ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

S.H.Figuarts 真骨彫製法 仮面ライダー新一号 レビュー

f:id:hiroban-ch:20191231224344j:plain

今回紹介するのは

2017年12月16日に発売された

真骨彫製法 仮面ライダー新一号です。

仮面ライダーの長い歴史の原点、

一号ライダーです。

f:id:hiroban-ch:20190526173023j:plain

放送がスタートしたのが

1971年4月3日ですので

生誕50年も目前に迫っている、

ウルトラマンと並ぶ

2大特撮ヒーローですね。

この「仮面ライダー」と言う作品、

何故今日のジオウまでの

長いシリーズとなって

続く事になったのか・・・

きっかけになったと言われているのが

ご存知の方も多いと思いますが、

第9話撮影中の藤岡弘さんの撮影中の

バイク事故があったからとも

言われていますね。

f:id:hiroban-ch:20190526174052j:plain

藤岡さんは全治3ヶ月以上の重症に遭われ、

急遽別のライダーを作るしか無いと言う

ドタバタの中2号ライダーが登場したと言う

経緯があります。

藤岡弘さんは病院のベッドで仮面ライダー

第1話の放送をご覧になったそうです。

f:id:hiroban-ch:20190526174715j:plain

仮面ライダー全98話の撮影現場は

藤岡さんの怪我の回復に合わせて

1号2号の交代劇を繰り返す事になるのですが

それが幸か不幸か視聴率UPの要因となり、

仮面ライダー」はお化け番組となって、

後のV3以降のシリーズへ

どんどん続いていく事になるんですね。

f:id:hiroban-ch:20190526175250j:plain

今回紹介する真骨彫の新一号は

第53話から登場する

グローブとブーツがシルバーになり

腕と足サイドにシルバーの2本線が

特徴となった仮面ライダー新一号です。

f:id:hiroban-ch:20191231224459j:plain

新一号の中でも初期と後期に

大きく分類する事が出来、

初期はマスクが薄緑で口元の

クラッシャー部分が少し大きめで

エラが少し出っ張ってる感じ、

後期のマスクの色は殆どシルバーで

微妙に青みがかっている程度、

エラもほとんど無く顔が幾分小さく

見えるようになっていました。

f:id:hiroban-ch:20190526180029j:plain

恐らく真骨彫版の新一号は

初期のバージョンを

イメージして作られた物だと想像します。

マスクは緑が強く出てるし、

エラもありますからね。

f:id:hiroban-ch:20190526180334j:plain

前置きが長くなりましたが真骨彫版の

新一号のレビューをしたいと思います。

昭和ライダーの真骨彫第一弾として

登場した訳ですが個人的に

大変良く出来ていると思うのですが、

先日レビューしたアマゾンと同様に世間では

色々と不満も上がっているようです。

f:id:hiroban-ch:20190526180722j:plain

聞かれる不満の声としては

●スタイルが太い。

●顔が大きい。

●可動範囲が狭い。

大きくこの3点でしょうかね。

自分も関係者では無いので

偉そうな事は言えませんが

「スタイルが太い」点と「顔が大きい」

点は不満に思われている多くの方が

誤解されている気がしています。

f:id:hiroban-ch:20190526181119j:plain

昭和ライダー、特にストロンガーまでの

マスクは頭から被る設計だった為に

マスクは非常に大きかったのです。

今主流の前後装着タイプだと

小さく設計出来ますが。

ですので頭が大きいのも正しい解釈ですし、

スタイルも巣立ちの状態だと一見太い?

と錯覚しますが、

アクションポーズをとらせると

適正なスタイルだと気付きます。

f:id:hiroban-ch:20190526182218j:plain

但し、可動範囲に関して特に

下半身は狭めです。

あと胸のコンバーターラングが邪魔をして

せっかくの一号の変身ポーズも

とらせるのに苦労します。

f:id:hiroban-ch:20190526182804j:plain

写真をご覧頂くと分かりますが、

跳ね上げた左腕が胸の前に持って来る事が

出来ないので

腕は45度程前に上げるしかなく、

体をひねって顔を正面に戻して

変身ポーズ風に無理やり

見せている感じです。

可動範囲は確かにちょっと狭いですね。

f:id:hiroban-ch:20190526183234j:plain

ま~しかし真骨彫としてのこだわりは

凄く感じますしクローブやブーツ、

体の2本ラインの線に至るまで

実物を極限まで近づけて

ディテーリングされていますし

通常アーツと違って原型を1体1体作りこむ

真骨彫のこだわりを十分に感じます。

f:id:hiroban-ch:20190526183833j:plain

個人的にはこの真骨彫の新一号は

昭和ライダー世代の私が

十分に満足出来る一品です。

でも正直申しまして、新一号は後期の方が

個人的に好きなんですけどね。

 

f:id:hiroban-ch:20190526184417j:plain

ちなみに写真のライダーキックは

昭和っぽくワザと不細工ぎみに

とらせてありますので

キックのポーズがカッコ良くないと

クレームを入れないでくださいませ(笑)

わざとですから・・・

f:id:hiroban-ch:20190526184757j:plain

写真にも写っていますが、真骨彫 新二号も

スタンバっていますし、桜島一号も・・・

先日アマゾンをご紹介したばかりなので

ちょっと昭和ライダーのご紹介するペースが

早いかな~と思ったのですが、

写真のストックの兼ね合い等の

裏事情がございまして・・・

f:id:hiroban-ch:20190526185242j:plain

これからどんどん平成ライダーのアーツも

紹介していきますので

楽しみにしていて下さいませ。

と言っても殆どのアーツが

平成ライダーですから当然ですね。

それではまた次回ご覧頂けたら

めっちゃ嬉しいで~す。

それでは!!!