ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

S.H.Figuarts 真骨彫製法 仮面ライダーW サイクロン/ジョーカー レビュー

f:id:hiroban-ch:20191231212547j:plain

本日ご紹介するライダーアーツは

真骨彫製法 仮面ライダーW

サイクロン/ジョーカーです。

発売は2016年10月22日です。

f:id:hiroban-ch:20190601204507j:plain

真骨彫版の話の前にまた雑談を

色々としていこうと思います。

本編の仮面ライダーW

平成仮面ライダーシリーズの第11弾として

始まった仮面ライダーで、2009年9月から

放送がスタートしました。

前作ディケイドで過去ライダー総登場として

お祭り的な事をした為、

Wでは一旦仕切り直しされた為、

クウガからディケイドを平成一期、

Wからジオウまでを平成二期、

と呼ばれています。

f:id:hiroban-ch:20190601205138j:plain

平成二期の最初と言う事で仕切り直された

一番のポイントはWのデザインだと

思います。

一期ではクウガ、アギトまでは

仮面ライダーだと素直に連想出来る

デザインでしたが、龍騎から途端に

ぶっ飛び出したデザインはどんどん

歯止めが利かなくなり

ライダーデザインとしての

アイデンティティの欠片も無い

響鬼のような物まで出てきてしまいました。

f:id:hiroban-ch:20190601205910j:plain

第二期スタートとしてデザインを一度

リセットして仮面ライダーらしい

デザインとして作られたWのデザインは、

素直に仮面ライダーだと認識出来る上に

新しさも当然感じられる優れたデザインだと思います。

f:id:hiroban-ch:20190601211014j:plain

昭和ライダーからのライダーデザインとして

踏襲している部分としては

●赤く丸い複眼。

●顔に2本の触覚を連想するWマーク。

●マフラーが有る。

●胸部から腹にかけて初代1号2号を

連想するデザイン。

f:id:hiroban-ch:20190601211605j:plain

私は昭和ライダーもひっくるめて、

このWのサイクロンジョーカーのデザインが

個人的には一番好きです。

左右非対称カラーと言うのも新鮮であり、

どこか懐かしく、二人が変身して

一人のライダーになると言う点も

新しい発想と言うよりも何処か懐かしい。

f:id:hiroban-ch:20190601212253j:plain

昭和の特撮を知る人はバロム1を

思い浮かべる人が

多いのではないでしょうか?

他にはウルトラマンA

アイゼンボーグ・・・古!!!

f:id:hiroban-ch:20190601212534j:plain

ストーリー的には1エピソード2話完結の

探偵推理物で翔太郎とフィリップが

変身してましたね。

翔太郎を演じられた桐山漣さんが

俳優としてブレイクされると思っていたら、

フィリップを演じられた菅田将暉さんが

大ブレイクされたのは予想外でした。

f:id:hiroban-ch:20190601213438j:plain

キャスティングの話で言うと、当時AKB48

板野友美さんと河西智美さんも

レギュラー出演されていて

ビックリでしたね。

2009年当時はまだAKBは大ブレイク前

だったんですかね?

f:id:hiroban-ch:20190601213916j:plain

劇場版では仮面ライダースカル役に

吉川晃司さん、

仮面ライダーエターナルには

SOPHIA松岡充さんが

出演されて話題になりました。

昭和の特撮番組を知る世代からしたら、

とても考えられない

豪華なキャスティングです。

f:id:hiroban-ch:20190601214456j:plain

そんな訳でライダーデザインとしては

一番好きで作品的にも好きな

仮面ライダーWの軽い雑談を

させて頂きましたが、

そろそろ真骨彫版Wのお話を

していきたいと思います。

f:id:hiroban-ch:20190601214714j:plain

最初に言っておきますが、

写真のWにはガイアメモリを

装着していません。

米粒ほどの小ささですので

失くすのが嫌だったので

撮影の際はあえて抜いて撮影しましたので

ご了承ください。

f:id:hiroban-ch:20190601215120j:plain

この真骨彫版Wですが、ハッキリ言いまして

文句の付け所がございません。

プロポーション的にも実際の高岩Wの

スタイルを踏襲した物になっていますし、

スーツ造型もまさしくWそのものです。

f:id:hiroban-ch:20190601215845j:plain

ディテールの精密さも凄いの一言です。

可動フィギュアの見た目の弱点として

関節可動部分が目立ってしまう所が

ありますが、

このWはデザイン的な部分が有利に働いて、

可動部分もほとんど目立たない所も

凄い点です。

f:id:hiroban-ch:20190601220354j:plain

無理やり粗探し的に欠点を探すと、

サイクロン側のボディカラーが

実際のスーツと

少し色味が違う点位でしょうか。

f:id:hiroban-ch:20190601220753j:plain

思い浮かぶイマイチな点はその程度で、

文句の付けようが無い

最高のWだと思います。

f:id:hiroban-ch:20200103010740j:plain

マフラーもオープニングで

風都の夜景をバックに

長いマフラーをなびかせている、

あのシーンを再現出来るように、

通常とロングの二本のマフラーが

付属しています。

f:id:hiroban-ch:20190601221258j:plain

仮面ライダーWが好きな方、

真骨彫版が気になっておられた方、

購入をご検討されてもいいと思います。

とは言え、店頭での新品購入は

もはや不可能だとは思いますが。

f:id:hiroban-ch:20190601222109j:plain

真骨彫Wは現在、

このサイクロンジョーカーの他に

ルナトリガーとヒートメタルも

プレバン限定で発売済みで

私も購入済みですので、また追々

ご紹介したいと思います。

f:id:hiroban-ch:20190601222913j:plain

と言う訳で真骨彫版の仮面ライダーW

サイクロンジョーカーを

ご紹介してきましたが

如何だったでしょうか?

仮面ライダーWの関連アーツも

まだまだネタが沢山有りますので

ご期待頂けたらと思っております。

それではまた次回、

ご覧頂けたらめっちゃ嬉しいで~す。

それでは!!!