ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

S.H.Figuarts 仮面ライダービルド ラビットラビットフォーム レビュー

f:id:hiroban-ch:20191122225102j:plain

「紅のスピーディージャンパー!

ラビットラビット!ヤベーイ!ハエーイ!」

今回ご紹介する

仮面ライダーフィギュアーツは

仮面ライダービルド

ラビットラビットフォームです。

プレミアムバンダイ予約限定商品で

2019年10月25日発売です。

価格は税込み6600円です。

f:id:hiroban-ch:20191122230259j:plain

f:id:hiroban-ch:20191122230340j:plain

 ラビットラビットフォームは

前身フォームである

ラビットタンクハザードフォームが

自我を失い暴走を伴うリスクを背負う

超危険なフォームでしたが

ラビットの成分を選択した

フルフルラビットタンクボトルを

装填する事でなれたハザードの

上位安全フォームであり

中間パワーアップフォームです。

初登場は第27話からでした。

f:id:hiroban-ch:20191122231107j:plain

f:id:hiroban-ch:20191122231135j:plain

中間パワーアップと言っても

ビルドの場合、フォームチェンジが

多種多様なので、このラビラビが

フォームチェンジの中でどの位置に

あるのか調べてみました。

f:id:hiroban-ch:20191123174525j:plain

f:id:hiroban-ch:20191123174551j:plain
基本フォームであるラビットタンク

から始まって、最終フォームである

ジーニアスフォームを最後として、

公式で公開されている全フォームを

リストアップしてみましょう。

f:id:hiroban-ch:20191123174710j:plain

f:id:hiroban-ch:20191123174753j:plain

・・・と思ったのですが、全フォームを

書き出すだけでも結構な労力を伴うのと

レビューを見て下さっている皆さんも

訳判らなくなると思うので、

主要フォームに絞って

スペックを見て行きましょう。

(単なる手抜き・・・ではありません)

f:id:hiroban-ch:20191123180418j:plain

f:id:hiroban-ch:20191123180540j:plain

●ラッビトタンクフォーム

パンチ力:右9.9t / 左17t

キック力:右23.7t / 左17.8t

ジャンプ力:55.0m

走力:2.9秒(100m)

●ラビットタンクスパークリングフォーム

パンチ力:右14.9t / 左25.5t

キック力:右35.6t / 左26.7t

ジャンプ力:66.0m

走力:2.0秒(100m)

f:id:hiroban-ch:20191123181940j:plain

f:id:hiroban-ch:20191123182021j:plain

ラビタンとスパークリングの

比較を見てみると

まず気付くのがビルドと言うか戦兎は

腕が左利きで足は右利きなんですね。

あとは基本フォームからの順当な

パワーアップと言う印象です。

では次行きましょう。

f:id:hiroban-ch:20191123182753j:plain

f:id:hiroban-ch:20191123182823j:plain

●ラビットタンクハザードフォーム

パンチ力:右19.8t / 左34.0t

キック力:右47.4t / 左35.6t

ジャンプ力:77.0m

走力:1.4秒(100m)

●ラビットラビットフォーム

パンチ力:39.9t

キック力:47.8t

ジャンプ力:88m

走力:1.2秒(100m)

f:id:hiroban-ch:20191123184018j:plain

f:id:hiroban-ch:20191123184045j:plain

ハザードとラビラビの比較では

ラビラビは単にハザードの暴走を

抑えたと言うだけのフォームでは無く、

全項目でハザードを上回っていますね。

しかしラビラビのスペックは手抜きからか

左右のスペック差がありません。

f:id:hiroban-ch:20191123184522j:plain

f:id:hiroban-ch:20191123184556j:plain

●タンクタンクフォーム

パンチ力:47t

キック力:53.7t

ジャンプ力:58.0m

走力:1.1秒(100m)

ジーニアスフォーム

パンチ力:55.7t

キック力:61.1t

ジャンプ力:86.3m

走力:0.9秒(100m)

f:id:hiroban-ch:20191123185141j:plain

f:id:hiroban-ch:20191123185111j:plain

まずラビラビとタンタンの比較では
パンチ力とキック力は当然

タンタンの方が強力で

ジャンプ力は当然ラビラビが大きく上回り

走力は意外とタンタンの方が

重たそうな割りに微妙に早いんですね。

そしてジーニアスとの比較では

全ての項目がジーニアスが

上だろうと思いきや

ジャンプ力はジーニアスの86.3mに対して

ラビラビは88mと言う事で、

「ジャンプ力だけは絶対に譲らね~!」

と言う結果になりましたね。

f:id:hiroban-ch:20191123190103j:plain

f:id:hiroban-ch:20191123190132j:plain

それではアーツ版ラビラビを

見て行きましょうか。

このヒロバンチャンネルでビルドアーツを

取り上げるのは今回で

5体目になると思いますね。

残念な事に前回のクローズチャージ以外の

3体中2体は塗装が惜しいと言う評価となり

スパークリングは私の所有しているアーツ中

最低評価を下しました。

今回のラビラビは如何でしょうか?

f:id:hiroban-ch:20191123192906j:plain

f:id:hiroban-ch:20191123193016j:plain

結論から言いますと非常に良い出来です。

メインカラーの赤はラビタンの時に指摘した

彩度の低い死んだ赤ではなく、比較的

彩度が高い生きた赤と言う感じがします。

複眼の出来もスパークリングの時に

私が酷評した謎の大穴は当然無く、

特に問題点はありません。

f:id:hiroban-ch:20191123211556j:plain

f:id:hiroban-ch:20191123223938j:plain

そしてこのラビラビですが、

最初にプレバンから送られて来た時には

エラー品のベルトが付いた状態で

送られて来ました。

送られてきたラビラビのベルトは

どうもビルドドライバーでは無く

エボルドライバーの造型が間違って

されていたようなんです。

f:id:hiroban-ch:20191123211822j:plain

f:id:hiroban-ch:20191123211858j:plain

皆さん、違いが判りますか?

上がエラー品のエボルドライバー造型の

ベルトで

下が正しいビルドドライバーのベルトです。

私の感想として・・・写真でマクロ撮影して

拡大した物を見比べて

違いがハッキリ判った程度で

現物の小さいベルトを見比べても

ほとんど違いが判りませんでした。

そもそのエボルドライバーと

ビルドドライバーの

模様の違いが判っていなかったんですから。

ネットで確認したら・・・

f:id:hiroban-ch:20191123213124j:plain

あ~確かに。

しかし私自身としてはこのエラー品は

まだ許せるレベルでしたね。

例え正規品を送って来なかったとしても。

人によっては重大な欠陥と

感じるかも知れませんけどね。

そしてエラー品のベルトの事は

実は商品が到着するかなり前の段階で

バンダイからお詫びメールが

届いていました。

f:id:hiroban-ch:20191123214148j:plain

f:id:hiroban-ch:20191123214242j:plain

ベルトの模様の不備と正しいベルトを

送る旨のメールが。

なので今回のバンダイの対応としてはかなり

誠意を感じましたし

素晴らしかったと思いました。

何故、この素晴らしい対応を

スパークリングの時にも

見せてくれなかったのですか、

バンダイさん。

スパークリングの顔・・・

あれは酷いですって。

f:id:hiroban-ch:20191123214502j:plain

f:id:hiroban-ch:20191123214526j:plain

私はスパークリングフォームを2次流通品、

いわゆる転売品を購入した立場から

冷たくあしらわれた対応を

とられたかもしれませんが

正規品購入者への頭部の再発送も

聞きませんし

スパークリングフォームのアーツに関しては

アーツ自体の欠陥、バンダイの対応にも

苦い思い出として残っております。

※詳しくはラビットタンクスパークリングの

レビューをご覧ください。

f:id:hiroban-ch:20191123222536j:plain

f:id:hiroban-ch:20191123222609j:plain

今回のラビラビで気になった点が

有るとすれば、足首の可動範囲が

少々狭いと感じる点でしょうか。

ラビラビに限らずビルドアーツの

殆どに言えるんですが

足首の前後の可動範囲が少なく、

足首を下に伸ばす事がほぼ出来ません。

f:id:hiroban-ch:20191123223448j:plain

f:id:hiroban-ch:20191123223551j:plain

ラビラビは劇中での飛行シーンも

多かったので足首を伸ばしてポーズを

とらせたいと思うのですが

足首が伸びないと何となく飛行ポーズが

決まりにくいんですよね。

下の写真のように。

f:id:hiroban-ch:20191123214107j:plain

f:id:hiroban-ch:20191123224042j:plain

あとは素晴らしいと感じる出来で

フルボトルバスターも精巧に出来ているし

両手でしっかり持たせる事が出来ます。

このラビラビはビルドアーツの中でも

かなり満足度の高い出来だと思います。

f:id:hiroban-ch:20191123224521j:plain

f:id:hiroban-ch:20191123225253j:plain

となると期待するのが2020年3月発送予定の

タンクタンクフォームの出来ですね。

それにしてもタンタンの価格が

税込み9240円ですよ。

ほぼほぼ1万円・・・

価格で言うと本日2019年11月23日に

仮面ライダーエボルと

仮面ライダービーストが送られてきました。

ビーストは本体が7700円と

マントセットが4400円。

ビーストだけで合計12100円ですよ。

ちょっとアコギな商売じゃないですか~

バンダイさ~ん。

どんどんアーツ系フィギュアの価格が

上がって行ってると感じます。

f:id:hiroban-ch:20191123225331j:plain

と言う事で今回はS.H.フィギュアーツ

仮面ライダービルド

ラビットラビットフォームを

ご紹介致しました。

次回なんですが、

新作ライダーアーツが溜まっていく中

久しぶりにオーラバトラーをやりたいなと

考えております。

やるならやっぱり新作のアレですね。

「バラウで運ばれる

ビランビーの比では無いわ!」

のアレです。

ご期待くださいませ。

それでは!!!