ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

S.H.Figuarts べジータ レビュー

f:id:hiroban-ch:20191221210329j:plain

「どうしたカカロット

そんな程度じゃないだろう!!!」

「ナッパの奴を倒した時は、

こんな程度じゃ無かった筈だ!!!」

f:id:hiroban-ch:20191222002145j:plain

今回ご紹介するのはS.H.フィギュアーツ

ドラゴンボールZ」より べジータです。

発売は2017年7月21日で

価格は税込み5720円です。

一般販売アイテムなので運が良ければ

店頭でGET出来ます。

f:id:hiroban-ch:20191221204524j:plain

f:id:hiroban-ch:20191221204815j:plain

先日の平日更新でもDBアドバージの

べジータを紹介したので2回連続での

べジータ紹介ですが

狙った訳では無く、たまたまなんですが

今回のフィギュアーツのべジータ

一番初期に登場したべジータとなります。

f:id:hiroban-ch:20191221215548j:plain

f:id:hiroban-ch:20191221215625j:plain

ドラゴンボールZ編から登場した

べジータですがその後のドラゴンボール

凄く影響をもたらす悟空と双璧をなす

存在となっていくべジータ

最初に登場した頃のべジータは極悪非道で

その後のドラゴンボールに こうも

関わってくる存在になっていくとは

思っていなかったです。

f:id:hiroban-ch:20191221220227j:plain

f:id:hiroban-ch:20191221220316j:plain

 しかし、ラディッツ、ナッパ、べジータ

3人のサイヤ人が登場して以降の

ドラゴンボールは間違いなくそれ以前より

面白くなって行きましたし、

スケール感が跳ね上がって行きました。

f:id:hiroban-ch:20191221220641j:plain

f:id:hiroban-ch:20191221220736j:plain

個人的には3人のサイヤ人との対決の頃が

ドラゴンボールの話の中で一番

ワクワクしながら観ていたと思います。

特に悟空が界王様に修行を付けてもらい、

地球に生還してナッパとフリーザとの

対決の辺りは本当に好きですね。

f:id:hiroban-ch:20191221222708j:plain

f:id:hiroban-ch:20191221222756j:plain

しかしラディッツが登場した回の

サブタイトルには

突っ込みを入れたくなります。

「史上最高の戦士は悟空の兄だった!」

・・・おいおい、ラディッツなんて

戦闘力1500程度の

最弱クラスのサイヤ人やないか!

f:id:hiroban-ch:20191221221311j:plain

f:id:hiroban-ch:20191221221359j:plain

確かにラディッツと戦った頃の悟空と

ピッコロの戦闘力はその半分以下

だった訳だがあまりにも突っ込みたくなる

サブタイトルでした。

放送当時も友人と、このサブタイトルには

突っ込み入れてましたね。

f:id:hiroban-ch:20191221222103j:plain

f:id:hiroban-ch:20191221222133j:plain

そして今回の主役べジータですが、

べジータと言えば

声を担当された堀川亮さん。

堀川さんは1984年に

夢戦士ウイングマン」の広野健太役で

声優デビューされましたよね。

f:id:hiroban-ch:20191221225932j:plain

f:id:hiroban-ch:20191221230131j:plain

ウイングマンは当時中二だった私の

大好きな漫画で毎週欠かさずジャンプを

読んでいましたよ。

元々ヒーロー好きな私にとっては

当時中二と言う多感な年齢と相まって

ヒーロー恋愛物と言う設定に

ハマらない筈がありませんでした。

f:id:hiroban-ch:20191221230015j:plain

f:id:hiroban-ch:20191221230940j:plain

そのウイングマンがアニメになるとの事で

当時歓喜したのを覚えていますが

堀川さんが主人公 広野健太役を

演じられたので私にとって

堀川さんには凄く思い入れがあります。

f:id:hiroban-ch:20191221231929j:plain

f:id:hiroban-ch:20191221232024j:plain

その後、堀川さんは

聖闘士星矢」のアンドロメダ瞬が

大当たりして一躍人気声優になられました。

個人的に好きだったのは

機動戦士ガンダム0083」の

コウ・ウラキです。

f:id:hiroban-ch:20191221232542j:plain

f:id:hiroban-ch:20191221232615j:plain

0083が大変好きな作品だったので

またまた堀川さんに対する思い入れが

強くなりました。

そんな堀川さんもウィキを見ると

もう還暦ですか・・・

私ももう五十路ですから当然か・・・

f:id:hiroban-ch:20191221233616j:plain

f:id:hiroban-ch:20191221233652j:plain

あ~、歳はとりたく無いものです・・・・。

気を取り直して

アーツのレビューといきましょうか~。

ドラゴンボールアーツも色々と

発売されていますが今回紹介している

べジータはかなり出来が良いと思います。

f:id:hiroban-ch:20191222105102j:plain

f:id:hiroban-ch:20191221234832j:plain

まず顔がかなり似ていると思います。

そして顔面の表情パーツが4パターンも

付属しているので色々なポーズを

とらせやすいですね。

髪の毛の処理もボリュームが有り

立体的で良く出来ています。

f:id:hiroban-ch:20191221235353j:plain

f:id:hiroban-ch:20191221235444j:plain

スタイルは顔が大きく手足が短めの

べジータの特徴を良く捉えているし

可動も概ね良好です。

サイヤ人の戦闘服を付けている関係上、

もう少し曲がってくれたらと思う点も

有るにはありますがデザイン上

仕方が無い点です。

f:id:hiroban-ch:20191222000011j:plain

f:id:hiroban-ch:20191222000046j:plain

今回アーツ版のべジータ

撮影するに当たり、どうしても

やりたかったのが悟空との対決シーンです。

個人的に全ドラゴンボール

対決エピソードでも特に好きな

悟空とべジータの初対決シーン。

既に悟空のレビューも過去に

終わっているので

悟空も堂々と使用できますし。

f:id:hiroban-ch:20191222000319j:plain

f:id:hiroban-ch:20191222000401j:plain

録画ブルーレイを見ながら

とらせたポーズも有り、

勝手に考えてとらせたバトルシーンも有り、

今回は単体ポーズの写真は少なめにして、

対決シーンをふんだんに盛り込みました。

f:id:hiroban-ch:20191222000938j:plain

f:id:hiroban-ch:20191222001031j:plain

バトルシーンのポーズをとらせてると

やはりべジータの可動範囲がもう少し

広かったらと思う所が結構ありました。

ま~しかし先程も言った通り、

デザイン上仕方が無いですね。

f:id:hiroban-ch:20191222001629j:plain

どちらにしても今回は

楽しい撮影が出来ました。

本当は悟空アーツで

界王拳バージョンと言うのが有るんですが、

それを持っていれば

使ってみたかったんですが

私、持っていませんので諦めました。

流通量も極めて少なく高値安定で

2万超えだったりするので

とても手が出ません(笑)

f:id:hiroban-ch:20191222003244j:plain

f:id:hiroban-ch:20191222003310j:plain

そんな訳で今回はS.H.フィギュアーツ

べジータをご紹介致しました。

今回のべジータは1年前に

東京出張に行った際に秋葉のビックカメラ

DBアーツが沢山売っていたので

大量買いしたんですが、DBアーツは

ライダーアーツに比べて

店頭で見かける機会が多い印象があるので

皆さんも良かったら好きなキャラを

購入してみては如何でしょうか?

f:id:hiroban-ch:20191222003933j:plain

f:id:hiroban-ch:20191222004004j:plain

さて次回は何をレビューしましょうか。

今年も残りわずか、年末年始の当ブログを

どう盛り上げるか、

色々と考えてはいるんですが

まだ何も思い浮かびません(笑)

ま~あまり期待せずにご期待ください。

それでは!!!

 

www.hiroban-ch.com