ヒロバン チャンネル

プレミアムバンダイのS.Hフィギュアーツ、ロボット魂等の商品レビューを致します。

S.H.Figuarts 真骨彫製法 仮面ライダー響鬼 レビュー

f:id:hiroban-ch:20200104013245j:plain

今回ご紹介するライダーアーツは

真骨彫製法 仮面ライダー響鬼です。

発売は2014年8月30日です。

真骨彫製法の第2弾として発売されました。

f:id:hiroban-ch:20190529203321j:plain

商品を紹介する前に、

仮面ライダー響鬼

と言う作品を少し語りたいと思います。

平成仮面ライダーシリーズとしては

第6弾となる作品で

恐らく平成仮面ライダー20作品の中で、

一番「仮面ライダー」から

懸け離れた作品だと思いますね。

f:id:hiroban-ch:20190529204053j:plain

企画段階でも前作ブレイドまでで

一旦仮面ライダーをやめようと言う案で

企画が進められた中で

スポンサーサイドからの

仮面ライダー」の名前を

残して欲しいとの強い要請で

名前だけ「仮面ライダー」を残した

経緯があるようで、なるほど名前以外は

完全に別物の特撮ヒーローです。

f:id:hiroban-ch:20190529204650j:plain

確か、仮面ライダー響鬼の新番組特報では

「完全新生!」と番宣していたと思います。

前作のブレイド、その前の555、

その前の龍騎仮面ライダー同士の争い、

戦いが描かれる作品が増え、

ドロドロとした作品が続いていたので、

完全に一旦断ち切りたかったんだろうと

言う制作側の思いが「完全新生!」と言う

言葉から感じ取れます。

f:id:hiroban-ch:20190529210819j:plain

そのキャッチコピーの通り、

それまでの平成ライダー作品とは

全てが違っておりました。

作品の中で流れる時間はゆっくりと進み、

主人公の響鬼はおっちょこちょいだが

心の広い穏やかで優しく頼れるお兄さん

(いや、おじさん?)

明日夢と言う少年と出会って

響鬼に影響を受けながら

少年の成長を描いていくと言う物語。

f:id:hiroban-ch:20190529211720j:plain

物語中に「仮面ライダー」と言う言葉は

1回も出てきませんし

「変身」と言う言葉も出てきません。

響鬼を始め、変身する者は「鬼」と呼ばれ、

鬼たちは「猛士」(たけし)と言う

民間団体に所属して

日本全国に「鬼」は存在し、

日本古来から存在する「魔化魍

と言う化け物と古くから戦い続けている

と言う設定で、映像でも設定にそった

リアルな描写が描かれるので

本当に「猛士」と言う団体が存在し、

本当に「鬼」が世の中に存在するような

錯覚を覚えてしまいます。

f:id:hiroban-ch:20190529212641j:plain

響鬼さんは第1話からとっくに

ベテランの鬼で仮面ライダー他、

ヒーロー作品にありがちな

何故変身出来るようになるのかを描く

第1話にありがちな

エピソードは描かれません。

もう全てが新鮮で妙にリアル、

鬼同士のコミュニケーションも

実に爽やかで前作ブレイドまでの混沌とした

ストーリー展開とは

大きく異なった作品でした。

f:id:hiroban-ch:20190529213525j:plain

私はこの「仮面ライダー響鬼」と言う作品が

大変好きで7回位は見ました。

(一番好きなのはクウガで軽く10回以上

見ていますが、その話はおいおい)

但し、30話以降のプロデューサー交代による

作風の大幅な変更は非常に残念で

後半の展開は嫌いです。

響鬼と言う作品は29話までだと

思っております、個人的に。

f:id:hiroban-ch:20190529214621j:plain

それでは真骨彫の響鬼のレビューを

したいと思います。

この商品を購入して箱を開けた瞬間に

思ったのが、

芸術作品のようだと思いました。

全長15センチ程の中にビックリする程

細かく正確なディテールや彫刻、

まさに本物を縮小したかのような

そっくりな響鬼さんが箱から出て来ました。

f:id:hiroban-ch:20190529215314j:plain

変身アイテムの音角、

武器である2本の棒烈火、

ディスクアニマル

全てが小さいながら超リアルで

「真骨彫」の

名に恥じない素晴らしい

出来だと思いました。

f:id:hiroban-ch:20190529215832j:plain

但し、欠点も書きたくなるのが私の

天邪鬼な性格でして

この超絶に凄い出来の響鬼でさえ、

欠点はしっかり有ります。

イマイチポイントは次の2点

●スタイルが、特に腰が細い。

●カラーリングが

マジョーラカラーでは無い。

f:id:hiroban-ch:20190529220218j:plain

響鬼スーツアクターを担当された

伊藤慎さん自身、大変スマートな方なので、

響鬼も非常にスマートな

印象があるのですが、それを差し引いても

真骨彫版はちょっと細いかな~と感じます。

f:id:hiroban-ch:20190529220535j:plain

カラーリングに関しては、実物の響鬼

マジョーラカラーと言って、

真珠のような輝きのする

パープルベースの色なんですが、

さすがにコストの関係でしょうか、

真骨彫版は普通の

メタリックパープルで塗られていました。

f:id:hiroban-ch:20190529221310j:plain

ま~でも普通のメタリックパープルでも

それほど気にはなりませんし

腰の細さも致命的な程の違和感は

感じない程度なので

私的には超満足な響鬼さんでした。

f:id:hiroban-ch:20190529221616j:plain

この真骨彫版の響鬼さんが発売されてから

長らく仲間の威吹鬼くん、轟鬼くんが

なかなか発売されなかったのが

去年8月に威吹鬼、今年1月に轟鬼

今月は斬鬼さんと次々と発売されて、

主要な鬼が一気に揃いました。

f:id:hiroban-ch:20190529222136j:plain

私も威吹鬼君と轟鬼君は購入して

響鬼さんと一緒に飾って眺めていますが、

やっぱり3人揃った鬼は最高ですね。

f:id:hiroban-ch:20190529222456j:plain

もちろん威吹鬼轟鬼も今後

紹介していこうと思っていますので

ご期待ください。

ただ、斬鬼さんはプレバンで

予約しなかったんですよね・・・

轟鬼とほとんど一緒なので

ケチってしまいました。

f:id:hiroban-ch:20190529222906j:plain

平成仮面ライダー20作品の中では

あまり人気の無い響鬼ですが、

まだご覧になってらっしゃらない方は

一度、見て頂きたいと思います。

目まぐるしく展開していく

ドロドロした人間ドラマが多い

平成仮面ライダーの中で、

ゆっくり時間が流れ、

人の温かみを感じる事の出来る貴重な

作品だと思います。

29話までは・・・

f:id:hiroban-ch:20190529223540j:plain

同じ理由でおススメしたいのが

仮面ライダークウガです。

クウガの話は真骨彫版を紹介する時に

じっくりと語りたいと思っておりますので

宜しければまたお付き合いください。

f:id:hiroban-ch:20190529223914j:plain

ご紹介してきました真骨彫の響鬼でしたが

いかがでしたでしょうか?

真骨彫の第1弾カブトがちょっと

微妙な出来だったのですが

この響鬼が出て、次のクウガ、Wと次々と

凄いのが発売されて

最近出たウィザード、キバ、次のオーズと

やっぱり真骨彫の出来は凄いですね。

それではまた次回ご覧頂けたら

めっちゃ嬉しいで~す。

それでは!!