ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

Figure-rise Standard 仮面ライダーW サイクロンジョーカー レビュー

f:id:hiroban-ch:20191231212334j:plain

今回ご紹介するのは

フィギュアライズスタンダード

仮面ライダーW サイクロンジョーカーです。

いわゆるプラモ版Wの

サイクロンジョーカーです。

f:id:hiroban-ch:20190922230624j:plain

発売は2019年8月24日ですので

まだ発売されて1ヶ月の新しいアイテムです。

同時にルナトリガーとヒートメタルも

一緒に発売されました。

f:id:hiroban-ch:20190922230836j:plain

フィギュアライズスタンダード

(以下プラモ版)は

以前エグゼイドをご紹介してから今回が

第2弾と言う事になります。

前回のエグゼイドのレビューと同様に

今回のWも真骨彫版Wのレビュー写真と同じ

構図とポーズで進めていきたいと思います。

但し今回2枚程、撮影し忘れた

ポーズの写真がありましたので、

その点はお許しくださいませ。

f:id:hiroban-ch:20190922231329j:plain

さて今回、何故プラモ版Wを

選んだかと申しますと

前回のエグゼイドのプラモが個人的に

お気に入りでアーツ版をも凌ぐ部分が

多々有った事から

エグゼイドの後に発売された今回のWも

非常に興味が有ったのです。

f:id:hiroban-ch:20190922231706j:plain

但し今回の比較相手と言うのが

真骨彫版Wとなりますので敵は非常に強敵、

レビューする前から勝負にならない事は

ほぼ判っておりました。

f:id:hiroban-ch:20190922231922j:plain

ですので今回の比較は

「真骨彫Wの撮影したポーズに

どこまでプラモ版が再現出来るか。」

と言う点でポーズをとらせて

写真を撮ってみました。

f:id:hiroban-ch:20190922232444j:plain

まずは単体のプラモ版を見て行きましょう。

エグゼイドの後に発売されたにも関わらず、

今回のプラモ版Wは「う~ん」と

思うポイントがチラホラありました。

f:id:hiroban-ch:20190922232848j:plain

まずは無塗装での完成状態に関してです。

前回のエグゼイドは全く塗装せずに

付属のシールを貼り付けただけの物を

レビューしましたが、今回のWは

シールを貼り付けただけの

無塗装状態ではかなり物足りない

完成品になってしまいます。

f:id:hiroban-ch:20190922233247j:plain

実は今回レビューしてるプラモ版は

細かい部分を所々部分塗装しています。

真骨彫版Wの再現写真をお見せしている

最中ですが、飛び入りでプラモ版の

無塗装状態と部分塗装した状態を

スマホ撮影して比較してますので

ご覧ください。

f:id:hiroban-ch:20190922233705j:plain

お判りになられます?、塗装した箇所が。

組み立てる前は塗装する気など全く無く

組み立て始めたのですが、途中でこれは

付属のシールを貼っただけでは劇中の

Wの再現は不可能だと悟りました。

f:id:hiroban-ch:20190922234115j:plain

悟った決定打となったのが

Wドライバーです。

写真を見て頂いても判ると思いますが、

立体的に凸凹してる複雑な造型の

Wドライバーの上からシールを貼り付けて

色分けを再現するように

指示があるのですが、

シールを貼り付けて

綺麗に仕上がる筈がありません。 

f:id:hiroban-ch:20190922234834j:plain

 ですのでWドライバーは赤い部分も含めて

全て塗装しました。

それからサイクロンとジョーカーを

分けている中心のグレーラインは

墨入れを実施し、手足、肩、胸の黒いライン

を塗装しています。

黒いラインはシールが一切

付属していないので、塗装しなければ

劇中のようなWにはならないです。

f:id:hiroban-ch:20190922235442j:plain

多色成型の技術が進んでいる

バンダイさんのプラモデルですから

もう少し何とかならなかったのかと

感じましたね。

そして次の問題点が上の写真でも

短くなびいているマフラーです。

f:id:hiroban-ch:20190922235747j:plain

ちょっとこのマフラー、あまりにも短いし、

あまりにも造型が単調すぎないですか?

後ほど真骨彫とも比較しますが、

このマフラーがあまりにもチャチで

オモチャみたいで

有り得ない程、お粗末な出来です。

f:id:hiroban-ch:20190923000113j:plain

長さも全然短いのでカッコ良く

Wを立たせてみても

マフラーが足を引っ張り、

あまりカッコ良く見えません。

OPで風都の町並みをバックに背後から映る

Wの背中を長いマフラーがなびく

あのシーンが真骨彫版なら

見事に再現出来るのに、このプラモ版は

カッコ悪いマフラーのせいで

再現するのは絶対に無理です。 

f:id:hiroban-ch:20190923000706j:plain

 このマフラーのお粗末な造型は

プラモ版Wの評価を著しく下げていると

思います。

そして個人的に感じるイマイチな点の

最後は股関節の造型です。

f:id:hiroban-ch:20200103010850j:plain

これまでの写真をご覧頂いて

感じて頂ける点だと思いますが、

足の付け根とパンツ部分のパーツの

見た目の繋がりが非常に悪いと思います。

f:id:hiroban-ch:20190923001219j:plain

エグゼイドもこんなに繋がりが

悪かったかな~と

エグゼイドを改めて見ましたが、

エグゼイド以上に

このWは繋がりが悪いですね。

どうしちゃったんでしょうか・・・

今回のプラモ版W。

f:id:hiroban-ch:20190923001622j:plain

 と、ここまで真骨彫Wのレビュー写真を

再現させて頂きました。

次の写真からは真骨彫版との比較を数点

お見せ致しましょう。

f:id:hiroban-ch:20190923001922j:plain

如何でしょうか、真骨彫との比較は。

横に並べると意外と

スケール感が違いますね。

真骨彫版のイマイチポイントは

やっぱりサイクロン側の色ですね。

色に関してはプラモ版の方が

再現度が高いです。

但しプラモ版は塗装では無く成型色ですが。

f:id:hiroban-ch:20190923002708j:plain

真っ先に違いを感じるのが

マフラーの造型の違いだと思います。

それと真骨彫版のシルエットが実に美しく

可動フィギュアとは思えない綺麗に流れる

シルエットなのに対して、プラモ版の

シルエットはぎこちなく

悪く言えばロボット的です。

f:id:hiroban-ch:20190923003026j:plain

そして股関節の繋がりが美しい

真骨彫版と比べてプラモ版は繋がりが悪く

やっぱりロボット的です。

今回は相手が悪かったとは言え、

エグゼイドより改悪してるんじゃないか!?

と思える点もチラホラ有りもうちょっと

頑張って欲しかった出来でしたね。

さて残りはプラモ版のオリジナル写真を

何点かご覧頂き、お別れと致しましょう。

f:id:hiroban-ch:20190923003459j:plain

アーツ版ハードボイルダーに

またがらせてみました。

やはりプラモ版は少し大きいので

スケール感が若干違いますね。

サイクロンの色も合っていないので

ちょっとコレはイマイチでしたね。

f:id:hiroban-ch:20190923003804j:plain

可動に関しては真骨彫版よりも

関節が省略されている箇所もあるので

真骨彫ほどの可動は出来ませんが

そこそこ動きます。

f:id:hiroban-ch:20190923004211j:plain

ここまで真骨彫版との比較で完敗状態の

プラモ版でありますが、ここでプラモ版に

華を持たせてあげましょう!

絶対に真骨彫版ではマネの出来ない芸当が

プラモ版では出来ます。

それではご覧くださいませ!!!

「マキシマムドライブ」

とりゃ~!!!!!

f:id:hiroban-ch:20190923004552j:plain

どうですか~!

プラモ版Wは劇中同様にサイクロンと

ジョーカーを分割出来て、

ジョーカーエクストリームの再現が出来ます。

これはどうひっくり返っても真骨彫版には

真似の出来ない芸当です。

f:id:hiroban-ch:20190923005658j:plain

さらにプラモ版Wは同時発売の

ルナトリガーとヒートメタルを

組み替えが出来、例えばヒートジョーカーや

サイクロントリガーなんて事も

出来てしまいます。

この組み換え遊びは

プラモ版ならではのギミックです。

f:id:hiroban-ch:20190923010445j:plain
と言う事でお届けして参りました

フィギュアライズスタンダード版の

仮面ライダーW サイクロンジョーカーの

レビューでしたが如何でしたでしょうか?

色々と問題点はありましたが、これが

2500円程で買えてしまうのですから

十分納得出来る出来栄えじゃないかな~と

思います。

f:id:hiroban-ch:20190923010005j:plain

但しレビューに使用しました写真のWの

ように仕上げるには最低限の部分塗装が

必要になります。

それほど難易度の高い塗装では無いので

作ってみたい方はチャレンジされてみては

如何でしょうか。

f:id:hiroban-ch:20190923010746j:plain

さて次回は何をレビューしましょうかね。

まだ本当に決まっていませんが、やはり

新製品のアレかアレを

レビューしたいですね。

本当は先週に届く筈だったアレとアレですが

実はまだ届いておりません・・・(泣)

私の個人的なミスなんですけどね。

届いたらなるべく

早くレビューしたいと思います。

それでは!!!

 

www.hiroban-ch.com