ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

S.H.Figuarts 真骨彫製法 仮面ライダーBLACK レビュー

f:id:hiroban-ch:20210507220327j:plain

皆様、ようこそお越し下さいました。

いよいよ登場、念願のコレをレビュー出来る

日が遂にやって参りました。

今回レビューするアイテムは

S.H.フィギュアーツ真骨頂製法

仮面ライダーBLACKです。

f:id:hiroban-ch:20210509035410j:plain

f:id:hiroban-ch:20210509035231j:plain

毎回レビュー記事を書くにあたって、

自分の中で、思い出深い作品や好きだった

作品のアイテムは当然書こうとしている

記事にも気合いが入る訳でして、

これからご紹介していく

真骨頂 仮面ライダーBLACKのレビューは

間違い無く気合いの入る特別な記事になると

思いますので、最後までご覧下さい。

f:id:hiroban-ch:20210509035510j:plain

f:id:hiroban-ch:20210509035710j:plain

まず最初にこの記事を書くにあたって

残念な話題から触れておきたいと思います。

今から約一ヶ月程前、

仮面ライダー生誕50周年記念日である

2021年4月3日と言う仮面ライダーファン、

関係者すべての人が記念日を心から

祝っている中、一人だけ非常に残念な

発信をした人物がいました。

仮面ライダーブラックの主人公:南光太郎

を演じた俳優:倉田てつを氏です。

f:id:hiroban-ch:20210509035805j:plain

f:id:hiroban-ch:20210509035906j:plain

既に映像を観られてご存知の方も多いと

思いますが17liveで倉田氏が発信した発言が

倉田ファン、仮面ライダーファンにとっては

相当ショッキングで残念な内容で

観たくなかった幻滅する映像でした。

この場は真骨彫ブラックのレビューの場

であって、この話題を延々と語る場では

無いので彼が何を語ったのか、残念発言を

1つ1つ取り上げて倉田氏を叩くような事は

言いませんが、私自身この映像を観た瞬間、

数週間後に届く真骨彫ブラックが正直

欲しくなくなる程、ファン心を大きく傷つけ

大きな風穴を開けられた思いがしました。

f:id:hiroban-ch:20210509040036j:plain

f:id:hiroban-ch:20210509040141j:plain

発言自体が幻滅する物でしたが、

それに輪をかけて彼のふるまい、語り方が

ガラが悪くヤクザじみていて私も最初から

最後まで映像を全部観はしましたけど

発言としては観るに耐えない映像でした。

f:id:hiroban-ch:20210509040236j:plain

彼はこの発言より少し前の2月頃に週刊誌で

色々と自身が起こしているトラブルを

報道され、既にマスコミに

叩かれまくっていたので

マスコミに対する怒りもあっての

開き直った発言だったのかも知れませんが

一つ一つのトラブルも全ては彼の

素行の悪さ、人に対する不義理な考え方等

自分自身がまいた種です。

f:id:hiroban-ch:20210509040317j:plain

倉田氏はライブでの発言を後悔したのか、

直後に謝罪文を公表しましたが、

彼が発した幻滅発言はファンの心一人一人に

突き刺さる程の衝撃だったので、謝罪しても

一生消える事の無い重い物を

残してしまった事でしょう。

f:id:hiroban-ch:20210509040358j:plain

当然今後、仮面ライダーブラック関連の

仕事は無くなるでしょうし、

仮面ライダーブラックからのファンからも

大多数から幻滅されたでしょうし、

「ネット民は俺から言えばゾンビみたいな奴等だ!」

と一喝したのも、相当数の人達から

怒りを買ったんじゃないでしょうか。

f:id:hiroban-ch:20210509133245j:plain

でもね、倉田氏の残念配信を観た後に

真骨頂ブラックが届いて、ポーズの参考にと

本編の映像を改めて見返したんですが、

そこに映る平和の為に命をかけてゴルゴムと

戦う若くてカッコ良い南光太郎の雄姿を

観ていると、「南光太郎に罪は無いな。」

と改めて思うんですよね。

f:id:hiroban-ch:20210509133352j:plain

f:id:hiroban-ch:20210510005833j:plain

さらには南光太郎/仮面ライダーBLACKと

30年以上共に生きてきた倉田氏の

立場になって考えると仮面ライダーBLACK

があったから今の自分が居ると思う反面

仮面ライダーBLACKが常に付きまとう

事による苦悩も無数に有ったであろう、

仮面ライダーBLACK/南光太郎を

蹴り離したいと思う瞬間もこれまで

幾度と無く有ったんだろうなと

思えてきました。

f:id:hiroban-ch:20210509134605j:plain

別に私、倉田氏のファンではありませんが

[仮面ライダーBLACK ]

[仮面ライダーBLACK RX]

の作品のファンなのは間違い無いので

ファンの一人としては否が応でも今後の

倉田氏の活動の情報は眼に入ってくると

思いますので見守りたいとは思います。

f:id:hiroban-ch:20210509135822j:plain

本当はこの真骨彫ブラックのレビューの場で

倉田氏の話題を取り上げるか悩んだんです。

しかし仮面ライダーブラックの

ファンの一人として倉田氏の数ヶ月前からの

報道と4月3日の最悪の配信によって、

自分の中での仮面ライダーブラックの

イメージを傷つけられた思い、また

真骨彫ブラックに対する商品イメージも

幾分悪くなり購入に対してのテンションが

下がったのも事実だった為、

黙ってスルーする事が出来ませんでした。

f:id:hiroban-ch:20210509141407j:plain

f:id:hiroban-ch:20210510005921j:plain

さてここからは気を取り直していつもの

レビュースタイルに軌道修正して

やって行こうと思います。

「仮面ライダーBLACK」は

1987年10月4日から1988年10月9日まで

全51話が放送されました。

仮面ライダースーパー1のテレビシリーズ

終了から約6年ぶりの仮面ライダー復活

との事で当時大々的に

宣伝活動が行われていましたね。

f:id:hiroban-ch:20210509142208j:plain

f:id:hiroban-ch:20210510010025j:plain

新仮面ライダー主役オーディションも当時

大々的に募集され、当時私は16歳だった為、

応募はしませんでしたが18歳なら

応募したかったな~と

思った事を覚えていますね。

とにかく何もかもがオールニューの

仮面ライダーで製作スタッフ自体、

スーパー1、ZXまで携わっていた人達とは

ガラっと入れ替わったと思います。

f:id:hiroban-ch:20210509144024j:plain

一番大きく入れ替わったスタッフは

やはり殺陣、アクション担当が

歴代仮面ライダーアクションと言えば

大野剣友会でしたが仮面ライダーBLACK

からはJACが担当するようになり

それまでの歴代ライダーのスーツアクターは

大半が大野剣友会の中屋敷鉄也氏が

担当されていましたが仮面ライダーBLACKの

スーツアクターは当時JACの新鋭だった

岡元次郎氏が担当されました。

f:id:hiroban-ch:20210509144134j:plain

f:id:hiroban-ch:20210510010136j:plain

実を言うと私、16歳から17歳の頃

アクション俳優になりたくて

ジャパンアクションクラブの

オーディションを受けて合格してJACの

養成所に通っていた時期が有ったんです。

JACの17期生として大阪の上新庄と言う所に

養成所が有って、アクションや殺陣等の

厳しい訓練を受けていた時期が有りました。

結局、一年もたない時期にあまりにも

厳しい訓練に夢を見失い

退所する事になるんですが、

ま~私の人生初の挫折でしたね。

f:id:hiroban-ch:20210509145103j:plain

でもね、JAC養成所に入りたての頃に一度、

岡元次郎氏のアクロバティックな体操を

見せて頂いた事があったんです。

アクションの初授業でマットが長く

敷かれていてアクションのコーチがこれから

先輩に見本をやってもらうって事で

3名程の先輩方が次々とマットの上で

体操を披露されたんですが

その中のお一人が次郎さんだったんです。

f:id:hiroban-ch:20210510011137j:plain

f:id:hiroban-ch:20210510010240j:plain

当時は次郎さんもブラックのスーツアクター

をされる前で恐らく東京の養成所を

まだ出たての頃だったと思うんです。

勿論、全くの無名だったので私も

「この人が岡元次郎か!」なんて当然

思う訳もなく凄い先輩だな~と

思っていただけで当時のお顔も全く

覚えていなかったんですが、コーチが

「次郎、次郎」とその先輩の事を

呼んでおられた事だけは覚えていました。

そしてその後ブラックのスーツアクターに

岡元次郎氏に決まったと知った瞬間、

「あ!あの時の先輩か!」と思いました。

f:id:hiroban-ch:20210509150544j:plain

 なので私にとって「仮面ライダーBLACK」

と言う作品は私が養成所に通っていた

激動の時期とリンクするのでそういった視点

からの思い出も非常に多い作品なんです。

劇中でのキレキレアクションは

皆さんもご存知の通り。

私も映像を観ながらおこがましながら

「流石先輩凄いな。」

と思ってブラックを観ていました。

f:id:hiroban-ch:20210509151730j:plain

f:id:hiroban-ch:20210510010322j:plain

仮面ライダー1号からZXまでの

大野剣友会のライダーアクションは

空手や柔道の演武的で比較的

ゆっくりした動きだったのに対し、

ブラック以降のJAC(現JAE)の

ライダーアクションは実戦的で

スピーディーでダイナミックです。

大野剣友会アクションもヒーロー的な

動きて魅力的でしたが、JACアクションは

切れ味鋭くアクロバティックで、

ブラック以降現在の令和ライダーも

続いている現在進行系の

ライダーアクションとして築き上げている

現代的なスタイルだと思います。

f:id:hiroban-ch:20210509183656j:plain

f:id:hiroban-ch:20210510010454j:plain

次に仮面ライダーブラックで触れたい点

としてはスーツ造型の進化です。

これまでの仮面ライダー1号からZXまでは

マフラーにグローブ&ブーツと言う

スタイルを貫いてきたライダースタイル

でしたけどブラックではその3要素を

全て排除しました。

f:id:hiroban-ch:20210509173513j:plain

頭からつま先まで、一体的で全て繋がった

デザインでZXまでの改造人間と言う

設定ながらロンググローブ、ロングブーツ、

マフラーと言ってみればコスプレ的要素を

廃して本当に肉体が変化したような

生物的要素を追求したデザインで

当時最先端だったスーツ技術によって

ボディ表面の素材感を各箇所で変える等、

これまでの仮面ライダースーツとは明らかに

数段レベルアップしていました。

私が初めてブラックのアップ用スーツを

見たのは当時毎月購読していたB-CLUB誌に

ドカン!っとブラックのスチール写真が

載っていて、素直に

「カッケ~!」と鳥肌が立ちました。

f:id:hiroban-ch:20210509212043j:plain

次に仮面ライダーと言えばマシーンですが

アクションオフロード用バトルホッパーと

高速移動オンロード用のロードセクターとの

2台体制ですが、これは前テレビシリーズの

スーパー1のアクション用ブルーバージョンと

高速移動用Vマシーンの2台体制の流れを

そのまま受け継いだ形でしたが

バトルホッパーが生物兵器と言う設定だった

のが当時としては新しかったですね。

f:id:hiroban-ch:20210509185813j:plain

そして何と言っても仮面ライダーブラックの

最大の売りは正義と悪の2人のライダーが

戦うと言う前提で発表された点ですね。

1987年当時までの特撮作品を振り返ると

アンチヒーローはまだまだ希少で

最も代表的なキャラと言えば当時から

ハカイダーだったと思いますが

あとは片手で数えられる程度しか

居なかったのではないかと・・・

f:id:hiroban-ch:20210510005557j:plain

f:id:hiroban-ch:20210510005706j:plain

今思いつくライバル的なアンチヒーローは

ライオン丸のタイガージョー、

バイオマンのバイオハンターシルバ、

メタルダーのトップガンダー

(でもトップガンダーはイイ奴だったし)
 その程度しか思い浮かびません。

仮面ライダーブラックに悪のライダーが

登場するなんて、それまでの

歴代ライダーでももちろん無かった事で

[※にせライダーはカウントせず]

どんなストーリーになるのか楽しみで

仕方がありませんでした。

f:id:hiroban-ch:20210509151659j:plain

主演オーディションでも正義と悪の

2人のライダーとして

倉田てつを氏と堀内孝人氏の二人が

選ばれました・・・・・が

蓋を開けてみると正直、私の想像していた

感じとは少々違った展開で、

仮面ライダーブラックは話が進んで行くも、

いつまで経っても

悪のライダーが登場しません。

いつまで経っても1話完結の淡々とした流れで

話は進み宣伝詐欺やないかと

待ちくたびれかけた第35話から

やっとシャドームーンは登場しました。

f:id:hiroban-ch:20210509211724j:plain

f:id:hiroban-ch:20210510005447j:plain

一番可哀想だと思ったのが、

シャドームーン秋月信彦役に

選ばれた堀内孝人氏でした。

仮面ライダーブラック全51話中、

堀内氏が登場したのは殆ど全てが

回想シーンのみでシャドームーンが

誕生してからも人間態になる事が

無かった為に全くご本人は登場無し。

さらにシャドームーンの声も専用の

声優さんが担当したもんですから

堀内氏は全くお役目御免状態でした。

f:id:hiroban-ch:20210509193324j:plain

↑放送前のスチール宣材写真では主要4人の

キャストが清々しく写っていましたが、

堀内氏以外の3人は出番たっぷりだったのに

堀内氏だけは全51話中の出番を

1話分の撮影で済ませられる位の

出番しかありませんでした。

とっても可哀想でした(泣)

f:id:hiroban-ch:20210510010628j:plain

f:id:hiroban-ch:20210512231303j:plain

そしてブラックと言えばエンディングです。

曲はOP、ED共に素晴らしい曲です

(倉田氏の歌は別として)

既に過去の昭和ヒーロー名曲ランキングの

更新でしっかり語らせて頂きましたが、

やはり触れておきたい!

仮面ライダーブラック(岡元次郎氏)の

歩きがさりげなくカッコ良すぎる点です。

f:id:hiroban-ch:20210509193820j:plain

本当の話、私このブラックのエンディングの

歩きに惚れ込みすぎて以降の人生で常に

ブラックの歩きを意識して歩くように

心がけるようになりました。

具体的には1本の線の上を歩くように

細く歩くと言う事ですね。

美しい歩きを見るならモデルの歩きを見ろと

言われそうですが仮面ライダーが美しく

歩くから魅了されるんですよ。

f:id:hiroban-ch:20210509194435j:plain

今回の真骨彫でもブラック歩きを

出来る限り再現させたくてポーズ付けで

一番時間をかけた点が歩きポーズでした。

撮影してはちょっと修正、また撮影しては

修正の繰り返しで歩きポーズの撮影だけで

1時間前後はかけたと思います。

EDの完全再現はやはり無理だった

ようですが、ま~そこそこカッコ良くは

出来たかな~と 思っています。

f:id:hiroban-ch:20210509185153j:plain

f:id:hiroban-ch:20210510010833j:plain

仮面ライダーブラックは玩具売り上げも

好調で、本編を観てる子供が参加してる

気持ちになれるようにと新開発された

仮面ライダーブラックの変身ベルトが

当時画期的で「テレビパワー」と銘打って

画面でブラックが変身する時や

ライダーキック、ライダーパンチを

繰り出す時に出す光をベルトが感じ取り、

自動でバックル内のキングストーンが

光って回ると言った物。

f:id:hiroban-ch:20210509213611j:plain

これが結構売れたみたいで、と言うか

売れた実感が有ります。

今回のレビューで2回目のカミングアウト

ですが私高1の15歳から3年間、

スーパーの玩具売り場

「おもちゃのペリカン」でバイトしていて

ブラックのテレビパワー変身ベルトも

良く売った記憶が有ります。

なので私、高校行きながらJAC養成所

通いながらおもちゃ屋でバイトと超多忙な

時期が有った訳で、丁度その頃

「超人機メタルダー」や

「仮面ライダーBLACK」が放送されていた

時期で凄く良く覚えています。

f:id:hiroban-ch:20210509214729j:plain

f:id:hiroban-ch:20210510005338j:plain

「仮面ライダーBLACK」は玩具売り上げも

好調、視聴率も好調と言う事で

仮面ライダーの歴史上、後にも先にも

前例の無い快挙を成し遂げます。

それは「仮面ライダーBLACK」の放送終了後

完全な続編となる

「仮面ライダーBLACK RX」が

放送スタートとなり、主人公が前作と同じ

南光太郎と言う点にあります。

f:id:hiroban-ch:20210509215406j:plain

シリーズの続編が作られ、主人公が前作と

同じなんて事、仮面ライダーでは勿論

現在に至るまで前例は無く、

私の思いつく限り、特撮作品全体でも

思いつきません。

アニメーションで思いつく物としては

ゲッターロボ位かな。

少し例外的に近い快挙としてはライオン丸が

思い浮かびますが、あれは怪傑ライオン丸と

風雲ライオン丸とでは世界が別物なので

続編では無いんですよね。

獅子丸と弾獅子丸は同じ潮哲也氏が

演じておられるので

近い快挙ではありますけどね。

f:id:hiroban-ch:20210512231343j:plain

f:id:hiroban-ch:20210510005247j:plain

とにかく「仮面ライダーBLACK」と続編の

「仮面ライダーBLACK RX」とが

同じ主人公南光太郎と言う所が凄いんです。

それだけ当時、南光太郎=倉田てつを氏が

超絶大人気だったって事です。

ドラマの中でもブラックの第1話と

RXの第1話では南光太郎の輝き方が段違いで

これは作品を2年間引っ張っていけるだけの

魅力は確かに有るなと正直感じます。

f:id:hiroban-ch:20210509223156j:plain

f:id:hiroban-ch:20210510010942j:plain

だからこそ最初に語った倉田氏の配信は

残念でならない。

話をぶり返したくは無いですけど、

仮面ライダーブラック作品内の南光太郎は

物凄くカッコ良く、物凄く輝いています。

でも最後に一言言わせて頂きます。

「私は当時、ブラックよりもメタルダーに嵌ってました!」

チャンチャン!

f:id:hiroban-ch:20210509224441j:plain

さて、もういい加減後半行きましょう。

仮面ライダーブラックに関しては

書き出したら止まらない程書きたい事が

溢れてくるので既に

文字数がとんでもない事になっています。

f:id:hiroban-ch:20210509225018j:plain

f:id:hiroban-ch:20210509225250j:plain

S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法

「仮面ライダーBLACK 」

2021年4月29日 一般店頭発売

価格は税込み7700円です。

f:id:hiroban-ch:20210509225338j:plain

f:id:hiroban-ch:20210510005142j:plain

私は真骨彫ブラックの予約解禁日に

予約争奪戦に参加するもことごとく

全ての店舗で予約失敗してしまい、

発売日当日に店舗に並ぶ覚悟だったんですが

運良くタイムリーな情報に助けられ

ジョーシンのネットショップで

予約する事が出来まして、

発売日翌日の4月30日に送られてきました。

f:id:hiroban-ch:20210509225828j:plain

ただ私、真骨彫ブラックの情報が解禁されて

ネットニュースで真骨彫ブラックの写真を

初めて見た時、

「まさかこの写真は真骨彫では無いよな、過去の旧アーツの写真だろう」

と思った程、「似ていない、出来が悪い」

と感じたんですよね。

とにかく第一印象は悪かったです。

f:id:hiroban-ch:20210509232115j:plain

最初に見たネットニュースに載っていた

写真が↑の写真で

TAMASHII NATIONSの公式ブログ内の

写真だったんですが

この写真が私としては印象が悪かった。

しかし、すぐさま他の写真も見てみると

上の写真程の悪い印象は無くなりました。

f:id:hiroban-ch:20210509232456j:plain

f:id:hiroban-ch:20210512231443j:plain

そして届いた真骨彫は素晴らしい出来の

仮面ライダーブラックが

入っていて正直感動レベルでした。

ここ最近の仮面ライダーフィギュアーツは

真骨彫では無い最新のセイバーも

レビュー致しましたが、もはや真骨彫との

境界線があいまいになりつつあると

感じる程、無印アーツの完成度が

あがってきていましたがここにきてまた

真骨彫と無印アーツとの埋まらない差が

出来上がった感じがします。

f:id:hiroban-ch:20210509233245j:plain

真骨彫ブラックで感じる凄い点は各箇所の

素材感の追求です。

マスクと肩アーマーは硬質な

艶有りブラックで、ボディ部分は硬質ながら

シボ加工を施したマットブラック。

その他部分も実際のアップ用スーツの

素材感を可能な限り再現。

f:id:hiroban-ch:20210509234046j:plain

特に腰股間部分はこれまでのアーツでは

見た事の無い技術で押さえると凹む位の

軟質パーツで素材感と可動の両立を

実現していてそこから足に繋がる関節部分も

ブラック独特の内部筋肉の表現が

しっかりと入っています。

f:id:hiroban-ch:20210509234437j:plain

さらに凄いのが肩関節で、繋がっている

関節パーツは筋肉組織のラバーパーツで

しつかりと覆われていて、

全く見えないようになっています。

こんな処理をしたフィギュアーツを

見た事がありませんが、但し

ラバーパーツを付けた事による弊害も有って

f:id:hiroban-ch:20210509234932j:plain

↑のポーズをとらせると右手をもう少し上に

上げたかったんですが90度より少し下

位しか上がりきりませんでした。

ラバーパーツが邪魔をして多少可動範囲に

制限がかかっています。

f:id:hiroban-ch:20210509235159j:plain

あとは単純な心配としてゴムパーツは

劣化が進むのが早い点ですね。

手入れしないで放っておくと

どんどん割れてきます。

手入れと言っても車のラバーパーツや

内装パーツに塗るアーマオールのような

コーディング剤とかしか

思い浮かびませんが塗っておいた方が

いいのかどうかも判りませんので、

とにかくゴムの劣化は心配です。

f:id:hiroban-ch:20210509235741j:plain

スタイル的には若干肉付きが足りない気が

しないでもないですが問題無しです。

凄くカッコ良い若き日の

岡元次郎スタイルになっています。

EDの次郎歩きもバッチリ再現出来ます。

f:id:hiroban-ch:20210510000317j:plain

f:id:hiroban-ch:20210510000346j:plain

本当は魂ステージは無しで再現

させたかったんですが次郎歩きを最大限に

再現させるには魂ステージで

支えないと表現しきれませんでした。

如何でしょうか次郎歩きは。

岡元次郎氏いわく、EDの歩きは戦い終わった

後の疲れや哀愁のイメージで歩いたそうで

体の軸をぶらさず自然体で歩くように

イメージしたそうです。

f:id:hiroban-ch:20210510001222j:plain

さてご覧頂いてきた今回のレビューも

ようやく終わりが見えて参りました。

最後にオマケ画像が有るので

ご覧頂こうと思います。

f:id:hiroban-ch:20210510001632j:plain

1987年放送当時に発売された

バトルホッパーのプラモデルで当時17歳の

私が組んだ当時のプラモデルです。

30年以上前の作品で塗装も

荒れてしまっていますが

何とか現存していたのでお見せ致します。

f:id:hiroban-ch:20210510001955j:plain

f:id:hiroban-ch:20210510002049j:plain

コレ、ブラックは手作り品です、

頭でっかいんですけど。

付属していたブラックはと言いますと

f:id:hiroban-ch:20210510002235j:plain

こんな奴が付属していたんですが、

全く気に入らなかったので作り直しました。

実は私の実家、私が21歳の時に火事に

遭いまして過去の相当数の物が焼失や

水つきで失いました。

(3回目のカミングアウトです。)

ですが一部過去の作品は当時、

近所の模型店等に出張していた為に

被害を免れておりまして

このバトルホッパーも被害を免れた1つです。

f:id:hiroban-ch:20210510002742j:plain

f:id:hiroban-ch:20210510002807j:plain

あとバトルホッパー自体はアンテナを

作り直したりブレーキホースを追加したり等

一部改造はしておりますがとにかく

30数年経過している物なので

塗装はかなり荒れています。

f:id:hiroban-ch:20210510003128j:plain

さてそんな訳でいよいよ真骨彫ブラックの

レビューもようやく終わりです。

過去のレビューでも滅茶苦茶長い記事を

書いた物も有りますが現在書いている

実感としてはブラックが

一番長い記事になった予感がしています。

f:id:hiroban-ch:20210510005024j:plain

f:id:hiroban-ch:20210510003537j:plain

長ければ良いと言う訳では無いのは

判っていますが作品への思いが強すぎて、

ついつい長くなってしまいました。

真骨彫製法の仮面ライダーBLACKは

一般店頭発売品です。

今後、店頭でGET出来るチャンスも

出てくると思うので

気に入ったらGETしてみてください!!!

f:id:hiroban-ch:20210510004039j:plain

最後に実は次の5月18日はお蔭様で

ヒロバンチャンネルが2周年を迎えるん

ですが全く用意が出来ておりません。

この真骨彫ブラックを18日に持ってきて

記念更新にするべきだったと本心で

後悔しております。

ですので18日に記念更新をしなければ、

この真骨頂ブラックのレビューを

記念レビューと思っておいてください。

それ位今回のレビューには力を入れました。

よろしくお願い致します。

それではまた!!!