ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

Figure-rise Standard 仮面ライダーエグゼイド アクションゲーマー レベル2 レビュー

f:id:hiroban-ch:20191222171325j:plain

今回ご紹介するフィギュアーツは・・・と

いつもは始めるんですが、

今回はフィギュアーツではございません。

Figure-rise Standard

(フィギュアライズスタンダード)と言う

早い話がプラモデルです。

f:id:hiroban-ch:20190720205320j:plain

バンダイのフィギュアプラモのブランドで

現在は平成仮面ライダードラゴンボール

ウルトラマン、ナルト辺りがラインナップ

されていますね。

現在発売されている

平成仮面ライダーとしては

ジオウ、ゲイツ、ビルド、エグゼイド、

カブト、555が

2019年7月現在では発売されています。

8月にはWの色違い3フォームが

発売されます。

f:id:hiroban-ch:20190720205407j:plain

そして今回はFigure-rise Standardの中から

エグゼイドを購入して組み立ててみたので、

レビューしてみたいと思います。

なぜ今回エグゼイドをFigure-rise Standard

の1回目に選んだかと言いますと、

過去に私がレビューしたアーツ版

エグゼイドで触れておりますが、

アーツ版エグゼイドは顔がイマイチで

劇中の顔にあまり似ていないのです。

f:id:hiroban-ch:20190720205500j:plain

具体的には輪郭と眼が似ていません。

劇中のスーツに比べて、

アーツ版の輪郭は細めで、

その影響で顔を正面から見た時に眼が

横に流れ過ぎていると言うか、

眼力が足りません。

あと黄色眼の主張が足りない為に

白眼だけが目立ってしまっています。

f:id:hiroban-ch:20190720205540j:plain

アーツ版レビューでも言っていますが

もうすぐ発売されるプラモ版が

凄く出来が良さそうで顔が劇中に似ている

と言う事で、コレは実際に購入して

レビューしなければいけないと思い、

6月に発売になったエグゼイドを

今回Figure-rise Standardの1回目の

レビューに選んだ次第です。

f:id:hiroban-ch:20190720205627j:plain

そして今回掲載する写真は

アーツ版エグゼイドのレビューで

使った写真を参考にアングル、ポーズを

同じようにして撮影しました。

掲載する写真の順番も合わせているので、

アーツ版とプラモ版を見比べて

見て頂いても、面白いと思います。

f:id:hiroban-ch:20190720205707j:plain

組み上げた感想から先に申し上げますと、

写真をご覧になられている方の

ほとんどの方が感じられると思うのですが、

非常に出来が良くて、

ハッキリ言ってアーツ版より

劇中スーツに似ています。

特にやっぱり顔の再現性がアーツ版よりも

かなり高いですね。

f:id:hiroban-ch:20190720205802j:plain

これぞエグゼイドの顔だ!て感じです。

アーツ版に比べて適度に顔が丸く、

劇中と同様の眼力があります。

黄色眼もしっかり主張しています。

f:id:hiroban-ch:20190720205907j:plain

チョット話を最初に戻しますが、

私はプラモを作るのが、軽く10年以上ぶりで

過去に完成させた最後のプラモと言うと

2007年頃に完成させたレイズナーでしたね。

私が小学校5年の頃、第一次ガンプラブーム

が起こり、私もガンプラにどハマリして、

それ以降、サンライズアニメの

リアルロボットプラモを数多く作りました。

ホビージャパンを熟読し、改造に凝り、

エアブラシ塗装でMAX塗りなんてのも

やりましたね〜。

f:id:hiroban-ch:20190720210025j:plain

しかし、ここ20年程は本当にプラモを

作らなくなってしまいました。

そんな私のプラモ歴史の中で

今回購入したエグゼイドです。

プラモ工具は残っていますが、

塗装工具はエアブラシは故障して

処分してしまいましたし、

当然塗料なんて残っていません。

f:id:hiroban-ch:20190720210100j:plain

一から買い直してエグゼイドを全塗装する

気力も情熱も有りませんので、

今回のエグゼイドは全くの無塗装です。

しかし、私がズボラになった分、

バンダイさんが進化してくれていました(笑)

f:id:hiroban-ch:20190720210133j:plain

イロプラで多色成型にする事と

精密なシールによって

とても無塗装で仕上げたとは思えない

仕上がりになりました。

胴体から太ももにかけての黒いラインも

全てシールです。

それが精密に出来ているので

パーツに掘り込まれたラインに

見事にピッタリと貼り付けられます。

この狂いの無い精密な シールは

貼っていてちょっと感動モノです。

f:id:hiroban-ch:20190720210833j:plain

全く接着剤の使わない

スナップフィットキットと言うのは

もはやバンダイプラモでは

当然となりましたが、

パーツとランナーの切り離す部分が

極力目立たずに済むようにカットラインが

非常に小さいのにも

作っていて関心させられましたね。

f:id:hiroban-ch:20190720211229j:plain

切り取り跡が大きいとヤスリがけする手間が

多くなって組立ての時間がどんどん

増えますから筋金入りのモデラーなら

ヤスリがけする手間も

至福の時間かもしれませんが、

大多数のにわかモデラー達は

ヤスリがけなんて

出来るだけしたくありませんからね。

f:id:hiroban-ch:20190720211659j:plain

そんな訳で今回のエグゼイドのプラモですが

非常に組み立てやすかったんですが、

大量のシール貼りに結構時間を

費やす事になってしまい、

組立ての時間としては約3時間でしたね。

しかし組み立てている間の3時間は

久しぶりのプラモ製作と言う事も

有ったかも知れませんが

とっても楽しい3時間でございました。

f:id:hiroban-ch:20190720212028j:plain

さてここまでのレビューは

如何だったでしょうか?

ここまで掲載させて頂いた写真は

アーツ版エグゼイドのレビューで

載せた写真をプラモ版でアングルとポーズも

合わせた物を掲載しましたので、

比べてご覧頂くと面白いと思います。

さてここから先の数枚はオリジナルです。

アーツ版とプラモ版を

ガチで横に並べての比較です。

f:id:hiroban-ch:20190720213345j:plain

如何でしょうか(笑)

左がフィギュアーツ版で

右がFigure-rise Standard版(プラモ版)です。

数センチプラモ版の方が大きいですが、

ほぼ同サイズと言えると思いますが、

ハッキリ言って、

プラモ版の方がカッコ良いし、

劇中スーツにも似てると思いませんか?

f:id:hiroban-ch:20190720213603j:plain

横に並べて比較するまでそこまでアーツ版も

悪いとは思いませんでしたが、

こうしてプラモ版と比較すると、

アーツ版の顔ってやっぱり

結構酷いですよね。

f:id:hiroban-ch:20190720214253j:plain

さて、ラストスパートは

プラモ版オリジナルポーズを

数点とらせて終わりにしましょう。

比較してみるとアーツ版の残念ポイントは

顔に集中しておりました。

顔、特にゴーグル幅が狭い為に

中に納まっている眼も収まりが悪いのと

黄色眼が完全に死んでしまっている点。

問題点としては主にこの2点ですね。

f:id:hiroban-ch:20190720214706j:plain

その2点さえ無ければ総合的にはやっぱり

アーツの圧勝なんですけどね。

可動に関してはアーツの方が関節が多く、

例えばつま先はアーツ版は可動するが

プラモ版は可動しません。

f:id:hiroban-ch:20190720215027j:plain

重さ的にもアーツ版は中身が

詰まっているような

適度なズッシリ感があるのですが、

プラモ版は非常に軽くスカスカな印象です。

その辺はプラモですから仕方が無い点

なんですが。

f:id:hiroban-ch:20190720215254j:plain

そしてアーツ版は全塗装仕上げです。

塗りもま~丁寧ですし細かい塗り分けも

されています。

プラモ版は塗装派と素組み派とで

評価が分かれますが

素組み派としてはあと一息、

細かいパーツ分割での

色分けをして頂きたかった所ですかね。

f:id:hiroban-ch:20190720220157j:plain

例えばベルトのゲーマドライバーを

アーツ版と比較すると

ちょっと色分けが物足りない。

手の握りの緑色の部分もプラモ版は

色分けがされていません。

そう言う所が素組み派としての不満点

ですが、正直言いまして贅沢過ぎますね。

今回のFigure-rise Standard版のエグゼイドは

全国のプラモ販売店で2500円程度で

買えてしまいますので

超お買い得なキットだと思います。

上の写真のようなクリア台座も

付属しています。

f:id:hiroban-ch:20190720220852j:plain

さて今回はFigure-rise Standard版の

エグゼイドをレビューしてきましたが

如何だったでしょうか?

今回のエグゼイドは超おススメなんですが、

何故か他の平成ライダー

Figure-rise Standardは写真で見る限り、

ちょっと微妙な出来の物が多いです。

むしろ今回のエグゼイドだけ突然変異で

出来が突出して良いように思います。

このレビューをご覧になって頂いた皆様も

今回のエグゼイド、もし良かったら

ご購入してみられては如何でしょうか?

無塗装で3時間お手軽キットです。

私も違うライダーのFigure-rise Standardを

機会があればまた購入してみようと思います。

それでは!!!

 

www.hiroban-ch.com