ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

DX超合金魂 VOLT IN BOX 超電磁マシーン ボルテスV レビュー 前編

f:id:hiroban-ch:20210116183314j:plain

「Vトゥギャザー!」

「レッツ!ボルト!イ~ン!」

皆様、ようこそお越しくださいました。

そして今回の更新をお待ち頂いていた皆様、

大変お待たせ致しました。

ようやくコイツをレビュー出来るまでに

たどり着く事が出来ました。

今回レビューするアイテムは

「DX超合金魂 VOLT IN BOX 超電磁マシーン ボルテスV」です。

f:id:hiroban-ch:20210502181018j:plain

いつもの私のレビューですと写真と記事だけ

の構成ですが、今回のボルテスに関しては

写真と記事だけでは伝わらない音声ギミック

がふんだんに搭載されていたり、

変形ギミックやビックリギミックも有るので

所々で動画が観れるようにしています。

宜しければ合わせてご覧下さい。

f:id:hiroban-ch:20210115230830j:plain

これまでヒロバン チャンネルで

レビューしてきたアイテムの中でも

最も高額で最も内容が濃く、

最も巨大なアイテムです。

どれくらい巨大かと言いますと

送られてきた輸送箱が・・・

f:id:hiroban-ch:20210519231227j:plain

コレもんです!

まだレビュー前ですがフィギュアーツの

イズと比べてこの位巨大ですが、

専用輸送箱なので宅配業者さんに何を

購入したのかが丸分かりで、受け取りが

少し恥ずかしかったです・・・。

大きさがピンと来ない方は、

ちょっと大きめのデスクトップPCを買うと、

大体コレ位の箱で送られてきますかね。

ま~とにかく大きいんですよ。

そして中身を取り出すと・・・

f:id:hiroban-ch:20210519231302j:plain

↑こんなデザインの箱が出てきました!

この箱!おぼろに見覚えが有ります!

1977年放送当時発売され憧れの的だった

初代ボルト・イン・ボックスにそっくりだ!

どんな箱だったか調べてみると・・・

f:id:hiroban-ch:20210502181132j:plain

うわっ!そうそうこの箱!↑

やっぱソックリや!

て事で最新ボルト・イン・ボックスの箱は

初代の完全オマージュで、もうそれだけでも

直撃世代のオヤジにとっては最高です!!!

f:id:hiroban-ch:20210519231327j:plain

ちなみに箱裏はこんな感じ。↑

そして箱を開けると・・・

f:id:hiroban-ch:20210519231553j:plain

こうなっています。↑

DX超合金と言えばやっぱコレですよね。

昔、私が子供の頃は DX超合金なんて

買ってもらえなかったから近所のおもちゃ屋

に行くとこんな感じで中身を見せて

商品が飾ってあって、ほんと憧れでしたよ。

本体が入っている発砲スチロールを取ると

f:id:hiroban-ch:20210519231718j:plain

↑その下にはブリスターがぎっしり。

写真では分かりにくいですが

ブリスターは全部で4つ。

内容はボルテスの基地、ビッグファルコンを

モチーフにしたディスプレイ台と

武器や手首パーツがギッシリ。

ディスプレイを組んで5台の

ボルトマシンを飾ると・・・

f:id:hiroban-ch:20210502181314j:plain

こうなります!↑

まさしくビッグファルコンをイメージした

台にボルトマシンを格好良く飾れます。

1号機ボルトクルーザーの背後を見ると

f:id:hiroban-ch:20210502181337j:plain

 ↑それぞれのボルトマシンにセット出来る

独立したコックピットカプセルが有って

まさしくこれからマシンに乗り込むような

シーンを連想させる飾りつけが出来ます。

f:id:hiroban-ch:20210502181405j:plain

そして台には5つのボタンが付いています。

台には電池がセット出来てボタンを押すと

5種類の音楽を聴く事が出来ます。

1番に入っている曲は

●主題歌「ボルテスVの歌」[TVサイズ]

https://streamable.com/yqle3a

2番に入っている曲は

●BGM「ボアザン軍総攻撃開始」

https://streamable.com/lx8d0v

3番に入っている曲は

●BGM「レッツ・ボルト・イン」

https://streamable.com/ve1vhs

4番に入っている曲は

●BGM「ボルテス絶対絶命」

https://streamable.com/qaorgw

5番に入っている曲は

●BGM「必殺!天空剣Vの字切り」

https://streamable.com/cdmwti

f:id:hiroban-ch:20210502181430j:plain

それではメインとなる5台のボルトマシンを

見ていく事にいたしましょう。

5台並べると何とも贅沢な気分になります。

f:id:hiroban-ch:20210502181450j:plain

f:id:hiroban-ch:20210502181507j:plain

ボルトマシン1台1台が超精密で大きい。

しかもギミックもそれぞれに凝っていて

少しビックリするギミックの機体もあり

さすがはDX超合金魂です。

f:id:hiroban-ch:20210502181524j:plain

5人のパイロットが乗っている

コックピットカプセルは当然

各ボルトマシンに収納する事が出来ます。

では1台づつボルトマシンを

見ていく事に致しましょう。

f:id:hiroban-ch:20210112230404j:plain

●1号機[ボルトクルーザー]

合体してボルテスVの頭部となります。

搭乗者は剛三兄弟の長男、健一。

戦闘機型のボルトマシンです。

f:id:hiroban-ch:20210112230843j:plain

f:id:hiroban-ch:20210113001130j:plain

DX超合金魂版全てのボルトマシンに言える

事ですがさすが最新フォーマットだけあって

機体のシルエットが

凄く美しく形に妥協がありません。

f:id:hiroban-ch:20210502181559j:plain

f:id:hiroban-ch:20210112231601j:plain

ボルトクルーザーのギミックとしては

●コックピットカプセル収納

https://streamable.com/69as53

●ランディングギア収納

https://streamable.com/zs3ota

●ボルテスへの合体準備変形及び音声ギミック&ボルテスのカメラアイ発光

https://streamable.com/jq4sr1

f:id:hiroban-ch:20210112233043j:plain

f:id:hiroban-ch:20210112233104j:plain

さらにはクルーカッターとクルーブーメラン

への付け替えが可能です。↑

ボルトクルーザーと言えば放送当時から

個人的に抱いていた違和感があります。

いわゆる二次元のウソと言う奴です。

変形シーンからの抜粋ですが

変形前のデザインがコレです↓

f:id:hiroban-ch:20210112233634j:plain

次のカットでこれが映ります↓

f:id:hiroban-ch:20210112233745j:plain

ボルテスの赤いヘルメット部分が、

ボルトクルーザー時には赤いヘルメット部分

が白い耳の部分の真ん中辺りから切れており

帽子状の形なのに対し、変形後は耳から下も

赤い部分で覆われており、ヘルメット状に

しれ~っと変わっています。

f:id:hiroban-ch:20210112234335j:plain

f:id:hiroban-ch:20210112234540j:plain

ボルテスV放送当時、私は7歳の小学校

1、2年生でしたが毎週、合体の映像を

見ながら不思議で仕方ありませんでした。

当然三次元でコレを立体化すると矛盾が

生じてくる訳で当時発売された

ボルトインボックス、ポピニカの

ボルトクルーザーも・・・↓

f:id:hiroban-ch:20210112235539j:plain

2006年に発売された超合金魂版も↓

f:id:hiroban-ch:20210112235442j:plain

今回の最新フォーマットである

DX超合金魂版をもってしても↓

f:id:hiroban-ch:20210502181712j:plain

このデザイン上のウソには

勝てなかったようです。

正直言ってパーツの付け替えでもしない限り

変形ギミックだけでこのデザインのウソを

克服するのは絶対に不可能なのは

理解しているんですが、それでも

DX超合金魂版が出ると言う事が

分かってから個人的に変形前・変形後の

デザインのウソをどう処理してくるのか

少し楽しみではあったんですが、

登場した製品を見たらこれまでの製品と

基本的に同じ、変形後の

ヘルメット頭を優先していましたね。

f:id:hiroban-ch:20210113000855j:plain

f:id:hiroban-ch:20210113001015j:plain

f:id:hiroban-ch:20210113001446j:plainま~ボルテス頭を優先するのは

当然なんですけど、何か凄い

ビックリギミックを使って設定画通りの

ボルトクルーザーを再現してくれる事に

淡い期待をしていました。

期待は適いませんでしたが、その替わり

形の凄く綺麗な十分納得の

ボルトクルーザーを作ってくれました。

f:id:hiroban-ch:20210113001621j:plain

●2号機[ボルトボンバー]

合体してボルテスの腕部となります。

搭乗者は峰一平。

重爆撃機型のボルトマシンです。

f:id:hiroban-ch:20210113002132j:plain

f:id:hiroban-ch:20210113002247j:plain

ボルトボンバーのギミックとしては

●コックピットカプセル収納

https://streamable.com/ggyqav

●ランディングギア収納

https://streamable.com/ln5k7w

●ボルテスへの合体準備変形

https://streamable.com/igk3zt

f:id:hiroban-ch:20210503174913j:plain

f:id:hiroban-ch:20210503174932j:plain

f:id:hiroban-ch:20210503175009j:plain

このボルトボンバーのデザイン上の特徴は

コックピットのある真ん中のブロックと

それを挟み込む両腕のブロック、

合計3つのブロックから構成されている点

だと思いますが、今回のDX超合金魂版は

これまでの立体化されてきた商品の中で、

もっとも設定通りの一体感があります。

f:id:hiroban-ch:20210113004325j:plain

f:id:hiroban-ch:20210113004405j:plain

放送当時のポピニカ版は↓

f:id:hiroban-ch:20210113005109j:plain

当時の古い設計なので仕方ありませんが、

とても爆撃機としての一体感がありません。

両腕が少ししかコックピット側に

縮まないので変形と言っても殆ど

形は変わっていないですね。

飛行機を連想させる為に設定に無い

ウィング状の余剰パーツが付いていますが、

これが無ければ

飛行物体と言うイメージは無く、

単なる腕パーツと言った感じです。

f:id:hiroban-ch:20210113010219j:plain

時代は進み、2006年超合金魂版は

さすがにかなり良くなりましたが、

ただ塊感としては、もう一息って所です。

f:id:hiroban-ch:20210113010435j:plain

f:id:hiroban-ch:20210113010932j:plain

f:id:hiroban-ch:20210113011421j:plain

やはりDX超合金版は塊感が素晴らしく、

そして変形に関しての腕の伸縮ギミックが

良く考えられています。

赤いウィングも付け替え無しで設定通りに

腕に押し込んだら

後方からニョキっと出てくる仕様です。

f:id:hiroban-ch:20210513225846j:plain

f:id:hiroban-ch:20210115232201j:plain

腕の中には五指全てが関節可動する

手首パーツが収められている点も凄い。

f:id:hiroban-ch:20210115232550j:plain

ただ少し残念な点としては収まっている

手首パーツを隠すシャッターパーツが

今回のボルテスで変形の際に出る唯一の

余剰パーツと言う点が非常に惜しい!

ちなみにこのボルトボンバーには

音声ギミックはありません。

f:id:hiroban-ch:20210113011551j:plain

●三号機[ボルトパンザー]

合体してボルテスの胸部になります。

搭乗者は剛三兄弟の次男、大次郎。

重戦車型のボルトマシンです。

f:id:hiroban-ch:20210113012101j:plain

f:id:hiroban-ch:20210113012143j:plain

スミマセン、今回のボルトパンザーの

掲載している写真に関して

大きなチョンボをしてしまっています。

暗幕を使った背景の写真では左右の

キャタピラユニットをくっつけて

しまっていますが

本来はキャタピラは左右独立しています。

下の写真が正しいボルトパンザーの姿です。

f:id:hiroban-ch:20210503231451j:plain

f:id:hiroban-ch:20210503231513j:plain

f:id:hiroban-ch:20210503231543j:plain

急遽、撮影し直したんですが、

背景セットを組み直す余裕が

無かったのでPCデスクで撮影しました。

ま~この背景も月一恒例のGETで

使っている背景ですので

見覚えのある人もおられるでしょう。

本題に戻します。

f:id:hiroban-ch:20210503231849j:plain

ボルトパンザーのギミックとしては

●コックピットカプセル収納

この収納ギミックが凝っています。

https://streamable.com/x36g8x

●ボルテスへの合体準備変形

https://streamable.com/ootwsg

●ボルテス時の必殺技音声ギミック

(後編のレビューで紹介します。)

f:id:hiroban-ch:20210503232003j:plain

ボルトパンザーはコックピットカプセルの

収納が凝っていてガラスハッチが開くのは

当然として赤い床面も降りて口が上下に

開くような感じでハッチが開きます。

f:id:hiroban-ch:20210503232143j:plain

f:id:hiroban-ch:20210503232201j:plain

コックピットを入れて上下を閉じると

コックピットは奥に格納されます。

こう言う所がマニア心をくすぐります。

f:id:hiroban-ch:20210503232336j:plain

ボルトパンザーは重戦車型ですが、

変形の関係上キャタピラが前後に回りこむ

ような機構になっている為、

キャタピラなみに目立ちがちになるのが

本体とキャタピラを支えている足なんですが

流石は最新のDX超合金魂版です。

足が綺麗に折り畳まれるようになっていて

完全にシルエットになじんでいます。

過去の製品を見ると・・・

f:id:hiroban-ch:20210114021542j:plain

↑初代のポピニカ版は、

まさしく足が目立ちまくっています。

むしろキャタピラ以上に目立ってますね。

f:id:hiroban-ch:20210114021704j:plain

超合金魂版はさすがにかなり

良くはなっています。

一番目立っているのはコックピットですね。

ちょっと大き過ぎのような。

f:id:hiroban-ch:20210514000821j:plain

f:id:hiroban-ch:20210514001216j:plain

やはりDX超合金魂版は塊感が最高ですね。

ボルトパンザーはボルテスに変形した後の

音声ギミックが凄くて武器を使う時の

剛健一の声が盛り沢山収録されています。

そちらの音声は後編で紹介いたします。

あと胸のLEDも光ります。

f:id:hiroban-ch:20210114022714j:plain

●4号機[ボルトフリゲート]
合体してボルテスの腰部と脚部になります。

搭乗者は剛三兄弟の三男、日吉。

日吉は設定上の年齢は何と8歳・・・

むむむ、無理があります。

双胴型潜水艦のボルトマシンですが単独飛行も可能。

f:id:hiroban-ch:20210115231830j:plain

f:id:hiroban-ch:20210115232920j:plain

ボルトフリゲートのギミックとしては

●コックピットカプセル収納

https://streamable.com/vf6vj8

●ランディングギア収納

https://streamable.com/ql7wlf

●ボルテスへの合体準備変形

https://streamable.com/4uyx3s

f:id:hiroban-ch:20210115233924j:plain

f:id:hiroban-ch:20210115233938j:plain

f:id:hiroban-ch:20210115233950j:plain

ボルトフリゲートは5機のボルトマシン中、

最も大型で最も体積が有って

最も合金パーツが多く重たいです。

その重たい足2本を腰部で支えているので

全体の強度、特に股関節の強度が弱いと

フニャフニャの機体になります。

今回のDX超合金魂版が素晴らしいのは、

見事なまでの

ガッチリ機体に仕上がっている点です。

f:id:hiroban-ch:20210116004153j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116004306j:plain

股関節や各関節がしっかりとした

クリック感が有り重たいボディを

持ち上げてもゆるい感じが全くしない。

関節の剛性が高いのも有りますが、

もう1つビクともしないガッチリ感に

寄与しているのが両足同士を支えている

2本の連結アームがあります。

f:id:hiroban-ch:20210116012507j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116005410j:plain

↑この2本のアームのおかげで

両足同士がバタつかず

1個の塊感を、持った時に強く感じます。

私はコンバトラーVの新旧超合金魂を

持っていた事がありますが、

バトルマリンの両足はホントフニャフニャで

正直、ゲンナリしていました。

f:id:hiroban-ch:20210116012350j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116010622j:plain

ボルトフリゲートは動画を見て頂くと

分かりますがランディングギアの収納も

非常にスマートに収納出来ますが何より

凄いのが艦橋の収納システムだと思います。

収納と連動してシャッターで完全に

隠れるのはビックリです。

逆に艦橋を出すのも

ビックリドッキリワンタッチです!

https://streamable.com/2g24m6

ボルトフリゲートも過去の製品の物と

比べてみましょう。

f:id:hiroban-ch:20210116011523j:plain

↑放送当時のポピニカ版。

f:id:hiroban-ch:20210116011555j:plain

↑2006年超合金魂版。

f:id:hiroban-ch:20210116011626j:plain

↑そしてDX超合金魂版です。

正直、見た目的には古いポピニカ版も

味が有るし艦橋が物凄く大きいので

一番潜水艦的でもあります。

とは言え最新のDX超合金魂版が一番精密で

まとまっているのは間違い無いと思います。

そしてボルトフリゲートには両足共、

ボルトランダーと合体した際の

合体音声ギミックがあります。

f:id:hiroban-ch:20210116012603j:plain

●5号機[ボルトランダー]

合体してボルテスの足首と足になります。

搭乗者は岡めぐみ

偵察型のボルトマシンです。

f:id:hiroban-ch:20210116013817j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116014009j:plain

ボルトランダーのギミックとしては

●コックピットカプセル収納

https://streamable.com/5qbwfa

●ボルテスへの合体準備変形

https://streamable.com/hpmanp

●ランダードリル展開

f:id:hiroban-ch:20210116020304j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116020349j:plain

ボルトランダーのコックピットは左足です。

コックピットカプセル収納の写真を

撮り忘れたので動画の方で

確認頂きたいのですが、変形後の

コックピットのギミックが凄いと言うか

開発者の執念と言うか

ハッキリ言って頭イカレてます。

f:id:hiroban-ch:20210116023646j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116023725j:plainボルテスへの変形の際、左右の

コックピットブロックは軸を中心に90度

折れ曲がりますがアニメの合体シーン同様

コックピットは水平を保つ為に

コックピットブロックと反対方向へ

90度回転させる事が出来ます。

とは言っても6万もするDX超合金魂版で

このギミックがもし入っていなかったら

正直ガッカリしていた所です。

f:id:hiroban-ch:20210116023849j:plain

f:id:hiroban-ch:20210503233249j:plainアニメの合体シーンでもランダーの

コックピット90度回転は

カッコ良く描かれていて印象的だったので、

開発者の執念とは書きましたが、

6万のこのクラスなら当然と言った所です。

むしろ回転システムをもう少し

やりやすくして欲しかった。

私も動画で小型ドライバーとかで

ギアを回していますが指先や爪では結構

回しにくい奥まった所にギアがあります。

f:id:hiroban-ch:20210513232522j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116024138j:plainあとはランダードリルが展開するのも

当然のギミックです。

ボルトランダーは設定上も合体のプロセスに

無理が無いので、このDX超合金魂版は

当然として、過去の製品も形に無理が無く、

比較しても他のボルトマシン程の

形の優位性はそれ程感じません。

とりあえず比較してみましょう。

f:id:hiroban-ch:20210116141242j:plain

↑まずはポピニカ版、

結構豪快な感じがします。

f:id:hiroban-ch:20210116141357j:plain

↑次は2006年の超合金魂版。

f:id:hiroban-ch:20210116141507j:plain

↑そしてDX超合金魂版。

やはり形の優位性よりも、全体的な

クオリティー、洗練性の向上を感じる位

ではありますが、むしろ各世代のモデルで

それぞれに製品コンセプトに沿った感じで

味が有って良いと思います。

f:id:hiroban-ch:20210117152323j:plain

さてこれで5台のボルトマシンの

紹介が終わりました。

ここまでで既に結構な長い内容に

なっていますが

大変お待たせ致しました。

いよいよこの時がやって参りました。

今回のメインイベント!!!

この超大物の写真撮影、約20時間の中でも

最も時間を費やした部分です。

さて、みんなで叫びましょう!!!

「Vトゥギャザー!」

「レッツ!ボルト!イン!」

f:id:hiroban-ch:20210117151906j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143043j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143110j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143136j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143149j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143202j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143217j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143230j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143243j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143255j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143309j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143323j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143336j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143349j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143402j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143418j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143435j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143453j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143506j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143522j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143535j:plain

f:id:hiroban-ch:20210519234614j:plain

f:id:hiroban-ch:20210519234633j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143619j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143632j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143646j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143703j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143717j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143736j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143749j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143803j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143815j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143828j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143842j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143859j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143913j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143925j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143941j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116143954j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116144009j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116144022j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116144034j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116144046j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116144058j:plain

f:id:hiroban-ch:20210116144115j:plain

「ボ~ルテ~ス」

f:id:hiroban-ch:20210502181832j:plain

「ファ~イブ!!!」

f:id:hiroban-ch:20210502181855j:plain

動画でも「レッツ、ボルト・イン!」

https://streamable.com/x1n34t

合体のコマ撮りシーンは是非

OP「ボルテスVの歌」を聴きながら

ご覧ください(笑)

動画での5体合体はノーカットで

やりたかったので

軽く10テイク以上はやり直しました。

音楽は編集で後から入れましたが

奇跡な位に尺がピッタリで

自分でもビックリしました(笑)

f:id:hiroban-ch:20210502181923j:plain

さて如何だったでしょうか?

「DX超合金魂 VOLT IN BOX 超電磁マシーン ボルテスV」

前編のレビューは。

やはりどう頑張ってもこのアイテムの情報量

を1つに収めるのは不可能だったので、

今回はここまでです。

次回後編ではボルテスの暴れまくる勇士を

お届けしようと思います。

是非ご期待ください!