ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

ロボット魂 オーラバトラー バストール レビュー

f:id:hiroban-ch:20191128230112j:plain

「ガラリア、一緒に

バイストン・ウェルへ帰ろう!」

今回ご紹介するのは

ロボット魂 聖戦士ダンバインから

オーラバトラー バストールです。

プレミアムバンダイ予約限定商品で

発売は2019年10月16日発送です。

価格は税込み9350円です。

f:id:hiroban-ch:20191130000236j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130000333j:plain

2012年7月のビルバインからロボット魂の

オーラバトラーシリーズの発売が

開始されて2019年10月のバストール発売で

テレビシリーズに登場したオーラバトラー

残す所、あとゲト1体となりました。

f:id:hiroban-ch:20191130000556j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130000641j:plain

最後に残ったのがゲドとは何だか

非常に悲しい思いがします。

まだ真打ちとしてズワースやビアレスが

残っていたなら早く発売して欲しい待望論

とかが多数起こるんでしょうが

最後に残ったのがゲドとは…

f:id:hiroban-ch:20191130000801j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130000828j:plain

しかし私個人的にはゲドは案外好きな

デザインのオーラバトラーですし、

テレビシリーズのオーラバトラー

コンプリートしたいので、発売したら

必ず購入します。

今回の主役はゲドでは無く

バストールですのでバストールを熱く

語って行けたらと思っています。

f:id:hiroban-ch:20191130000935j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130001028j:plain

バストールの初登場は第14話の

「エルフ城攻略戦」でドレイク軍の女戦士

ガラリア・ニャムヒーの専用機として

ショット・ウェポン、ゼット・ライトが

開発した機体です。

ガラリアは同じドレイク軍のエース騎士

バーン・バニングスに異常な程の

ライバル心が有り、バーンがどんどん

オーラバトラーを使って戦果を挙げる中、

自分はオーラバトラーを操れるほどの

オーラ力も無く、せいぜいオーラボム・ドロ

に乗り戦闘の指揮をするだけと言う

焦りがありました。

f:id:hiroban-ch:20191130001204j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130001318j:plain

しかし、ガラリアの闘争心溢れる性格、

ショットによる野望、ガラリアとゼットの

男女の仲等、色々な要因が合致して

ガラリアの為の専用機バストールが

開発されます。

f:id:hiroban-ch:20191130001409j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130001533j:plain

ビランビーに初めて搭載された

オーラ増幅器はさらに進化して、

ガラリアの比較的弱いオーラ力でも

最大限オーラバトラーの性能が発揮

出来るようにチューニングが進みました。

f:id:hiroban-ch:20191130001435j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130001726j:plain

その性能は素晴らしく、特に機動性は

これまでの他のオーラバトラーを圧倒し、

エルフ城攻めの初飛行でガラリアは

「このスピード、このパワー、バラウで

運ばれれるビランビーの比では無いわ!」

と、バーンのビランビーを見下し、

バストールの性能を絶賛します。

f:id:hiroban-ch:20191130001807j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130001841j:plain

そしてダンバイン戦ではオーラバトラー

性能差は歴然、バストールの圧倒的な性能に

ショウのダンバインは苦戦します。

但し、ショウのオーラ力はバストールと

互角に戦える程、強力に成長していた為、

2機は幾度の戦いで激しくぶつかり合い、

激しい戦闘で増大したオーラ力が暴走し、

突然変異でオーラロードが開いてしまい、

ついにダンバインとバストールは

地上に飛び出してしまいます。

f:id:hiroban-ch:20191130002016j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130002107j:plain
ショウのダンバインは東京 吉祥寺の

自宅に浮上し、地上に帰ってこれた事を

喜ぶ間も無く、地上の人々は

巨大なダンバインの姿に驚き

ダンバインから出て来たショウを

異星人扱いし、地上人のショウ・ザマだと

誰も認めてくれません。

f:id:hiroban-ch:20191130002353j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130002436j:plain
一方のガラリアは突然現れた地上の景色に

驚き戸惑い、警戒して周囲を飛び交う

地上の軍の戦闘機に敵意を感じ、

バストールのオーラランチャーで

戦闘機を撃墜してしまいます。

地上と敵対関係になってしまった

ガラリアのバストール。

f:id:hiroban-ch:20191130002533j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130002614j:plain
ダンバインのショウは地上人と戦っては

いけないとガラリアを説得するが

ガラリアは

「貴様が地上人ならここは敵地だ」

と言って片っ端から戦闘機を攻撃し、

地上の都市まで攻撃します。

しかしガラリアは仲間の居ない孤独な中

地上人から逃げ回っている現実に絶望を

感じていました。

f:id:hiroban-ch:20191130002842j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130002919j:plain
ショウはショウで両親を軍隊に身柄拘束され

両親の命と引き換えにバストールを

拘束しろと要求されます。

絶望感の中でショウは自分を異星人だと

軍に告げ、その人達と自分とは無関係だと

言って両親を救い、絶縁を決意しました。

再びガラリアはダンバインを見つけると

攻撃を再開させます。

ショウは地上で戦ってはいけないと

何度も説得しますが、

ガラリアは聞き入れません。

そこでショウはガラリアに提案をします。

f:id:hiroban-ch:20191130003133j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130003208j:plain
「ガラリア、一緒にバイストン・ウェル

帰らないか?」

ガラリアは帰れる筈がないと言って

聞き入れませんでしたが、

ダンバインとバストールのオーラ力が

ぶつかり合って地上に出て来たんだから

もう一度同じオーラ力を出せば必ずまた

オーラロードが開く筈だと言うショウの

懸命な説得にガラリアも同意します。

f:id:hiroban-ch:20191130004427j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130004544j:plain
「ガラリア、一緒に

バイストン・ウェルへ帰ろう」

「了解したショウ・ザマ」

2機は空高く飛んだ後、バイストン・ウェルに向けて急降下、お互いの手を握り

オーラ力を最大限増幅させます。

その時、ガラリアのバストールに異変が…

f:id:hiroban-ch:20191130005035j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130005115j:plain
「ガラリア!、無理だ!」

「このままいけ、私は必ず

バイストン・ウェルへ帰る、その時こそ

雌雄を決するぞショウ!・・・」

バイストン・ウェルが・・・

見えたぁ・・・・・・うわぁー!!!!!」

「ガラリアッー!!!!!」

バストールは増幅したオーラ力を

支える事が出来ず燃え尽きてしまい、

海の中へ消えてしまいました。

f:id:hiroban-ch:20191130005234j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130005315j:plain
ガラリアが死んでしまい、地上に

取り残されたショウとダンバイン

(※チャムもいましたけど。)

・・・と、バストールが活躍した

エピソードを振り返ってみました。

14話「エルフ城攻略戦」

15話「フラオン動かず」

16話「東京上空」

17話「地上人たち」

18話「閃光のガラリア」

ガラリアとバストールが活躍した

14話から18話は聖戦士ダンバインの中でも

特に印象深いエピソードでガラリアの

悲しい最後を描いた、またガラリアも

オーラマシン=ショット・ウェポンの

被害者なんだと感じさせるエピソードです。

f:id:hiroban-ch:20191130005519j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130005625j:plain

もし、ガラリアがバイストン・ウェル

帰れていたならショウとはどのような

関係になっていたのか。

これまでのように、ただ敵同士で

憎み合ってるだけの関係では決して

無かっただろうと私は思っています。

f:id:hiroban-ch:20191130005734j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130005835j:plain

さて、そろそろロボット魂版の

バストールを見ていきましょう。

このヒロバンチャンネル内で

オーラバトラーをレビューするのは

今回のバストールで3回目になります。

これまで、ダンバインとドラムロを

レビューしましたが、本当はテレビの

登場順に次はダーナ・オシーをレビュー

したかったのですが、ここに来て

バストールが発売したもんですから

やはり新商品は旬の内にレビューしなければ

と言うセオリーに従い、ダーナ・オシー

ビランビー、ボゾンの順番を飛ばして

今回バストールをレビューしています。

f:id:hiroban-ch:20191130005941j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130011147j:plain
バストールのデザインモチーフは

蜂かカマキリと言った所でしょうか。

バストールは設定上、

テレビ版オーラバトラー

最も全高が高く、9.4メット有ります。

メットとはバイストンウェルでの

長さの単位で1メット1メートルと

考えればいいでしょう。

ちなみにダンバインは6.9メット。

ですのでロボット魂でもダンバイン

バストールを比較するとボリューム感が

全然違います。

すみません、比較写真を撮り忘れました。

f:id:hiroban-ch:20191130010030j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130021706j:plain

ビルバインは8.8メットでバストールの次に

全高が高いのがビランビーの9.2メットです。

逆に一番小さいのがゲドの6.7メットです。

1983年ダンバイン放送当時に発売された

オーラバトラーのプラモデルは

総じて出来が悪く

ダンバインビランビー、レプラカーン

辺りは最悪中の最悪で、

ボックスアートはどれも素晴らしく

カッコいいのに組み立てたプラモは

残念な物が本当に多かった中、バストールの

プラモは当時としては設定画のイメージに

近くて1984年のバンダイプラモデルの

何とベストプロポーション賞を

受賞しました。

その素晴らしいキットがコレです↓

f:id:hiroban-ch:20191129232653j:plain

・・・・・・・・・・・・う~ん。

今見ると突っ込み所満載の

プロポーションですが

当時はこれでも出来が良かったのです。

私も当時キットを作りましたが

改修した箇所と言えば、

短く太い触角と半透明な羽を

透明プラ板で作り直した位だったかな。

それから約35年の時を経て、発売となった

ロボット魂版のバストールです。

出来が悪い筈がありません。

f:id:hiroban-ch:20191130010122j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130013042j:plain

プロポーションが凄まじく

洗練されているのは当然として

各部ディテールのリアリティ、

可動範囲の広さときたら

当時のプラモと比較しても、

もはや無意味です。

2012年以降発売された初期のロボット魂版の

オーラバトラーと比較しても確実に

進化しているのが判ります。 

f:id:hiroban-ch:20191130012842j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130012916j:plain
一番進化を感じるのが各関節の保持力です。

初期のオーラバトラーは関節が

フニャフニャで特に腰と股関節が緩く

酷ければまともに立たせる事も困難な物も

ありましたが、バストールは関節保持力が

しっかりしているので

ポーズをとらせてもしっかりとポーズを

維持してくれます。 

f:id:hiroban-ch:20191130013013j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130011341j:plain
コックピットは当然開閉出来るし

オーラランチャーは両腕用に2基付属、

有り難いのが頭の触覚が破損しても

予備でもう1パーツ付属しています。

これは実に親切です。

1つだけこうだったらな~と感じた点は

足の爪が設定画だともっと大きく

描かれているのでもうひとまわり程度

巨大でも良かったかな~と感じました。

f:id:hiroban-ch:20191130014016j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130014059j:plain

そうは言っても現代最高のバストールに

違いはありません。

9350円は決して安くは無い価格ですが

存在感、迫力、完成度を考えれば

決して高くは無いと思えます。

f:id:hiroban-ch:20191130014546j:plain

f:id:hiroban-ch:20191130014614j:plain

さて今回はロボット魂 オーラバトラー

バストールをレビューさせて頂きました。

聖戦士ダンバインのドラマ中で一番

印象的に暴れまくった敵の機体と

言ってもいい程個人的にも思い出深い

オーラバトラーでしたので

今回も熱く語ってしまいました。

さて次回は・・・何も考えていません。

f:id:hiroban-ch:20191130021803j:plain

今週の休みはあまり時間が無いので

撮影時間の短く済む物を

(武器が少なく付け替えアイテムの少ない)

選ばせて頂こうと思います。

でも手抜きはしませんのでご心配無く(笑)

それではまた!!!