ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

S.H.Figuarts 真骨彫製法 仮面ライダーカブト ライダーフォーム レビュー

f:id:hiroban-ch:20191231230148j:plain

今回ご紹介する

仮面ライダーフィギュアーツは

真骨彫製法の仮面ライダーカブト

ライダーフォームです。

発売は2014年3月29日でした。

f:id:hiroban-ch:20191231230443j:plain

真骨彫カブトのレビューの前に

まずは「仮面ライダーカブト」について

触れておきましょう。

f:id:hiroban-ch:20190706205712j:plain
仮面ライダーカブト

2006年1月29日から全49話が

放送されました。

前作「仮面ライダー響鬼」 は完全に

仮面ライダーの名前からは

懸け離れた設定やデザインを

採用していましたが

カブトは素直に仮面ライダーだと思える

デザインや内容だったと思います。

f:id:hiroban-ch:20190706001215j:plain

 そして仮面ライダーカブトの魅力を

引き立たせる幾つかの要素がありました。

一つはキャストオフと言う

2段階変身の要素。

そして何と言ってもカッコ良かった

演出として際立っていたのが

クロックアップですよね。

f:id:hiroban-ch:20190706205828j:plain

クロックアップをSETすると一定時間、

超高速移動が出来て

瞬時に敵を粉砕出来ると言う機能ですが、

映像上ではクロックアップの演出は

2パターンありました。

通常の時間軸でライダーが

超高速移動する見せ方と

高速移動中のライダーを通常の動きとして

見せて、周囲を超スローモーションで

映す見せ方です。

f:id:hiroban-ch:20190706205915j:plain

後者の周囲が超スローモーションで

映像が流れる演出は

まるでマトリックスのようで

非常にカッコ良かったですね。

そしてキャストオフですが、

私は前作の響鬼の放送当時、

友人から

「次の新ライダーは脱皮するらしいぞ」

とメールをもらって、「仮面ライダー真」

のような何かグロテスクなライダーを

想像したのを覚えています。

f:id:hiroban-ch:20190706210007j:plain

蓋を開ければ想像とは真逆のメカメカしい

かっこ良いデザインだったので

ホッとしました。

あと語りたかったのが

「ライダーキック」です。

通常、「仮面ライダー」のライダーキックは

己の肉体を使って

敵に向かって浴びせる物ですが、

仮面ライダーカブトのライダーキックは

概念を完全に変えましたね。

f:id:hiroban-ch:20190706210040j:plain

ライダーキックはカブトゼクターの

スイッチを123と押して

「ライダーキック」と発する事で機能が

発動してライダーキックを繰り出せる。

「ライダーキック」を

機能の一つとした所が画期的で

他のライダーのようにキックを

当てに行くのでは無くて、

背中を見せながらかかってきた敵に

「やられに来い!」と言わんばかりに

振り向きざまに回し蹴り一発

カウンター攻撃!。

こんなクールでシブいライダーキックは

後にも先にもカブトだけです。

f:id:hiroban-ch:20190706210148j:plain

そして「ライダーキック」とつぶやく演出。

シブ過ぎますよ。

「ライダーキック」と言葉を発する

ライダー自体、平成ライダーでは

カブトだけなんじゃないでしょうかね。

昭和ライダーまでさかのぼると、

恐らくBLACK以来なんじゃ無いかと。

仮面ライダーカブトは前作の響鬼とは

打って変わって都会が非常に似合います。

第2話での専用バイクである

カブトエクステンダーで高速道路を

疾走するシーンはしびれる程

カッコ良かったです。

f:id:hiroban-ch:20190706210316j:plain

まだ仮面ライダーカブト

第2話を見られていない方は

是非第2話を見てください。

カブトが超カッコいいです。

YouTubeでも無料配信されています。

そして水嶋ヒロさん演じる主人公の

天道総司と言うキャラ。

超完璧主義の破天荒な俺様キャラで、

それまでの主人公ライダーには

居なかったキャラクターでした。

そんな自分の中でもかなり好きな

平成ライダーである

仮面ライダーカブト」ですが、

そろそろ真骨彫製法のカブトの

話題に移りましょう。

f:id:hiroban-ch:20190706210431j:plain

真骨彫製法の仮面ライダーカブト

真骨彫製法の記念すべき

第一弾として発売されました。

求めたのは劇中プロポーションを目指した

「本物感」です。

f:id:hiroban-ch:20190706210518j:plain

商品説明を引用すると

キャラクター画像資料を元に、

スーツアクター本来のプロポーション

割り出し、劇中プロポーション

フィギュアとの理想のバランスを検討・

追求し素体試作を製作。
更に「人体」のプロポーション

流れを造形に反映させるため、

骨格から見直して造形を重ねていくという

“真骨彫製法”が編み出された。

と言う事だそうです。

f:id:hiroban-ch:20190706210555j:plain

真骨彫カブトが発売された2014年当時、

S.H.フィギュアーツと言う物は

リアリティを追求する面もありましたが

種類を多く発売すると言う

コレクション性を追求するあまり、

一商品一商品の完成度、本物感と言う物は

お世辞にも有るとは言えないレベルの物が

ほとんどだったと思います。

f:id:hiroban-ch:20190706211127j:plain

少なくとも2014年以前に発売されていた

S.Hフィギュアーツの

仮面ライダーシリーズはハッキリ言って

不出来な物ばかりだったと思います。

そんなS.Hフィギュアーツ界に

旋風を巻き起こす最初となったのが

真骨彫製法の第1弾として発売された

仮面ライダーカブトでした。

f:id:hiroban-ch:20190706211453j:plain

当時発売されていた

仮面ライダーアーツと比較したら

プロポーションに対する解釈、

可動フィギュアとしての可動ギミックの

解釈が比較にならない程に進化していて

こだわりのレベルが全然違っていました。

f:id:hiroban-ch:20190706214041j:plain

そりゃ~ま~、

2019年の今の肥えた眼でこのカブトを見ると

色々とイマイチなポイントは有ります。

一応個人的なイマイチポイントを

挙げておきますと

●複眼の面積が小さい。

●股関節部分の処理がイマイチ。

●太ももに厚みが足りない。

●ヒジ、ヒザ関節部分が見た目に

絞込み過ぎてる。

●手首交換のジョイントが

他のアーツとは違う。

●マスク横のパーツ分割線が凄く目立つ。

f:id:hiroban-ch:20191231230303j:plain

と言ったような今となっては

イマイチなポイントは

有るには有るのですが、それはカブトの後に

発売された真骨彫の響鬼クウガ

ディケイド、Wのさらなる完璧さ、

最近発売されたウィザードやキバの

究極の完成度が凄すぎるからであります。

f:id:hiroban-ch:20190706215336j:plain

欲を言えば真骨彫カブトのバージョン2を

出して欲しい気もしますが

それを出す位なら昔の不出来なアーツしか

無い555やブレイド、フォーゼ、龍騎

電王辺りを早く真骨彫で

出して欲しいですね。

f:id:hiroban-ch:20190706220205j:plain

今の眼で真骨彫カブトを評価すると

微妙な所も有るには有りますが、

真骨彫カブトが発売されて以降の

S.Hフィギュアーツは明らかに完成度が

飛躍的に良くなって行った事は

間違いの無い事実ですから

真骨彫カブトが後のフィギュアーツを

変えた貢献力は大きいと思います。

f:id:hiroban-ch:20190706220838j:plain

そんな訳で今回は真骨彫製法の

仮面ライダーカブト ライダーフォームを

レビューさせて頂きました。

本業が非常に忙しくなって来た為、

なかなか撮影する時間、記事を書く時間が

とれなくなってきましたが、

精一杯がんばりますので引き続き

よろしくお願い致します。

f:id:hiroban-ch:20191231230353j:plain

私、買っているフィギュアーツは何も

仮面ライダーだけではございませんで、

色々手を出したりしてますので

近々そういった物も

ご紹介していこうと思っております。

ではまた次回、

ご覧頂けたらめっちゃ嬉しいで~す。

それでは!!!