東映版スパイダーマンの一番の

アイデンティティと言えるのがこの

スパイダーブレスレットなので、しっかり

作りこんであって、塗装も細かく塗り分け

られていてファンも納得の出来です。

f:id:hiroban-ch:20200905030810j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905030850j:plain

次にスーツの表現力が凄い。

スパイダーマンのスーツは薄いタイツ生地の

為、細かいシワが入り易い特徴をしっかり

捉え少々大げさな程、シワが入っています。

さらに背中のクモマーク(ダニに見えます)

の上の赤と青の境目にはチャックが

隠れていて、毎回スパイダーマンへの

変身シーンではここのチャックを閉める

シーンが写りますが、そのたるみをしっかり

再現してるのも、こだわりを感じます。

f:id:hiroban-ch:20200905031544j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905031628j:plain

スパイダーブレスレットから出す

「スパイダーストリングス」を実際の撮影と

同様に細いロープ状の造型で

再現されているのがリアルです。

f:id:hiroban-ch:20200905031931j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905032005j:plain

非常にこだわりを感じたアーツ版の

東映スパイダーマンですが

欠点的な所と言うと肩と腕を繋ぐ

関節が硬くて、腕を回すとギシギシ

鈍い音を立てて折れそうな程硬いです。

これはどうも個体差では無く、既にレビュー

されている方々も皆仰っているので殆どか

全ての商品で起きているのでしょう。

f:id:hiroban-ch:20200905032558j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905032625j:plain

それと一つ目のポイントとして挙げた

可動範囲ですが、非常に良く動くのは

確かなんですが、それでも実際の古賀氏の

スパイダーアクションを100%再現出来るか

と言えば再現しきれないポージングも

有ったんですよね。

それだけ古賀アクションが凄かったと言う事

なんでしょうけど、可動域に関しては正直

もうチョットだけ頑張ってほしかった。

f:id:hiroban-ch:20200905033219j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905033627j:plain

一応最後にこれだけはやっておきましょう。

「ハハハハハ!」

「すり替えておいたのさ!」

f:id:hiroban-ch:20200905040158j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905040311j:plain

そうそう、言い忘れていましたが

東映スパイダーマンと言えば

主題歌も凄く名曲ですよね。

オープニング「駆けろ!スパイダーマン」と

エンディング「誓いのバラード」

特に誓いのバラードは滅茶苦茶好きで、

当時レコードを買いましたよ。

ちょっと次の雑談ネタを思いつきました。

実は昭和ヒーローって名曲エンディングが

結構あるんですよね。

次回雑談で昭和ヒーローの名曲エンディング

TOP5とかやってみましょうかね。

あくまで私個人のランキングですけど。

皆さんも想像してみてください。

どんな曲がランクインするのか。

f:id:hiroban-ch:20200905033819j:plain

f:id:hiroban-ch:20200905033851j:plain

と言う事で今回はS.H.フィギュアーツ

スパイダーマン[東映TVシリーズ]を

レビューさせて頂きました。

上のレオパルドンは既に所有している

超合金魂のレオパルドンですが

スーパーミニプラのレオパルドンも先日

到着したのでなるべく早く組み立てて余韻が

冷めないうちにレビューしたいな~と

思っております。

ご期待くださいませ。

次回雑談の昭和ヒーローの名曲エンディング

TOP5も是非お楽しみに!

それではまた!!!